5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ほぼ真冬日が戻ってきた

 一昨日までの暖かさを思い出すこともできないくらいの寒い一日が戻ってきました。

 午前11時すぎに一瞬だけですがプラスになったようですが、久し振りの「ほぼ真冬日」です。

 夜の間に風の音で目が覚めるほどでしたが、雪も降っていました。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20314319.jpg

 風が強かったせいもあってか屋根の上などにはあまり雪は積もっていません。

 ウッドデッキの「積雪計」を見ると、だいたい5センチ位積もったようです。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20325144.jpg

 ところが、この後も降り続けていたために、午前9時ころまでには10センチまで積もりました。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20335025.jpg

 その後も間欠的に降ったり止んだりで、夜までにはさらに数センチ積もったようではありますが、大した量ではありません。

 札幌市の公式積雪深の変化グラフもだいたい同じで、今日一日で10センチくらいの新雪ということでは、中央区も東区も同じということでよさそうです。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20351969.jpg

 午後には日の出ている時間もけっこうありました。

 西日に当たったテーブルヤシのつぼみです。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20373289.jpg

 こちらは西日に透かして見たカシワバゴムノキの葉脈です。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20373821.jpg

 昼過ぎに札幌市の電子図書館から予約本が配本されてきました。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20392344.jpg

 写真のアルバムですが、エミューのひなを育てる日記です。

 ヒナの頃は、小さくて可愛いのですが、

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20410287.jpg

 ものすごい勢いで育ってきます。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20411630.jpg

 あっというまに飼い主を越える大きさにまで育ってしまいました。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20421630.jpg


 非常に良く慣れて、感情的交流も可能な雰囲気も感じられますが、感想としては「恐竜」を飼っているというような雰囲気が感じられました。

 デカいし、賢いので、存在感抜群ですが、人ひとりと同居するくらいの存在感があります。

 人生を賭けるくらいの気力がないと飼育(この場合は、完全に「同居」ですね)はとても無理だと思いますが、下手な人間と同居するよりはずっと可愛いという気持ちはよくわかりました。

 おもしろい本でした。

 さて、明日はもう雪は降らなさそうです。

ほぼ真冬日が戻ってきた_c0025115_20483782.jpg

 さらに明後日から2日ほどは、4月か5月かというくらいの高温になるようです。

 一気に雪がとけるのでしょうか。











by STOCHINAI | 2024-02-16 20:51 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai