5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

市民に愛されていない野球部

【注:このエントリーは更新時間が偽装されています】

 昨日は飲み会のために更新ができませんでした。かつて某飲み屋にたむろしていたメンバーが集まったのですが、その店がなくなってから何かと理由を付けては集まって飲んでいます。今回は「出版記念パーティ(汗)」を開いてやるからと言われては、不義理をするわけにもいきません。

 締めはカラオケでしたが、団塊の世代のしっぽに位置するメンバーが中心となると、どうしても懐メロ大会になってしまいます。でもまあ、たまにならいいかという楽しんで参りました。

 さて、その席でも何度か話題になったことのひとつが、駒大苫小牧高校の甲子園選抜大会辞退事件です。

 まあ、おおむねあちこちで聞かれていることと同じような意見の繰り返しが多かったのですが、現役の高校の先生もいたその席では、飲酒喫煙をする高校生などというものはどこにでもいるし、それが補導されることも日常茶飯事であるという認識は共有されていました。

 問題になるのは、基本的には高校生個人の「犯罪」である事例が高校野球全国大会代表の辞退へと発展してしまったことです。

 居酒屋で高校生が飲食することはそれほど珍しいことではないようで、提供側としてもお金を使ってくれるお客さんが高校生かどうかは、できれば目をつぶっていたいことであろうことは同情できます。今回は個室で宴会をしていた野球部を中心(14人中10人)としたメンバーが、飲酒・喫煙をしていることを隣室の客が電話で警察に通報したことで、補導されたと報道されていますが、通報した客は隣室でされている話から彼らの多くが駒大苫小牧高校野球部であると認識した上で電話をかけたようです。

 昨年夏の甲子園大会優勝の後で発覚した暴力事件の際に、優勝を辞退するかどうかという話になったことは北海道の人間ならほとんどが知っていることです。ましてや、地元苫小牧の人ならもっと知っている人が多いはずです。電話をかけた人は、おそらくその件が表沙汰になれば甲子園出場辞退問題に発展することは想像できたと思います。あるいは、もっと積極的に駒大苫小牧高校の出場を阻止してやろうとすら思っていたのかもしれません。

 北海道民の多くや、苫小牧市民のほとんどの人が駒大苫小牧の甲子園での活躍を応援していることは間違いないと思います。しかし、たとえ一握りであったとしてもその中にはアンチ駒大苫小牧の考えを持っている人もいるはずです。特に、実際に野球部の生徒と接触する機会のある苫小牧の人々の中には、報道で見聞きするだけの我々とは違った感情を持っている人がいることも十分想像されます。

 今回の事件の発端になる通報をした「市民」の方は、隣の高校生が駒大苫小牧高校の野球部でなかったとしても警察に電話をかけたでしょうか。

 駒大苫小牧高校の野球部が「本当に」市民に愛される存在だったとしたら、甲子園出場辞退に展開することが予想される警察へ通報する市民の数は少ないはずです。飲み屋の経営者も、あらかじめ飲酒や喫煙をたしなめるという行動をとったかもしれません。

 高校の野球部を愛するということは、甘やかしたりするということではなく、彼らが甲子園で活躍できるように(時には厳しく)見守り育てるということだと思います。今回の事件を見聞きして、駒大苫小牧高校(野球部)というものが、実は苫小牧市民にはそれほど愛されていなかったのではないか、そんなことを考えてしまいました。
Commented by rabbitfootmh at 2006-03-05 22:21
TBさせていただきました。
高校野球を「すっきり」と続けるには、多少の不祥事は、マスコミに目を瞑っていてもらうしかなさそうですね(^^;
Commented by toto at 2006-03-06 02:09 x
>多少の不祥事は、マスコミに目を瞑っていてもらうしかなさそうですね

そ、それは全然違うというか、逆なのでは?「きちんとたしなめる」ことが周りの大人に求められているのでは
Commented at 2006-03-06 21:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stochinai at 2006-03-06 22:13
 totoさん、コメントありがとうございました。もちろん、totoさんのおっしゃるとおりだと私も思うのですが、rabbitfootmhさんのコメントの真意も実はtotoさんと同じなのだと思います。「高校野球を『すっきり』と続けるには」というカッコ付き「すっきり」に、(ちょっとわかりにくかったものの)その謎解きがあると思います。とりあえず、二条河原落書からのトラックバックをお読みいただければ、そこのところはご理解いただけることと思います。
 お二方とも、ありがとうございました。
by stochinai | 2006-03-04 23:44 | 札幌・北海道 | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai