5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

久しぶりに予報以上の暖かさ

 このところはプラスになるという予報が出ても、なかなか予報の気温にまで達しないことが続いていたのですが、今日は7℃の最高気温の予報に対して7.8℃まで上がりました。

 最高気温は午後2時13分のプラス7.8℃でしたが、たまたまスクショしていた午後2時の札幌各地の気温分布図がこちらです。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_20502572.jpg

 風もなくウラウラと暖かい一日でした。

 天気が良かったせいで朝は放射冷却でしっかりと冷えて始まりました。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_20515467.jpg

 朝の時くらいまでは一方的に気温が下がっていたのですが、その後急激に気温が上がり始めマイナス5℃くらいから正午にはプラスの7℃近くまで一気に上昇しています。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_20520099.jpg

 午前中には昨日割った氷もまたカチカチに凍ってしまっていたのですが、昼過ぎにはとけてきたので氷割りを再開しました。凍った水路も復活して水が流れています。

 この調子なら主な道路の雪や氷は今週中になくなってしまいそうな感じです。

 午後になってSonyから「電子雑誌 3冊をソニーの電子書店 Reader Storeより無料でプレゼント!」というメールがきました。Sonyはときどき、こうして電子書籍を無料でくれることがあります。

─── ソニーの電子書籍ストア「Reader Store」特別企画 ───
『サウンド&レコーディング・マガジン 2021年3月号』
『最新版!日本の絶景ベストセレクト2021』
『NHKテレビ 趣味どきっ!(火曜) (シェフの休日 おいしいごはんと暮らしのレシピ2021年2月~3月)』
の3冊を無料でプレゼント!
受け取り期間:2021年3月31日(水)まで
詳細を確認して雑誌を受け取る
※雑誌受け取り時は、お持ちのMy Sony IDでサインインしてください。

 ただでもらえるならばということで、早速アクセスしていただきました。SonyのIDを持っていない方でもあくせすしてIDを作れば本はもらえるとおもいますので、興味があったらやってみてください。

 頂いた本はこちらの3冊の最新号です。

 まずは『サウンド&レコーディング・マガジン 2021年3月号』は通常販売価格 998円(税込)です。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_21084682.jpg

 これは音楽を作って発信する方々というかなりコアなターゲットに向けた本のようで、私とはちょっと住んでいる世界が違う感じがしますが、それだけに逆にコマーシャルを含めてかなり興味深い世界をのぞかせていただきました。いつの時代にもクリエーターというものは作るためのガジェットに魅了されているようです。

 そして次は『最新版!日本の絶景ベストセレクト2021』は通常販売価格 660円(税込)です。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_21192658.jpg

 実はこのシリーズは2019年版を前にやはり無料でいただいていたことを思い出したました。眺めているだけでもひたすらに美しい写真集で、これはこれで自分で買うことはないだろうと思いますが、床屋さんの待合室で読むような気分になれました。

 そして最後は『NHKテレビ 趣味どきっ!(火曜) (シェフの休日 おいしいごはんと暮らしのレシピ2021年2月~3月)』は通常販売価格 1,155円(税込)です。新趣向のお料理本です。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_21090634.jpg

 見て楽しい写真と、読んで楽しい文章とそして簡単につくれるレシピの紹介と確かに価格に負けない内容が満載の本で、これならふとした機会に購入することがあるかもしれません。

 と、無料でいただくだけではちょっと心が傷んだので少しだけ宣伝をさせていただきました。興味がありましたらソニーの電子書籍ストア「Reader Store」にアクセスしてIDをとって、この雑誌をダウンロードして読んでみていただければ、と思います。すべて無料なので、手間以外は損にはならないと思います(笑)。

 というわけで、今日は外で氷割りをした室内に戻ってきたら暖房を切っても暑いくらいの春の一日になっていました。

 ゼラニウムも咲いています。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_21235018.jpg

 エアプランツのチランジア・イオナンタも元気いっぱいで大株になってきています。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_21240517.jpg

 葉っぱ一枚からそだってきたツキトジの幼株のうぶ毛も美しく日に照らされています。

久しぶりに予報以上の暖かさ_c0025115_21241070.jpg

 みんな、外に出るのが待ち遠しそうです。









Commented by alchemist at 2021-03-10 16:20 x
表紙の写真、父母が浜(チチブガハマ)でしょうか。最近、有名になっているようですね。父母が浜だとすれば仁尾の旧塩田の近くにある砂浜です。仁尾の旧塩田は廃止された後、太陽博といって太陽熱発電をテーマにした博覧会が開かれたりしてました。一過性のものではなく、研究施設も併設しておけば、今頃になって再生可能エネルギーの付け焼刃やらなくて済んだだろうに・・・と思ったりします。仁尾町は桃の節句には雛飾りをしない(八朔に飾り付ける)というちょっと変わった習慣があります。戦国時代、桃の節句の日に長宗我部勢に攻められた仁尾城が落城したためと伝わっています。
Commented by STOCHINAI at 2021-03-10 19:54
 香川県三豊市父母ヶ浜でビンゴです。最近はインスタグラムの聖地としてたくさんの若者を集めているようですね。瀬戸内海の天空の鏡とかいって市をあげての大宣伝はちょっとやりすぎかなとも思います。
https://www.mitoyo-kanko.com/chichibugahama/
 仁尾での世界初の太陽熱発電の実験(サンシャイン計画)はウィキペディアにも載っている有名なものだったようですが、過去の歴史の一場面になってしまっているようで、私も知りませんでした。
 中国・四国地方では有名なことなのでしょうか。「戦国時代、仁尾城(仁保城とも / 城主には細川土佐守頼弘ほか諸説あり)が、落城した日が陰暦3月3日であったことから、仁尾町の一部では、雛祭りは行われず、八朔の日に雛人形がともに飾られる」という話については、そういう地方があるという漠然とした話としては聞いたような記憶もありますが、それが最近有名になった「日本のウユニ塩湖 」の近くだったとは日本は広いようで狭いと知らされました。
 情報をありがとうございました。
Commented by alchemist at 2021-03-10 22:20 x
仁尾(の蔦島ですが)は縄文時代の遺跡が残るような古いまちで、港を囲むように西側には蔦島、小蔦島が位置し、また港の陸側(北、東、南)は山で囲まれて、天然の良港でした。仁尾城が落城した後、豊臣時代、徳川時代になっても港町として繁栄していました。長宗我部の後を受けた山内の土佐藩ですが、参勤交代では四国山地の登山(みたいな大名行列)の後、川之江に出て、そこから船で仁尾湊に入り一泊したようです。坂本龍馬も参勤交代に便乗して江戸に出たそうですから、仁尾で一泊していたのでは・・・と、妄想しています。
Commented by STOCHINAI at 2021-03-13 21:25
 スケールの大きい、いい話だと思います。
by STOCHINAI | 2021-03-09 21:30 | 札幌・北海道 | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai