5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

10℃でも肌寒く感じられる春

 昨日の15.9℃という最高気温が暖かすぎ、また今日は強い風が吹いていたせいもあるのでしょうが、10.1℃の最高気温が肌寒く感じられる一日となりました。暖かさにからだがなまるのはあっという間だということがヒシヒシと感じられました。

10℃でも肌寒く感じられる春_c0025115_21281400.jpg

 この風でまたスズメのエサ台が吹き飛ばされました。朝はちゃんと台の上にあって餌を追加したので、落ちたのは昼から午後早めの時間帯だと思われます。エサ台が落ちると見た目は悪いですが、スズメ達はそれほど気にもせずに下に落ちた餌をついばんでいますので、エサ台というのが人間のエゴに過ぎない構造物であることはすぐにわかります。

 外は寒くても室内はすぐに暑いくらいに温度があがります。

 クンシランの二番花が二株でどんどん咲いてきています。

10℃でも肌寒く感じられる春_c0025115_21331407.jpg

 久しぶりにじっくりとクンシランの花を観察。花弁が6枚、雄しべが6本、雌しべが1本でした(笑)。

10℃でも肌寒く感じられる春_c0025115_21331665.jpg

 クンシランのオレンジ色は日本を代表する色のひとつに違いないと見るたびに思います。

 こちらはオジギソウ。

10℃でも肌寒く感じられる春_c0025115_21361296.jpg

 暖かい地方では大きな木にもなる植物ですが、屋外の北海道では冬を越せず、室内でかろうじて何年も生き延びることができています。ことしもそろそろ復活気味です。連休の頃には外に出せることでしょう。

 今年入学する6才児が遊びに来ています。

 少し付き合ってやりましたが、糸電話を作ってくれというから作ってやったら、いつの間にかそれを四輪車に作り変えてしまっていました。

10℃でも肌寒く感じられる春_c0025115_21480109.jpg

 この柔軟な発想は大人になったら消えてしまうのがとても惜しいと感心させられております。

 寒々とした風が吹いていた一日でしたが、夕方には西の空が美しく染まっていたのでした。

10℃でも肌寒く感じられる春_c0025115_21400004.jpg

 明日も晴れそうです。








by STOCHINAI | 2020-04-02 21:47 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai