5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夜に強風が吹いた

 夜中に風の音がしていたので、またエサ台が飛ばされているだろうと思いながら朝をむかえました。案の定、飛ばされてはいましたが方向と距離が予想を越えていてちょっとびっくりしました。

夜に強風が吹いた_c0025115_22143400.jpg

 この写真では右側にある隣の石だたみの領域にまで飛ばされていました。南寄りの風が吹いていたのかと思っていましたが、北寄りの風に飛ばされてしまったのでしょうか。まあ、ここは家と家の間なので風は巻いていたのかもしれません。

 2階から見下ろして撮っていると、間にモクレンがあり、よくみるといくつかのツボミはカラを破って紫色の花びらが見えるものもありました。

夜に強風が吹いた_c0025115_22144067.jpg

 そして、階下におりてから再確認に写真も撮っておきました。

夜に強風が吹いた_c0025115_22145277.jpg

 たしかに向こう側に飛ばされています(笑)。

 電子図書館への第2陣の新着図書をチェックしてみると、なかなかの掘り出しものがありました。

 今日はこちらを紹介します。

夜に強風が吹いた_c0025115_22255236.jpg

 素晴らしいスケッチ画集です。しかも、私の知っているところがたくさん描かれています。表紙が狸小路7丁目というのがとても刺さりました。

 どの絵も素晴らしいのですが、目次がこちらです。見たいと思われる方も多いと思います。

夜に強風が吹いた_c0025115_22260467.jpg

 その中から3ヶ所ほどをご紹介します。

 これは、北大関係者なら誰もが「懐かしい」とおっしゃってくれると思う、南門を出たところにある阿部さんのお宅です。

夜に強風が吹いた_c0025115_22261308.jpg

 そして、そこをずっと東へ進み東区へはいったあたりに現存する昔の酒屋さん、高城商店の建物。

夜に強風が吹いた_c0025115_22261715.jpg

 こういう歴史的資産を描写するには写真よりもこうした手描きのスケッチが何万倍も適していると思います。

 札幌だけではなく、道内の他の地域や道外のいくつかの地域や、使われていた映写機のスケッチなどすべてがすばらしいので、是非機会があったら見ていただきたいものばかりです。もちろん購入しても悔いはない本です。

 最後にもうひとつだけ、小樽の花園の飲み屋街スケッチをご紹介します。

夜に強風が吹いた_c0025115_22262104.jpg

 かなり写実的でありながら、写実を越えたリアリズム感のあるスケッチのすごさを教えてくれるすごい本に出会いました。









by STOCHINAI | 2021-04-03 22:39 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai