5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雨は上がり、少し気温も戻り

 朝、西の空は青空になっていました。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20342607.jpg

 東の空は昨日と同じくどんよりのままでした。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20343469.jpg

 というわけで、今日は天候は回復気味で、暖かさも戻ってきました。

 暦が変わって、夏至も末候の「はんげしょうず 半夏生」になりました。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20365908.jpg

 今の季節に咲く半夏という草(カラスピシャク)は、我が家の庭では雑草としてあちこちに生えてきています。漢方薬になるのだそうですが、それほど邪魔だとも思えず、抜くのも簡単なのですが、我が家ではどんどん駆除されています。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20370848.jpg

 このところ、未熟なモクレンの実がどんどん落ちてきています。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20410168.jpg

 秋になって熟すと、このふくらんだひとつひとつが大きくふくらんで中に赤い種ができてくるのですが、熟する前に落ちる実が非常にたくさんあるのは栄養の分散を阻止しようとしているのかもしれません。

 天気が回復したので玄関の中に退避させていた鉢を外に出しました。

 強い光がないと花をつけないハイビスカスだけではなく、樹木の鉢植えはこの季節にしっかりと光を浴びさせておかないと冬を越す「体力」がつかないような気がしていますが、その体力はどこに蓄えられるかというと、どうやら木の幹の根元ではないかと思えてきています。

 たとえば、これは沖縄出身のガジュマルです。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20520772.jpg

 この木の根元はすごいことになっています。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20524358.jpg

 どんどん太ってきて、分岐してきています。これが太くなってくると乾燥にも寒さにも強くなってくるような気がします。

 これは外には出していませんがパキラの根元です。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20561036.jpg

 これも年々太ってきていて、たくましい感じがします。この中に水が蓄えられて、乾燥に強くなり、冬の寒さにも強くなっている感じがします。

 こちらはオーストラリアから種でやってきたユーカリの根元です。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20575414.jpg

 最初は腫瘍のように見えて、病気かもしれないと心配していたのですが、これがどんどん太ってきたせいか、この冬は玄関の中で寒さに耐えて冬を越せたのではないかと感じています。乾燥にも強くなって来た気がします。

 これは冬を越えたウンベラータの根元です。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_20593910.jpg

 こちらはインドゴムの幹。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_21005779.jpg

 これは外で冬越ししたカツラの根元です。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_21012517.jpg

 こちらは石を割って生きているミズナラの根か幹か判別し難い部分です。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_21033821.jpg

 というわけで、木の命を守っているのは根元に近い幹のような気がして、ここをしっかり育てると何十年も生きる「盆栽」になってくれるのではないかと感じている今日このごろです。

 今日は昨日の「寒さ」を脱して、雨もふらず、風もそれほどでもなく、北海道の初夏らしい気温になりました。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_21063368.jpg

 日中は時折、太陽も出たりしていました。

雨は上がり、少し気温も戻り_c0025115_21063782.jpg

 こういう日が続いてくれるとうれしいのですが。










by STOCHINAI | 2023-07-02 21:08 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai