5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

敗戦受諾公表記念日

 一般には「終戦記念日」と呼ばれることの多い今日ですが、Wikipediaによると「日本政府は、ポツダム宣言受諾により全日本軍が降伏を決定する事実を、10日の午前8時に海外向けのラジオの国営放送を通じ、日本語と英語で3回にわたり世界へ放送し、また同盟通信社からモールス通信で交戦国に直接通知が行われた」ということなので、降伏が世界に広報されたのは8月10日ということのようです。しかし、「ポツダム宣言は日本政府により正式に受諾されたものの、10日の時点では日本軍や一般市民に対してもそのことは伏せられており、さらに停戦命令も全軍に対しては行われておらず、それは連合国にとっても同様であったので、玉音放送による日本軍戦闘停止の命令が下る15日正午までの5日間は各地で戦闘は継続されていた」と書かれています。

 というわけで日本では8月15日が公式に戦闘停止された「正式な終戦」となったと認識されていることが多いのだと思います。

 元総理大臣が国会の答弁で「ポツダム宣言の内容はよく知らない」などと言っていたのは残念な思い出ですが、6年間の第二次世界大戦で日本軍人の戦没数は230万人とされています。一方、 外地で戦没した一般邦人は30万人、内地での戦災死者は50万人の計310万人となっているそうです。

 いずれにしてもとんでもない数の人が殺されています。

 先日、札幌市の電子図書館で借りた本を見ても胸がつぶれる思いです。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21085394.jpg

 現在でも、まだ戦争の痕跡がなまなましく残っているところが世界中にあります。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21093369.jpg

 一般人が住んでいない硫黄島は、日本国内であるにもかかわらず当時のまま放置されているものがあちこちに放置されているようです。

 当時、日本が占領していたところでは、まだまだ手つかずの遺品すら残っているようです。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21094018.jpg

 遺品だけではなく、遺骨の収集すら終わっていないところも数多く残っています。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21094627.jpg

 これは米兵のヘルメットですが、もちろん戦勝国といえども、たくさんの死傷者が出ているのが戦争というものです。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21095289.jpg

 誰が考えても愚かな戦争が、今の時代になってもまた大々的に起こるとは想像もしていませんでしたが、起こっているのが現実です。今でも毎日何百人、何千人の兵士や市民が殺される戦争が続くのを止められないのです。80年前でも今日でも、戦争によって殺されるひとりひとりの人間の命があまりにも軽いということにまったく進歩がないのが情けない思いです。

 この上、核爆弾までも使うようなことがあったら、もう人間は地球で生活する権利をみずから放棄したようなもので、地球に生きているすべての生物に対して恥ずかしくて生きていけないと思います。すべての人間は地球から退場するしかないという気がします。

 こんなことが起こる人間世界ですから、日本にもミサイルが落とされることがないとはとても断言できません。ましてや、国境の島である北海道や沖縄などは明日にでもミサイルが打ち込まれても、「それは想定されていたことです」などと言われてしまうのかもしれません。

 というわけで、大日本帝国敗戦から77年たってもちっとも人間は文化的に進歩していないことを嘆くしかない今日このごろなのでした。

 私達の政府には、そのような愚かな戦争を繰り返してほしくはないと思っておりますが、内閣の一員や政権党の有力メンバーが近隣諸国を挑発するかのように靖国神社に参拝することを繰り返すようだと、緊張は高まるばかりです。いつまでも、第二次世界大戦における帝国日本軍の悪行を責め続けることが正しいことだとも思いませんが、「もういいかげんで忘れてもいいだろう」とばかりに強気に出ることがいいことだとも思えません。

 我々小市民が「戦争はいやだ」と思っていても、各国の権力者がお互いに角つき合わせたあげくに戦争が始まってしまった時に、一番の被害者として最初に殺されるのは我々小市民なので、我々がもっとも戦争を恐れ、嫌っていることを権力者にわかってもらうことも重要な民主主義の側面だと思います。

 殺人はどこの国でも犯罪なのに、戦争だとそれが無罪になるというのはどう考えても矛盾しています。戦争は大犯罪です。

 そんな愚かな人間をあざ笑うかのように、今朝我が家ではコーヒーの花が咲きました。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21570753.jpg

 人を殺すよりは、咲いたコーヒーの花をながめて美しいと思うことのほうがずっと「正しい」と思いませんか。私は思います。そちらほうが何倍も正義です。

 今朝は晴れてはいませんでしたが、雨が降っているわけでもなく、空では雲のすき間から青空ものぞいていました。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21583246.jpg

 昨日の朝は最低気温が23℃くらいまでしか下がらず、寝苦しい夜でしたが、今朝は20℃くらいまで下がって気持ちのよい朝でした。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21592924.jpg

 ところが太陽が出る頃から急激に気温が上がり、あっという間に26-27℃くらいまで上がってきました。幸い28℃くらいになったのはほんの10分くらいの間で、3時を過ぎた頃からはぐんぐんと涼しくなってきました。

 その代わり、雲がどんどん厚くなってきて夜には雨になりました。

敗戦受諾公表記念日_c0025115_21593451.jpg

 東北地方では豪雨になっているようで大変なようですが、北海道の雨は今のところそれほどひどくはなっていないようです。

 この雨は明日まで止みそうもありませんが、その分少しはまわりを冷やしてくれることを期待したいと思います。











by STOCHINAI | 2022-08-15 22:14 | その他 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai