5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

学生アルバイトが安く買いたたかれている件について

 今朝の朝日新聞に「学生のバイト学業犠牲憂う」という北九州の大学非常勤講師の方の投書が出ていました。

 タイトルを見ると、今の学生はバイトばっかりして勉強していないということに対するお小言かと思いますし、実際「車の購入や遊ぶためのアルバイトはつつしむべきだ」などとも書いてあり、学生に対する警鐘の投書ではあるのですが、その中になかなか秀逸な経済解析(?)があってなるほどと思いました。

 「学生アルバイトは雇用主に買いたたかれている」という一言はバイトしている学生にとってもかなり響く一言ではないのでしょうか。「どのような状況にあっても、学業を犠牲にして、そのような安働きをすべきではない」という一文は、学生に対して労働者としての自覚を持てという檄文のようにも聞こえます。

 本来、学生時代というのは将来に備えて自分を作るための時間であり、そうした自己鍛錬というものはとても貴重なもののはずです。その貴重な時間のうち、たとえ1時間でもたった700円で売り渡してしまうことが本当にいいのか、という問いかけを学生は真剣に受け止めるべきではないでしょうか。

 自分を1時間研くことができるならば、それは700円もらって捨てることのできるようなものではなく、逆に1500円払っても惜しくないと言うべきものではないでしょうか。

 そもそも、学生は大学にとんでもない高い授業料を払っています。国立大学も含めて年間50万円から100万円払っている人が多いと思いますが、例えば月に5万円払っているとすると月25日のウィークディの一日に2000円払っていることになります。一日に3講受けるとすると1講あたり700円くらい払っていることになります。大学の講義は1単位1時間の講義に対して2時間の予習・復習をすることを義務づけています。大学では1講が2単位の2時間分になっているところが多いと思いますので、そうすると1講あたり4時間の自学・自習をしてはじめて大学の講義1講(2時間)分の知識の伝達がされるということになっています。

 そうだとすると、毎日の3講に対しては12時間の自学をしないと大学での教育を受けたことになりません。大学における学問というものはそのくらい困難で時間のかかるものであると想定されているのです。

 普通の生活時間があるとして、大学での3講(4時間半から6時間)に12時間の自習を含めると、1日24時間のうち16時間半から18時間を勉学に費やすとすると、土日の時間を考えても大学が提供する学問を身に付けようと思うなら、大学生はとてもアルバイトなどすることはできないという「理屈」になります。つまり、アルバイトをすることによって大学時代に身につけることが期待される「学問」を身につけることが困難になるという計算が成り立つのです。

 学問というものはそのくらい身につけるのが大変なものなのです。これは本当だと思います。バイトなどせずに4年間学業に打ち込んだとしても、必ずしも全員が学問を身に付けることができないことの方が普通でしょう。

 そういうふうに考えると、大学時代の貴重な時間を、時給たった700円のために売り渡して良いのかという投書の主の意見はとても重いものだと思います。

 もちろん、様々な理由でアルバイトをせざるをしない人がいることは理解できますが、そのアルバイトをすることが勉学に打ち込める時間を売り渡すことにペイするかどうかをいつも考えていなければならないということはしっかりと受け止めていただきたいところです。
Commented by inoue0 at 2005-11-28 20:56
 大学教員に対していささかキツい言い方になりますが、「大学さぼって1時間700円のバイトをした方が、はるかに有益な場合」の方がはるかに多いんではないでしょうか。
 卒業しさえすれば、その後の人生には支障をきたすことはまずありません。何も考えずに講義を聴いて、言われるままに自習したりすることの方が、はるかに無駄な時間をすごしているかもしれないのです。
 また、「学問する」ことと「大学に行く」ことは、重なる場合もありますが、重ならない場合もある。とくに教養科目は本を読めば1日で理解できることを、15回に分けて講義するようなもので、時間の無駄も甚だしい。
 私は、大学教育で利益を得られる場合とは、砂の中から真珠を拾うぐらい稀で、大半が無駄なのだから、最初から徹底的にさぼるつもりで大卒資格だけを得るのも一つの選択肢であろうと思っています。
Commented by stochinai at 2005-11-28 21:12
 inoue0さんのおっしゃることは良くわかりますが、それならば大学へ入学することがもっとも無駄なことになります。大学卒業資格の価値もどんどん下がっているのが現状だと思いますので、大学へ入らないという選択肢なら私も支持します。
 ただ、せっかく大学へ入ったのなら、くらだない講義に出ないとしても、有意義に勉強するという選択肢はもっと支持したいと思います。たとえかなりダメな大学と言えども、図書館やインターネット環境やさらにはなんと言っても自由に勉強できる時間を提供してくれるのです。すべてとは言いませんが、700円で売り渡すよりも貴重な時間を過ごすことも可能だと思います。
 自分次第ではないでしょうか。
Commented by 通りすがりの一教員 at 2005-11-28 22:55 x
お二人のコメントにはどちらも一理あると思います。
一教員としては、その例文にもあったように、時給700円の価値すら見出だせないような授業をしないように心掛けることですね。
大学には、授業だけではなく友人、コミュニティの形成の場としての機能もあります。それらは授業以上に、後に役立つ財産になることもあるとは、考えます。
Commented by 花見月 at 2005-11-28 23:11 x
ひさびさに大学に戻ってきて、勉強している学生の姿がまぶしく見えました。授業に出てみて、なんと有意義なことを学べるのだろうと驚きました。わが子の入学のために、久々に小学校に行ってみて、小学校の教材って、なんと良くできているのだろうと感動しました。この歳になって初めてそこから学べることがあるのだという気もしました。豚に真珠という言葉がありますが、学ぶのに適した年齢というのは、人それぞれかもしれません。大学の授業に価値が見出せないのであれば、そこで時間をつぶしていてもムダでしょう。大学は、恋愛やサークルやバイトより勉強が面白いと思えるようになった大人のための教育機関に作り変えませんか?
Commented by stochinai at 2005-11-28 23:11
 学生がバイトなんかしたくなくなるような素晴らしい講義と、学ぶためのインフラと、魅力的な人間が集う素晴らしいコミュニティとしての大学を作りたい(復興したい)ですね。バイトと比較して「微妙~」なんて言われているようじゃ大学として機能しているとはとても言い難いです。
Commented by ぢゅにあ at 2005-11-29 00:02 x
NYの院生が奨学金をあてに日本への留学を考えていたのですが、まさかの落選。留学先の大学に相談した所、英会話の講師バイトをすれば生活費なんて簡単に稼げますよ、と言われ戸惑っていました。研究に行きたいと言ってる人間に安易にバイトを勧めるというのが信じられなかったようです。バイトで削られる研究時間が日本に行くことへの代価としてふさわしいか、悩んだあげく結局留学しましたが。この件では学ぶことへの姿勢の違いもさることながら、時間に対する価値観の違いにも驚かされました。
Commented by inoue0 at 2005-11-29 01:29
 在学期間は、日本の学生にとっては就職までの待ち時間なんですよ。何かすることがあるんではなくて、時間をいかにつぶすかが重要なんで、だったら低賃金でもいいから働いた方がましかということになる。
 いまだに大学を出ないとつけない職種は多いですから、形だけでも出ておくことには意味があります。
Commented by inoue0 at 2005-11-29 01:35
 知識の伝達ではなく、学びの道しるべにしでもなれば、大学教育は成功かもしれません。
 つまづいていつまでも学習が進まないというときには、強制的に先に進ませることができるし、適当な教材を教えることもできる。
Commented by ヤマグ at 2005-11-29 01:49 x
どちらかというと、inoue0さんよりです。だから、大学が何もしなくていいかとは思いませんが。この現状を変えるためには、講義を変えるか、就職する会社側の意識を変えるかだと思います。
それ以外にも、そもそもバイトしたい人が能力に見合っていない給料であれば、それよりも見合った額で大学ベンチャーの学生バイトや産学協同プロジェクトの実験担当として雇えば良いのではないでしょうか?
Commented by さなえ at 2005-11-29 07:26 x
有名私大の法学部大学院に米国から留学、その後大手法律事務所に就職した人が、留学した年月は無駄だったとさんざんこぼしていました。教授の言うことにうなづくばかりで、議論もなく、進展もなく、退屈で勉強にならなかった。知的に怠惰だというのです。米国での死にものぐるいの勉学に比べるとお遊びに見えたのでしょう。日本は友人作りと外遊びを第一に考えるべき子供時代に勉強させ、その後の勉強すべき時にバイトと遊びに明け暮れる不思議なところです。
Commented by alchemist at 2005-11-29 12:02 x
大学の講義に利益を求めるのも変な話では?教養の頃、半年かけてアヘン戦争の講義を聞いたけど、けっこう面白かったし、マニアックに藻類の分類学を話す先生もいましたが、それはそれなりに味のある講義でした。別に、なにかの利益になるから聞いていた訳ではありませんけど。そもそも、面白そうだから聞くのが講義である、というのが大学の原点ではないでしょうか?
Commented by stochinai at 2005-11-29 14:48
 バイトの問題はいくつかあって、そのひとつが学生ならばかなり安くても働いてくれるので、それによって失業する人がいるということだと思います。だからといって、その人達の食を奪わないために学生はバイトしてはいけないというつもりはありません。ただ、バイトの奪い合いで低賃金競争しているのは悲しいと思います。
Commented by stochinai at 2005-11-29 14:57
 学生の職業訓練というような意味では間違いなく教育的意味もあるので、バイトそのものを否定しているつもりはありません。ただ、大学が無意味だからバイトするというのでは、あまりにも大学というかそういう大学を許している社会が情けないというか、そんな気がします。
 学生がさぼりたくなくなるような魅力(その場しのぎのエンターテインメントではなく、彼らのキャリアに有用であると実感できる)ある大学にしなければならないというのは、我々に課せられた課題だと思います。ただ、そのためには文科省がそう思ってくれないと、そっちばかり見ている経営陣が変わってくれません。個々の講義のレベルでは自分一人でも工夫しようがありますし、実際そうして学生の信頼を得ている教員もたくさんいるわけですので、そういう人を増やせば済むことなのに、なぜかそこを後押しする姿勢が見られません。
 文科省を変えることができるのは、我々の声ではなくいわゆる「国民の声」なのです。大学に対してもいろいろと文句を付けていただけませんでしょうか。
Commented by stochinai at 2005-11-29 14:59
 そもそも、社会が学問を軽視している風潮が大学生が大学を軽視する原因のような気もします。大学で何を身につけたかではなく、どこの大学に入学したか(出るのは誰でも出れるので)だけが「学歴」としてチェックされるのだとしたら、誰も大学に来なくなるのは当たり前ですよね。
Commented by おこじょ at 2005-11-29 15:59 x
大学生のバイトで不思議なのは、多くの人が将来就きたいと思ってる
職種のバイトをしてるわけじゃないってことです。
おまけに労働法規に関する知識もほとんどなく、
バイト中に怪我をして泣き寝入りしてる人もいます。
生活のためにやむを得ずバイトをする人もいると思いますが、
働くとはどういうことか良く考えてからはじめた方がいいと思います。
Commented by alchemist at 2005-11-29 16:47 x
>そっちばかり見ている経営陣が変わってくれません。個々の講義のレベルでは自分一人でも工夫しようがありますし、実際そうして学生の信頼を得ている教員もたくさんいるわけですので、そういう人を増やせば済むことなのに、なぜかそこを後押しする姿勢が見られません。

上記に関して、そうでもないように感じています。ただ、現場と本部の接点が非常に細いんですね。本部の経営陣も大学の根幹は研究と教育であると認識しているようなのです。どのような状態が理想的な大学なのか(どういう卒業生を養成したいのか)の提言を現場の側から主張して行くことが大事というのが、法人化後1年余りすぎた印象です。
ただ、本庁の方が現場を無視した改革を次々言ってきて、現場は振り回され過ぎている面もありますが。
Commented by alchemist at 2005-11-29 16:54 x
本庁側は何かをやっているという形を見せるために制度なぶりをやりたがっているんですね。でも、大学の基本はヒトですから、制度なんか変えたって仕方ないのですが・・・。制度を変えずに運用を変えるだけで大学が変わる面は沢山あります。運用を変えることで制度化しないルーズな研究・教育の集合体を作って、その中で院生を遊ばせておく(場合によったら学生さんを加えてもいい)といった工夫を10年くらい続けて行けば、基本的なレベルでの何がしかの変化はあらわれそうな気がしています。
その間、本部に望むのは放っておいてくれ・・・だったりするのですが。
Commented by stochinai at 2005-11-29 20:25
 おこじょさん、良いところを突いていると思います。
 学生バイトで将来につながっているのは、一部マスコミ・マスメディア系でしょうか。それ以外は、コンビニのレジ打ちか、飲食店系が圧倒的に多いような気がします。自分はいくらで売れるのかという感覚も大切ですよね。
Commented by stochinai at 2005-11-29 20:29
 alchemistさん、いつもたくさんのコメントをありがとうございます。
>現場と本部の接点が非常に細いんですね。
 それはそうかもしれません。現場の直属で力を持っている先生方(学部、研究科の運営陣)と本部の認識がずれはかなり大きいですね。大学ではトップダウンと言いながら、全然トップが力を持っていなかったりします。

 意外と末端の現場と本部経営陣の認識は近いかも知れないと思うことがありますが、その両者が一致しても動かないのが大学の組織のようです。
Commented by ぜのぱす at 2005-11-30 09:00 x
『通りすがりの一教員』さんの仰るように、『inoue0』さんの意見も、『stochinai』さんの意見もそれぞれ理があるのは確かだと思うのですが、『inoue0』さんの意見は、第三者が云うなら兎も角、大学教育の現場に居る者が云ってはイケナイ様な気がします。それを云ちゃぁお終いよぉ、みたいな。青臭いかもしれませんが。ほんの一部でも、本気で学びたい学生は居るでしょうから、現場にそう割り切られてしまうとどうしようもないんじゃないでしょうか。僭越ながら、ちょっと一言。
Commented by ヤマグ at 2005-11-30 19:57 x
TBがうまくいかないので、
http://blog.livedoor.jp/lupin_lupin_iii/archives/50236246.html
URLを貼り付けておきます。

社会における大学の意義と大学の教育ということに関して、考える必要があると思いますが、どうでしょうか?
Commented by stochinai at 2005-11-30 20:32
 ヤマグさん、わざわざエントリーを立てていただきありがとうございました。

>学生は大学というもの価値が最大限に発揮されるのは卒業資格というものを持つということ以上にはないということを自覚している

 これに関しては反論はありません。まったくその通りだと思いますが、私は「その自覚でいいのか?」という問いかけをしたかったのです。こちらに意見を頂いた現役の学生さん、大学院生さんは、バランス良く両方から得るものを得ている方ばかりなので全然問題はないのですが、全体を見渡してみるとかなりもったいない(損をしている)学生さんがたくさんいらっしゃるわけで、小言を言いたくなったというところです。

 社会として大学をどうするのか、ということになるとまた別の大問題になりますで、宿題にさせておいてください。解決の提言ができるほど煮詰まりません。
Commented by ヤマグ at 2005-12-01 02:42 x
先生の
>そもそも、社会が学問を軽視している風潮が大学生が大学を軽視する原因のような気もします。

これは同感です。これが産学連携がうまくいかない理由であるとも思っています。であるからこそ、どうやって大学の知が社会にとって重要かということをアピールしなくてはいけないと思いますし、実践として示す必要があるとは思っています。で、どうやってするかですよね。
Commented by alchemist at 2005-12-01 15:17 x
>どうやって大学の知が社会にとって重要かということをアピール

何だか自明のことを説明するような気がします。社会で問題がおきた時(例えば、アスベストにしてもBSEにしても)、どう考えれば良いか質問する先に必ず大学が入っていませんか?でもって、日頃、役に立たないと叩かれている大学のどこかから割合と適格な応答があったのではなかったでしょうか、これまでは。
学問を軽視するというか、知恵を借りることを只としか思っていないから、そういうことを見のがし続けてるんじゃないでしょうか?
Commented by stochinai at 2005-12-01 15:22
>知恵を借りることを只としか思っていない

 はははは、まさにそうですね。確かに大学にはしょっちゅう問い合わせの電話がきますね。もちろん、どれにも無料でお答えしています。たまには講義をしたりもしますが、相手が一人または数人の場合はほとんどが無料です。場合によっては、無料の講演会なども開きます。しかし、国民の方々は国立大学は税金で運営されているのだから、そのくらいはタダでしかるべきだと考えているのかも知れません。私は、その意見には一理あると思います。だから、そういう方が、もっと大学に予算を出してあげなさいと、政府に言ってくれるとありがたいのですが、、、、(^^;)。
Commented by alchemist at 2005-12-01 17:20 x
別に只で構わんのですが、しかしながら只で教えてもらったことには元手がかかっているということは判って欲しいんですよね。その元手には個人から出たものもあるし、日本の税金から出たものもあるし、米国などのヨソの国の税金から出たものもありますけど・・・。で、そういう状態を維持してゆくためにはこれからも元手がかかり続けるだろう、ってことです。
世の中から無視されて、大して研究費も入らないのに、こつこつとアスベスト研究してたヒトがいるから、騒ぎがこの程度で済んでいるわけで、そんなことも大学の重要さじゃないでしょうか。
Commented by inoue0 at 2005-12-02 00:30
「本気で学びたい学生」は、そもそも講義なんかに出ませんよ。
医学教育に限定して言えば、クリニカルクラークシップに入る準備教育(1-4年)においては、優れた参考書がいっぱい大学書籍部に並んでいて、それを読むだけで、講義聞くより何倍も速く、効率的な学習ができるのです。強迫的に講義に出て居眠りしている人が「本気で勉強している」なんてお世辞にも言えないでしょう。本を持ち込んで好き勝手に勉強(内職)している人は、講師に失礼だし。聞く気がないなら欠席すべき。
Commented by ぜのぱす at 2005-12-02 09:39 x
参考書を読むより、何倍も遅く、効率悪い講義しか出来ない教官に問題はないのでしょうか?

そんな授業なら、そりゃぁ、学生の方から願い下げなのは当然です。そんな授業に出るくらいなら、バイトでもしてお金を貯めて、一方で教科書を読めば、事足りるのは確かでしょう。

学習=教科書に書いてある、"既に確立された"知識を得ることならそれでも良いと思います。医学部の1-4年なら、確かにそうかもしれませんね。"学習"のための基礎知識を得るのが目的でしょうから。
Commented by ぜのぱす at 2005-12-02 09:40 x
続き1

授業を受ける意味は、教科書にはないプラスアルファを得られることではないでしょうか?私の個人的な学生時代の経験では、面白い授業には何かしらのプラスアルファがありました。例えば、先生自身の最新の研究内容だとか。当然、教科書には載ってませんし、将来も載らないかもしれません。でも、載る載らないは、どうでも良いのです。そのひとにしか教授出来ない、生きた real timeな情報がそのままプラスアルファです。

逆に、どうしようもないと感じた授業は、それこそ、教科書の丸写しで、時間の無駄以外の何物でもありませんでした。
Commented by ぜのぱす at 2005-12-02 09:41 x
続き2

大学の授業は、後者のようなものだと言い放つのは、現場の責任放棄ではないかと、云うのが私のpointです。

『inoue0』さん自身が上で仰っているように、大学の授業は、単なる"知識の伝達ではなく、学びの道しるべ"になるべきではないでしょうか?その意味では、過去に下らない授業をして下さった先生方は、反面教師という意味で、良い道しるべになっています(笑)。
Commented by alchemist at 2005-12-02 10:05 x
「一番優秀な学生サンは出てこなくてできるヤツ」ということで、出席をとらずに講義しますと、出てくるのは3割程度。で、出てこない学生サンの中に期待される優秀なヒトがいるか、というと余り居ない模様。(出席をとっていないので数値化はできません)。で、出てくる学生サンについて10人程度が質問したり食い付いてきたり、10人程度が何とか眠らずに聞いている、そして残りの10人程度が堪らずに寝込んでいるってところでしょうか。休日疲れの月曜の朝一番の講義ですから、出てくる気持ちだけで良しとするかってところでしょうか。
Commented by alchemist at 2005-12-02 10:11 x
もともと素質の好い学生サン達だし、国試の勉強なぞは自分で勝手にやるだろう、ということで教科書に書いてあるような話は殆どしておりません。担当科目の項目全部を教えるのは時間的に無理ですので、その辺は学生サンの自助努力に期待して項目の幾つかを材料にどう考えると良いのかを話している(教えるなんておこがましいので)「つもり」なんですが。
Commented by stochinai at 2005-12-02 10:39
 大学の講義におもしろくないものが多いのは事実です。もはや議論は出尽くした感があるのですが、私が2年ほど前に大学のニュースレターに書いたものを読んでみてください。
http://socyo.high.hokudai.ac.jp/More_HTML/news/News46.html
Commented by ヤマグ at 2005-12-03 09:37 x
程度にも寄りますが、やっぱり、タダではいけないと思うんですよ。
で、具体的にどうするかは、またエントリーを建てます。
by stochinai | 2005-11-27 23:35 | 大学・高等教育 | Comments(34)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai