5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

札幌サイエンス観光マップ第1期終了

 CoSTEPでウェブ実習を担当されているIさんから、「本日のKさんの記事掲載を持ちまして、『さっぽろサイエンス観光マップ』のCoSTEP一期生の記事執筆がすべて終了しました。次回からは二期生の記事が登場します」とのメールを受け取りました。

 私もこのプロジェクトではいちおうアドバイザリースタッフという名前を頂戴しており、ウェブ記事を作る途中の段階でのコメンテーターとして、微力ながらお手伝いをさせていただいてきました。

 CoSTEP2期生の授業も始まってもうすぐ2ヶ月になり、水面下では2期生のウェブ作成も始まっているのですが、この1期生ウェブチームの「実習」は淡々と続いてきているので、修了生たちはボランティアとしてこのままずっとウェブ制作に携わるのかなとも思っていました。

 しかし、やはりそうではなく、本日投稿された「自然の中の数式フラクタル~前田森林公園~」という記事をもって、1期生のプロジェクトは終了ということになったようです。

 思い返せば、CoSTEP1期生は昨年の秋から授業を始めて約半年で、1年分のコースをこなすというハードなスケジュールの下、ウェブチームの実習もなかなかハードに追い回されていたようです。

 このウェブサイトが公式に公開されたのが、昨年の12月21日ですから、ようやく半年しかたっていないのですが、最初のうちは、写真のアップロードの仕方もわからないメンバーもいる中、たった5人のメンバーで50の記事を書き上げたということですから、それは本当にお疲れさまの仕事だったと思います。

 しかも、ウェブで公開しただけではなく、この4月からは北海道新聞のコラム「散歩でサイエンス」というコラムで、ウェブの記事を組み直した連載も始まり、社会的にも大きな評価を得たことは自慢しても良いことでしょう。また、こちらは内輪の話ですが、CoSTEPが発信しているコミュニティFMラジオ番組「かがく探検隊コーステップ」でも、「教えてサイエンス観光マップ」というコーナーでマップの紹介をしていますので、多角的発信という意味でも成功したプロジェクトです。

 さて、サイエンス観光マップと銘打っていますので、単なる札幌観光マップではなく、それぞれの見所の背景にあるサイエンスを読み解くという切り口がCoSTEPらしい仕掛けだったと思います。それも単に「科学的」な説明をするのではなく、日常会話の中で取り上げられるような易しい言葉で語られる「お話し」は、読み手の科学的知識のレベルを問わない、まさに科学技術コミュニケーターの仕事になっていると思います。

 いちおう生物、地学、物理、化学、数学、機械、電子、後日談というカテゴリー分けがされていますが、特に理科の分野を強く意識しているというものでもありません。ただ記事の分野は作者の得意分野が反映されているせいか、生物が16なのに大して、地学が8、物理が7(ひとつは機械と重複)、化学が5(ひとつは機械と重複)、数学が3、機械が6(うち2つが物理、化学と重複)、電子が4となってしまいました。

 まあ、生物ネタはたくさんありますし、書きやすく受けも良いという傾向があるのかもしれませんが、2期生には「苦手」なテーマにも果敢に挑んでもらいたいと思います。

 申し遅れましたが、この企画の大きな特徴のひとつが、地図ソフトとの連携です。連載が始まった後からも、地図ソフトはどんどんと進化を続けているようで、衛星写真で見たり、実際の地図でアクセスを確認したりと、使い方によってはさらに発展の可能性を感じさせる試みになっていることも見逃せません。このあたりは、指導されたIさんのアイディアの勝利ですね。

 この地図ソフトとの連携に関しては、日本国内だけではなく国外(カナダ?)でも同じような企画でウェブサイトを立ち上げる動きがあるとも聞いています。世界中で作られたマップが連携し始めると、これまたすごいことになる可能性もありそうです。

 いろいろと書きましたが、ただ単に写真と文章と地図を見ているだけでも楽しいウェブサイトですし、一味違った札幌観光をしたいという方には一押しのガイドマップと言えるでしょう。

 たった5名の実習生にとっては大変な半年だったとは思いますが、ウェブ作成の総合的スキルが身に付いたことは間違いありませんので、非常に有益な実習だったと思います。2期生のウェブチームはメンバーが倍以上の11名となりましたのが、先輩達が築き上げたサイトをより発展させるという重い責任を背負っていますので、最初はなかなか大変かもしれません。いよいよ、2期生の記事が出てくるのを楽しみにしながらも厳しく見守って行きたいと思います。

 2期生の実習でも、私はアドバイザリースタッフとしてお手伝いさせていただきます。

 このウェブチームに関しては、個人的に残念なことがありまして、今までに2回も懇親の宴会に誘われたのですが、いずれも他の会とぶつかってしまって参加できなかったのです。というわけで、ウェブチームのほとんどの人とはインターネット上でのバーチャルなおつきあいしかしておりません。それでも、なんだか「仲間意識」のようなものを感じられるのは、ウェブの持つ新しい可能性というものでしょうか。

 1期生のみなさん、お疲れさまでした。2期生のみなさん、これから一緒にがんばりましょう。
Commented by Namba at 2006-06-23 00:05 x
ほんとに、ほんとに、一期生のみなさん、お疲れさまでした。今後にも続くCoSTEPウェブ作品の礎を築いてくださって。一期生の仕事があまりにもエクセレントなので、二期生にはプレッシャーかもしれません。しかし、2期生もまた個性を発揮していってくれると期待がふくらみます。
この実習を、ライティング担当教員として見ていて、すばらしい実習だったと思います。ライティング教育の中で、受講生が苦手とし、こちらはどのように教えればよいか悩んだ、「ストーリーを作る」という課題、ウェブの人たちはめきめき腕をあげました。途中から私は安心して傍観しておりました。今年度のWebにもコメントなどで、まだまだ関わっていってください。
Commented by gi at 2006-06-23 22:56 x
担当教員です。北海道新聞のコラム、隔週土曜日掲載で、ちょうど明日が第六回目の掲載日になります。こちらの方はもうしばらく一期生のみなさんが腕を振るいます。ご期待ください。
Commented by gi at 2006-07-01 02:01 x
お待たせしました!本日二期生の記念すべき第一作が公開されました。
http://d.hatena.ne.jp/costep_webteam/20060630
by stochinai | 2006-06-22 21:43 | CoSTEP | Comments(3)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai