5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

寒くても日が照ると元気になります

 今日は昨日に比べると気温も上がり、最高気温は8.1℃になりました。十分に寒い気温ですが、日が照ると暖かく感じられなくもありません。庭の木の下にはエサ台があるのですが、見通しが悪いので小鳥よりも大きめのヒヨドリやハト、ムクドリなどはまわりが見えない不安からなのかほとんどやってきません。もちろんカラスもきませんので、普段はスズメ、たまにシジュウカラやヤマガラがやってきます。寒くなってきてよそに餌がすくなくなってくるとお客さんが増える傾向にあります。

寒くても日が照ると元気になります_c0025115_22111990.jpg

 最初の頃はこちらの窓に人影が見えただけで一斉に逃げていたスズメたちですが、最近はあまり気にされなくなってきました。他に餌が少ないのでそんなことは気にしていられなくなってきたのかもしれません。

寒くても日が照ると元気になります_c0025115_22131997.jpg

 家にはいるべき植物はもうほとんどが入室済みなので、日の当たる窓辺はもう隙間がなくなってきています。

寒くても日が照ると元気になります_c0025115_22162270.jpg

 夏場は西日を嫌っていた植物ですが、冬になると西日に当たるのもうれしそうに見えます。


寒くても日が照ると元気になります_c0025115_22231789.jpg

 絵の美しさでは定評のあるオーデュボンの鳥類画が高解像度で自由に使えるようになったというのは朗報に違いありません。

 実際にはご自分でご覧になるのが一番ですが、こんな風にサムネールで並んでいるところをクリックするだけです。

寒くても日が照ると元気になります_c0025115_22243890.jpg

 最初のシチメンチョウをクリックしてみると全体像がこんな風に表示されます。

寒くても日が照ると元気になります_c0025115_22244985.jpg

 これを見るだけでもその細かさはわかると思うのですが、これがどんどん拡大できるところは感動モノです。

 足先を最大レベルで拡大したものがこちらです。

寒くても日が照ると元気になります_c0025115_22245419.jpg


 残念ながら日本のスズメはアメリカにはいないので、スズメの絵は見ることができませんがアメリカでも絶滅してしまったリョコウバトの生き生きとした生態画なども見ることができ、楽しめます。









by STOCHINAI | 2019-11-10 22:36 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai