5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

大学院入試

 昨日と今日は大学院博士前期(いわゆる修士)課程と、博士後期課程(いわゆる博士)課程の大学院入学試験がありました。新しい組織になっての始めての大学院入試です。

 競争倍率からみるとあまり激戦ではないように見えますが、個々の受験生にとってみたら、合格するか不合格になるか二つに一つの結果で示されるストレスフルなステップです。

 合格発表までは1週間ありますが、発表が終わったら、それまではなかなか本気になって取り組めなかった卒業研究に本格的に取り組み、来春2月の発表会へ向けて追い込みをかけていかなければなりません。

 もしも、運良く大学院修士課程に合格したとしても、修士を卒業して就職することを考えているならば、修士1年生は今年中(数年前までは12月頃からでしたが、最近ははやいところは9月頃から)に始まる就職活動を開始しなければなりません。

 つまり、4年生の卒業研究が4月から始まったとしても、どうしてもこの8月の大学院入試へ向けての勉強がありますので、それほど研究に集中できません。また、9月から卒業研究を開始して、そのテーマを修士課程にまで持ち上げるとしても、来年の9月には就職活動が始まります。運良く、その翌春までに就職が決まれば良いですが、下手をすると夏を過ぎて秋まで就職活動が続きます。

 さらに運良く、そこで就職できたとしても、たった2年しかない修士課程に1年のブランクが空いてしまいます。つまり、修士の研究は正味1年なのです。卒業研究から継続したとしても、修士論文までの研究期間は1年半です。大学院入試や就職活動がなければ3年間ある研究期間のはずですが、正味はその半分の1年半しかないという現実をどう考えたらよいでしょう。

 大学院入試勉強も就職活動も重要なことですので、そのために研究ができなくなったとしても、優先順位を変えるわけにはいきません。つまり、修士の研究期間というのは4年から継続した人でも1年半、修士から新しい研究室に入った人にとっては1年しかないことを前提にしなければならないのです。

 素人に毛の生えた学生が、たった1年か1年半研究に費やしても得られる成果などたかがしれています。そうであるならば、修士の2年間あるいは卒業研究からの3年間、実りの少ない研究活動にすべてを捧げるよりは、より効率よく自分を育てる様々な活動に宛てたほうが長い人生にとって資することが多いかもしれません。

 修士の研究あるいは修士の教育について、研究中心から教育中心へとシフトさせることを本気で考えるべきだと感じます。内実をできるだけ温存するような制度いじりはそろそろやめて、大学院教育の内容の根本的変革が必要ではないでしょうか。
Commented by motokado at 2006-08-25 01:33 x
現在修士課程に身を置く者としては、非常に胸が痛い記事です。
2年間あるはずの研究期間ですが、実際に始まってみるとあまりの時間の無さに驚いているのが本音です。
大した成果を挙げることはできないかもしれませんが、研究一辺の世界の片隅に身を置いていることは今後の進路に役に立つのではないかと思っています。
あくまで、現役学生の希望も含んだ感想ですが。。。
Commented at 2006-08-25 05:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stochinai at 2006-08-25 22:11
 motokadoさん、コメントありがとうございました。
 そもそも、2年間で何か成果を出せというほうが無理難題なのですから、結果ではなくその2年間で自分がどう変われたか(成長できたか)ということこそが大事なのだと思います。そういう意味で、修士を終わったときに「自分を見て下さい」と、胸を張って言える2年間にしてください。
 一所懸命に取り組んでいれば、決して無駄な2年間などにはなりません。
Commented by かたぎ at 2006-08-26 21:01 x
> 修士の研究あるいは修士の教育について、研究中心から教育中心へとシフトさせることを本気で考えるべきだと感じます。

非常に現実的なコメントであると、関心いたしました。アメリカのように、修士課程は就職活動に特化して、コースワークと企業インターンシップなどを充実するべきだと思います。修士の大学院入試も学部の成績を重視して、ジェネラリストとして企業に学生を売り込んだ方が良いと思います。博士課程は研究に特化した5年一貫として、修士とは別にした方が良いと思います。その方が学生と研究室の「ミスマッチ」も減るでしょう。
Commented by ハニーm at 2006-08-27 01:43 x
場外から失礼致します。村上陽一郎国際基督教大学教授が、8/24
日経朝刊『経済教室』で「研究に関し二つのタイプ」を挙げられ、
「…科学・技術に関する『教育』の根本的修正こそ最大の課題…」
と興味深い論評、提言なさっています。
院生の短い研究期間は、学生生活の蓄積が土台になりますね。
環境教育学会8/18では、会場から「大学の低学力化」に伴い、
中・高の総合学習が危機的、風前の灯という意見がでました。
持続する悪循環型社会に陥りませんように…
Commented by K_Tachibana at 2006-08-27 11:21 x
ハニーmさん
私も日経読者ですので,村上陽一郎さんの記事は読みました.
彼の言っている「…科学・技術に関する『教育』の根本的修正こそ最大の課題…」というのは,科研費をはじめとする,自由な発想にもとづく研究(Bタイプ)と政策課題対応型研究(Aタイプ)とに分けて,Bタイプに特段の支援を行うべき,さらにそのための説明責任として科学コミュニケーションが重要と書いているように読み取れました.
修士・博士の教育を分けるというのとは別の話のようです.

彼の論考でははっきりと書いてありませんが,科学リテラシーを高める「社会全体の教育」の再修正が最大の課題であると読み取れます.このあたりは,たとえばお茶大のLWWCが目指そうとしている目標と合致するものです(その割には知名度が高くありませんが).
Commented by K_Tachibana at 2006-08-27 11:21 x
かたぎさんの意見は非常に重要だと思います.
一部で「教育大学」と「研究大学」とに分けるべきという意見を聞いた記憶がありますが,ひとつの大学をどちらかに分けるという以外に,大学の中で高度職業人をめざす「教育大学」的な修士課程と,研究に特化した「研究大学」的な博士課程を明確に分けるのは非常に現実的な落としどころだと思います.
どういう選択をとるのがよいかは,法人化した各大学がそれぞれ考えればいいことです.
Commented by stochinai at 2006-08-27 19:00
 みなさん、貴重な議論をありがとうございます。文科省や大学でそれなりの力を持っている方にもこうした意見を読んでいただき、政策に反映されることを願いたいところですが、相変わらず身近の耳あたりの良い意見ばかりを聞いているんでしょうかね。我々が意見を届ける努力をするのはもちろんですが、向こうに意見を収集しようという意志がないのなら、この国の未来に希望は持てそうもないですね。
by stochinai | 2006-08-24 23:56 | 大学・高等教育 | Comments(8)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai