5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

技術屋 vs 科学者

 今回の実験では、いちおう主役というか研究対象はアフリカツメガエルのオタマジャクシなのですが、それが入っているのは小型ジェット機の中の、制御機器が詰め込まれたのラックの中にある、小さな2個の水槽です。1回のフライトで実験される60匹のオタマジャクシは、ハイテク機器の中でひとつの部品のような存在にすぎません。

 つまり、今回の実験を支えているのはハイテク機器と、それを作り、整備し、操作するたくさんのエンジニア達ということになります。我々生物学者の仕事は、さまざまに条件付けをしたオタマジャクシを健康な状態で搭乗させるところと、上空でのオタマジャクシの行動を記録したビデオの解析だけです。

 私は、こういうようなビッグプロジェクトの経験はあまりないのですが、普段おつきあいすることの少ない、工学系の方々、整備関係の方々、パイロットの方々などと一緒に仕事をしていると、いろいろな発見があって、とても良い経験をさせていただいていると思います。

 とりわけ、ジェット機の整備の様子を、場合によってはエンジニアの方に説明を受けながら、見学することができたのは、非常に勉強になっています。車輪の格納のされ方とか、ジェット機のあちこちに突き出したり、穴があいているものが何をしているのか、どういう原理なのかなどに始まり、機体の先頭にパックされている信じられないくらいたくさんの機器などを、見せて頂くだけではなく、動作原理を教わったり、そればかりではなく、それを魔術師のように整備しているエンジニアの方々の動きを見ているだけで、感動してしまいます。

 エンジニアって、かっこいいと思うだけではなく、これだけ一所懸命整備している様子を見ていると、飛行機に対する信頼性が限りなく高まるものです。

 そして、何よりもかっこいいのは、やはりパイロットの方々でした。今回は、今のところ3人のパイロットの方にお世話になっているのですが、皆さん非常に良い方ばかりで、人間的な大きさを感じさせてくれる雰囲気を持っておられます。また、その一方で、とても気さくな面も持ち合わせており、我々と冗談を言い合いながら「ここは、どういうふうに飛びましょうか」などと、まるでタクシーに乗る時のように、飛び方についてもこちらの要望を聞いてくれたりしますと、不思議な気分になるものです。

 そうした、いわば生身の「ただの人間」として我々と話していたパイロットが、飛行前にはかなり真剣に、機体のあちこちをチェックするあたりから、緊張感が高まってきます。そして、いったんコックピットにはいって、操縦桿を握ると我々が映像でしかしらない「あのパイロット」そのものになってしまうという変身ぶりも、ほんとうにカッコいいものです。

 いろいろなカルチャーギャップを楽しみながらも、実験というものはなかなか予想どおりの結果が得られるものではない現実に悩んだりもしております。

 土曜・日曜は飛行機が飛びませんので、動物たちの管理をしながら、少しリラックスしようと思っています。

(この、エントリーは21日に書きました。)
Commented by ぜのぱす at 2006-10-21 22:01 x
実際にひとも乗るんですね。怖いも見たさ(経験したさ)で乗ってみたいような気もしますが。
素人考えでは、20秒間で有為差を出すのは難しそうな気がしますが・・
最初に酸欠状態にしておくとか?
Commented by stochinai at 2006-10-22 00:03
 人が乗って操作する実験システムです。一回のフライトで15回のパラボリックフライトをするのですが、7回目くらいからはかなりつらくなるということです。乗ってきた人は、口を揃えて「疲れた」を連発しています。
 予め窒素ガスを吹き込むことで、水中溶存酸素量は下げてあります。地上実験では酸素の取り込み行動の頻度が2倍以上になるようにしてあるのですが、上空ではなかなかそこまで上がってくれないのがつらいところです。
by stochinai | 2006-10-20 23:59 | 科学一般 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai