5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ゆっくりと雪が減ります

 今日は対応が見えなかったので時間感覚がとりにくい一日となりました。朝なのか、午後なのか、午前中なのか、夕方なのか、ぼーっとしているとほんとうにわからなくなる一日でした。気温の変化もあまりなく、いちおう朝6時ころにはマイナス0.9℃の最低気温が記録されてはいるのですが、その前は日付が変わる頃からずっとぎりぎりプラスの気温でした。6時7時8時がかろうじてマイナスだったもののそのあとは現在に至るまでずっとプラスです。とはいっても太陽も出ないのでそんなに暖かくも感じられなく、「まあ北海道の春はこんなもんだよね」という一日でした。

 今朝も同じだったと思うのですが、午後2時ころのガレージと物置の屋根です。

ゆっくりと雪が減ります_c0025115_21452535.jpg

 左側にある小さな物置の屋根には結構厚く雪が積もっていますが、右側のガレージの屋根の雪はだんだんと減ってきている感じです。

 特に右側の日の当たる側はすっかり雪がとけてしまっています。

ゆっくりと雪が減ります_c0025115_21452732.jpg

 今までも何度か登場しているガレージの上に突き出たはしごの先もだんだんと見えてきました。

ゆっくりと雪が減ります_c0025115_21452906.jpg

 このくらいまでは何度かきているのですが、明日はまた雪が降ってこのくらいは埋まってしまいそうなことを天気予報で言っていました。この時期は雪がとけたとか降ったとか一喜一憂していても仕方のない頃なのです。

 というわけで、久しぶりに多肉の報告になります。

ゆっくりと雪が減ります_c0025115_21454084.jpg

 8枚の葉をちぎっておいたエケベリアですが、右上と左下の2枚は完全に枯れて縮んでしまいました。右下の2枚も透明になって多分ダメという感じですが、残りの4枚のうちの2枚位は生き延びそうな感じです。特に左の上から3枚めはたくさん根を出して、よく見るとごく小さな芽も出てきているようです。

ゆっくりと雪が減ります_c0025115_21454348.jpg

 うまく成長してくるとこんなふうに新しい植物体を再生してくれるはずです。

ゆっくりと雪が減ります_c0025115_21454975.jpg

 こちらはその隣で繁殖中のセダムです。

ゆっくりと雪が減ります_c0025115_21460483.jpg

 小さな一枚の葉も枯れてしまわなければ、新しい植物体としてよみがえるところを何度でも見ることができるのが生き物を育てる醍醐味の一つですね。

 そして、それを味わえるチャンスがぐぐっと高くなるのは春になるってことなのです。

 あとほんの少しで本当の春がやってきます。









by STOCHINAI | 2020-03-04 22:01 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai