5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

こんなところにイチゴが

 実は昨日見つけていたのですが、写真を失敗したので、今日の登場となりました。

 真っ赤に熟したイチゴです。

こんなところにイチゴが_c0025115_21490832.jpg

 庭にはもともとけっこう生えていたのですが、あまり真面目に育てていなかったので、実がなってもほったらかしにしておくことが多く、ダンゴムシやワラジムシが食べているようです。もともと春に実がなるものなので、今頃見つけるとちょっとびっくりします。

 周りを見ると、花もありました。

こんなところにイチゴが_c0025115_21492669.jpg

 未熟な実もたくさんあったので、2度目の成熟期と思われます。

こんなところにイチゴが_c0025115_21493040.jpg

 たまに見つけて食べると、結構甘いのですが、まじめに育てようとすると大変なので、結局観賞用に少しだけ残しておくということになってしまいました。

 それでも、真っ赤に熟した実に出会うとうれしいものです。

 葉や茎を折ると特有の匂いがするので、たぶん食べられるはずのニラも、我が家では食べられることはなく今の時期に咲く花を鑑賞する対象になっています。

こんなところにイチゴが_c0025115_21560148.jpg

 ニラも秋の花ですが、やはりこのオオケタデが咲きだすと秋を感じます。

こんなところにイチゴが_c0025115_21572011.jpg

 小さな花は精一杯雄しべを伸ばすという共通性がありそうな気がします。

こんなところにイチゴが_c0025115_21583867.jpg

 こちらも小さなミントの花です。雄しべが長いです。

こんなところにイチゴが_c0025115_22022113.jpg

 シュウメイギクも咲き始めました。

こんなところにイチゴが_c0025115_22032793.jpg

 シュウメイギクは花びらがなく、花びらのように見えるのはがく片なのだそうです。昆虫をだますためには、花びらのようにきれいな色を付ける必要があるのでしょうね。

 ノウゼンカズラは花そのものが大きいので、よく見ると雄しべも結構長いのですが花の中に隠れてしまっています。

こんなところにイチゴが_c0025115_22054754.jpg

 花の大きさではなく、やってくる昆虫の大きさに合わせて雄しべの長さが決まっているのかもしれませんね。

 雪が降る前に種を熟させなければならないので、花は最後の大饗宴の時期になってきています。

 今日は一日中曇りでしたが、雨にはなりませんでした。とはいえ、雨雲は南からじわじわと北海道にも襲いかかってきていて、明日は一日中雨になりそうです。

こんなところにイチゴが_c0025115_22121325.jpg

 台風は南のほうでウロウロしていますが、急に気が変わって北へ来る可能性がゼロではなさそうで、いよいよ天候不安定な秋が始まるかもしれません。












by STOCHINAI | 2022-08-30 22:14 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai