5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

Wikipediaの実力

 ちょっと前にNatureが Encyclopedia Britannica と比べて Wikipedia が決して劣ってはいないというような記事を書いて、Britannica がNatureに抗議をしたというようなニュースが報道されていました。

 Natureは05年12月15日号の記事で、科学分野の42項目について、正確性を調べたところ「両者とも重大な誤りが4件見つかったが、小さな誤りや漏れ、誤解を招く表現は、ブリタニカが123件、ウィキペディアが162件で、大差はない」と伝えていたのが、Britannicaの気持ちを逆なでしたと思われます。

 少なくとも記事数で見る限り、ブリタニカの市販版は10万項目ですが、英語版の Wikipedia は3月1日現在で998,224という項目数に達しています。日本語でもすでに186,964ありました。4月11日のニュースでは「Wikipedia日本語版、20万項目を突破」と報じられています。英語版はすでに100万項目を越えています。

 項目数ではもはや比較にならない状況にあります。ライターをはじめとして、いろいろな人の話を聞いてみても、取材はまずWikiから開始するという人がたくさんいるようです。

 どんなに権威があるとしても、たった10万項目しかない事典と、多少のリスクは覚悟したとしても100万項目があるもののパワーはちょっと考えても比較になりません。しかも、ご覧になればわかりますが、多くのWikiの項目はかなりのボリュームがあるのです。

 もう事典はいらない時代になってきたのだなあなどと思いながら日々を過ごしておりましたところ、今朝卒業生からメールが届いていました。

 1年前に博士号をとって卒業したY野君からです。
なんとなく自分の論文について検索してみたら、英語のWikipediaが引っかかってビックリしました。Telencephalonという項目の一番下のCell regenerationに載っています。

 そもそもTelencephalon(終脳)などというものが独立した項目になっているというのが、マニアックです。日本語のWikiだと「終脳」は「脳」という項目の一部に過ぎないのですが、さすがに100万項目の事典は違います。

 そして、そこにY野君が中心になって研究した、アフリカツメガエルで行った終脳の再生についての論文が、かなりのスペースを割いて解説されているのです。しっかりと大学の名前までもクレジットされています。(北大広報課の方、見てますか。^^)
In a study of the telencephalon conducted in Hokkaido University on African clawed frogs (xenopus laevis), it was discovered that, during larval stages, the telencephalon was able to regenerate around half of the anterior portion (otherwise known as partially truncated), after a reconstruction of a would-be accident, or malformation of features.
(今、気がついたのですがIEは、ここの英語部分でもワードラップしてくれませんね。Firefox, Sleipnir, Operaはすべてがワードラップします。さらに、後で気が付いたのですが、スキンが変わるとIEでもワードラップする場合があります。なんとも難しいものです。)

 もちろん、どこのどなたが書いてくれたのかわかりませんが、素直にうれしいと思いました。内容に関してはも、我々が手を入れることができるというのもありがたいところで、近いうちに実験をやった当人でもあり、論文の筆頭著者でもあるY野君が自ら改訂してくれるのではないでしょうか。

 また、あり得ない話とは思いますが、これがもしもBritannicaだったら、確かに名前入りで掲載されることはこの上もない名誉ではありますが、もしも間違いを発見したとしてもそれを訂正することは簡単ではないでしょう。

 というわけで、多少の不正確さという犠牲があったとしても、大量(事実所無限)の項目を速やかに載せられること、もしも間違いがあったとしても速やかに訂正が可能であること、などを考えると事典というものはもはや、Britannicaのような権威によるものではなくて、Wikipediaのようなフットワークの良いものが事典の世界を席巻していくことは間違いないと実感させられるエピソードでした。
Commented by Juny at 2006-04-17 23:45 x
ここで登場しているY野本人です。ブログに載るとは思いませんでした…。

Wikipediaは仕事でもよく利用しています。以前はGoogleで検索して物事を調べていましたが、最近はWikipediaも充実してきて、特許の明細書を書く上でもかなり重宝しております。Wikipediaを利用している人が、どんどん加筆修正していく好循環がどんどん生まれていきそうな気がします。

そんな私が何か書き込めるものはないかと考えると、やはり「アフリカツメガエル」になります。そこでちょっと調べてみたところ、項目「アフリカツメガエル」のノート(議論のページ)では、私と先生で作成したページが取り上げられています。こうなると逆に書き込みにくい…。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%84%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB
Commented by sugita at 2006-04-18 10:48 x
HUSCAPの中の人です。
日本版wikipediaの文献紹介で北大の先生の文献が取り上げられていて、HUSCAPへリンクする形で原文にすぐあたれるようになっている例がありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E7%94%9F%E5%BE%92

Dev Growth Differ.(Blackwell)は刊行後12ヶ月で著者による原稿公開がOKになります。原稿残ってましたらぜひHUSCAPに掲載させてくださいませ:)
Commented by stochinai at 2006-04-18 14:00
 DGDのポリシーは初めて知りました。そういう情報はHUSCAPページのどこかに載っているでしょうか。ないようでしたら、是非ともそれを知ることのできるページを作っていただきたいと思います。自分の論文を載せられるのかどうかが、あらかじめわからないので躊躇している人もたくさんいると思います。
Commented by ぢゅにあ at 2006-04-18 21:30 x
知床関係の翻訳で検索をかけていたときにwikipediaにヒットし、記述を訂正したことがあります。全然たいしたことない訂正だったと思いますが、私なんかでも参加できるんですからほんとすごいです。
Commented by stochinai at 2006-04-18 22:55
 私はまだ書き込みに参加したことはないのですが、いちおう個人情報の登録のようなことはやるんですよね。
 それにしても、これだけ信じ合うシステムというのがあるというのがすごいと思います。お金がからまないからなのかもしれませんね。
 今度、機会があったらトライしてみます。
by stochinai | 2006-04-17 21:58 | コンピューター・ネット | Comments(5)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai