5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

オンデマンド授業最終日

 私の担当していた生物学の授業はオンデマンドであるにもかかわらず、金曜日の午後4時半から6時までという対面授業の時間割と同じ時間帯を標準アクセス時間として設定されていたため、その時間の前にはアクセスができず、いちおう「出席」を確認するためにその時間帯にアクセスをしたという証拠を残してもらうことも要求していました。

 そのため、その時間帯のアクセスをモニターしていると学生がきちんとアクセスしてきているかどうかなどをチェックできます。もちろん、その時間帯に関してはたとえ1分でもアクセスしておけば「出席」とみなされるので、とりあえず「出席」だけはしておいたうえで、後はゆっくりと1週間かけて資料を読み込み、課題を作成して提出すればよいので、自分のペースでじっくりと参加するのが得意な学生にとってはとても対応しやすいスタイルの授業だと思います。

 従来の授業のように全員が同じ時間に教室で同じ講義を受けて、場合によっては同じ時間を与えられてテストをして理解度を問われるというようなシステムで小中高校を通ってきて、ある意味ではそうしてやり方が得意な学生がふるいにかけられて大学まで来られたということなのかもしれませんが、大学生の中でもそうしたやり方が得意な学生と不得意な学生がいるはずです。

 それが今回のオンラインの遠隔授業で従来とは異なるやり方で授業を受け、課題をこなすという状況に置かれたことで、従来とは異なる評価をされることになった学生も意外とたくさんいたのではないかと思われます。それがよかった、嬉しかったという学生もいたでしょうし、逆に従来のやり方が得意だった学生の中にはこのやり方はあまり心地よくないと思ったものもいたかもしれません。

 いずれにしてもこういう教育や評価のやり方もあるのだということに気付かされたという意味で、今回のコロナ禍は悪いことばかりではなく、いろいろと新しい良い気付きが得られたようにも思います。

 いずれにしてもこれはほんの始まりに過ぎず、これからさらに経験を積み重ねていって教育システムが変わっていくのだろうと思います。

 そういう変化の現場に立ち会えたことは教員としても学生としても貴重な経験だったと思います。

 というわけで、これからいろいろと検証し改善もしていかなければなりませんが、とりあえず「第一ラウンド」の終了です。

 九州沖縄ならびに西日本では大変な気象状況になっているようですが、とりあえず北海道には直接の影響はないようなのですが、このところの強い風は今日の朝になってもまだ続いている感じでした。

 これが今朝の南東方向の空です。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22270725.jpg

 雲はありますが、早い勢いで流れていました。まだ降ってはいませんが、空全体が暗めでいつ降ってきてもおかしくない感じです。

 2階の窓から見下ろしたところですが、つい先日まで数え切れないほどのオレンジ色の花が咲いていたノウゼンカズラもさすがにもう新しく咲くつぼみがなくなってきたようです。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22281128.jpg

 右側のアジサイもすっかり色あせ、左手前のムクゲはまだ咲いていますが、いまひとつ勢いが感じられません。

 強風で次々と折られてしまった高いヒマワリで唯一残ったのがこちらですが、外側の装飾花弁がすべて落ちてしまいました。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22312971.jpg

 大きくなりそこねたヒマワリも咲きました。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22313288.jpg

 外側の装飾花弁が開いたので花が咲いたという感じなのですが、中央の筒状花はまだひとつも開いていないようです。大きくても小さくても姿かたちを調整しながら咲く植物の柔軟さにはいつも驚かされます。

 きれいに咲いたアサガオの花の写真はたくさん撮られますが、こうしたしぼんだ花が写真になることはめずらしいかもしれませんが、秋の庭ではけっこう目立つ存在です(笑)。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22351534.jpg

 この状態の花ガラをこまめに積んでいると、次々と新しい花が咲くのもおもしろいもので、花を見続けたいなら種を作らせないのがコツになります。

 午後には雨も降りましたが、ほんの少しでした。

 こちらはゼラニウムの花についた雨粒です。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22370095.jpg

 今日は最高気温が30.3℃になったらしいのですが、湿度も高く、いわゆる「日本の夏」のような高温多湿を味わわせてもらいました。こういう夏は北海道では珍しいので、ある意味で楽しませてもらったような気もします。

 多くの植物にとって高温多湿と強い日射はうれしいものらしく、熱帯植物は元気ですね。

 これは室内においてあるグズマニアですが、そろそろ雌しべや雄しべも見えてきそうな感じです。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22402154.jpg

 こちらはサボテンですが、じつは彼ら(英語的には彼女らかもしれませんが)も高温多湿が好きなのではないかという気がします。元気にグングン育っています。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22404588.jpg

 そしてこちらは種からそだってきているカプトメデューサ。

オンデマンド授業最終日_c0025115_22405313.jpg

 今のところ、順調のようです。










by STOCHINAI | 2020-09-04 22:44 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai