5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

根本原理に対する違反でも罰金で済むのでしょうか

 日本が民主主義国家であるとして考えてみます。これが否定されると、ここで終わりなのですが、おそらく憲法や法律でそれは確認できるはずです。

 私の単純な理解では、民主主義とは民意によって政治が行われる体制です。国政に民意を反映させるためのもっとも大切なステップは国政選挙です。

 国政選挙によって選ばれた国会議員は、罷免されるまでは民意の代表として国会で様々な活動を行います。国会議員によって、国政の長としての総理大臣が選ばれます。間接的ではありますが、それは民意によって選ばれたとみなすことができます。総理大臣が内閣を組織して国政を運営していきます。もちろん、国会議員がその監視をしますが、内閣によって行われる政治は民意を反映しているものとみなすことができます。

 国政選挙から時間がたってきたり、選挙の時には争点にならなかった問題がでてきたりすると、内閣が行っている政治が民意に添っているかどうかが、だんだんと怪しくなってきます。

 本来ならば、そういう時にはまた国政選挙を行えば良いのですが、お金と時間がかかりますので、そうそう何回も選挙はできません。

 そういう時に、内閣はさまざまな手段を用いて民意を探る努力をし、民意に添うような政治を行います。民意に反した政治を行った場合には、不信任を受けて内閣総辞職か、衆議院解散総選挙などを行って民意を再確認しなければなりません。

 タウンミーティングというものは、小泉内閣が民意を探るために採用した公式のプロジェクトです。自民党が自腹を切って民意を探ったというようなものではなく、税金と官僚を投入して行った行政行為です。

 民意という民主主義の根幹にあるものを、公式の行事をおこなって探り、民意が今こうなっていますということで小泉内閣が延命して、次の安倍内閣へとバトンタッチされています。

 その根幹の民意を探るプロジェクトが、偽装だったということが発覚しました。つまり、民意ではないものを民意であるとして我々国民をだましたということです。今の内閣総理大臣になっている人が官房長官だった時にも、政府ぐるみの「やらせ偽装タウンミーティング」が行われていました。本人もそれを認めていますから、それは事実です。

 日本の政治体制のもっとも根幹にあるルールを踏みにじった当の本人が、現職の総理大臣におさまっており、責任を取ると言って給料のほんの一部を返納するようですが、どう考えても納得できません。彼にとっては、100万円ほどのお金はそれほどのペナルティにもならないことでしょう。罰にならないと思います。

 競馬やオリンピックで薬物使用が発覚したら、賞やメダルが剥奪されます。さまざまな賞においても、審査員を買収したことが発覚したら、罰金ですむとは考えられません。それぞれの世界から、永久追放ということになる可能性が高いと思います。

 なんで、政治の場合だけそうならないのでしょうか。

 どう考えても、内閣総辞職・総選挙しかないと思うのですが、そういう声が大きくならないということは、日本は民主主義国家であることを放棄したということになると思います。

 戦争の放棄を放棄して、代わりに民主主義を放棄することにしたのでしょうか。
Commented by ゆう at 2006-12-14 21:52 x
はじめまして。いつも勉強させていただいております。
TMというのは、私の理解では根幹にあるルールというよりもサブツールだと思います。
あくまでも根幹にある制度は、選挙でしょう。
選挙だけではわからない民意を探るための補完的なツールとしてTMやら審議会やらがあるのだと思います。
ただ、選挙ほどに政治家を直接しばる制度はありません。
もしTMなどでズルをしたのなら、次の選挙で選ばなければよいわけですから。
そう考えると、民主主義は、政治家だけでなく有権者の良識も常に試されている政治体制だともいえます。
オラが村の先生だ、今の先生じゃないとお金を持ってきてくれない等々という理由だけで、ズルをした政治家でも盲目的に選んでしまう市民には向かない制度なのかもしれません。
なぜ政治家は、TMでズルをしなければならなかったのでしょう。
市民としての義務感をもった「民度」の高い有権者が多くおり、いつもTMが満員御礼で議論が尽きない状態であったなら彼らは本当にズルをしたでしょうか。
ズルをした政治家を選んだのは自分たち有権者なのだという自己批判が常に必要なのではないでしょうか。
Commented by kaerunokosodate at 2006-12-15 04:21
日本の民主主義について考えさせられます。また、日本国民の権利と義務を。外国に住んで、選挙権という国民の権利であり義務の重要さを感じます。ゆうさんと同様、今の政府を選んだ責任は、国民にもある、と言う国民一人一人の自覚が失われているのではないでしょうか。言い過ぎかもしれませんが、有権者としての責任を放棄しているのと同様に、ばれなければ構わないと言う感じで、いろいろなことに対して責任を放棄している大人が多すぎるのではないでしょうか。
そんな大人を見ている、今の子供達を思うと、将来が不安になります。
Commented by TrickStar at 2006-12-15 10:56 x
いつも楽しく(?)拝読させていただいています。
教育基本法改[正]反対で数千人規模のデモが国会裏で昨日も行われていたようです。これも民意だと思うのですが、新聞などでは報道されていないようですね。
エントリーと直接関係ないコメントで申し訳ございませんが、時事ネタということでご勘弁下さい。
Commented by TrickStar at 2006-12-15 11:02 x
失礼しました。報道されていました。
Commented by 片木 at 2006-12-15 17:01 x
民主主義、難しいテーマですが、ひとこと。

政治家が、民意に沿う政治をする保障はありません。政治家は、それぞれが自身の政治信念をもち、理想とする世界を持っています。反対に、そういう理想を持たず、ただいたずらに民衆に迎合する政治家では困ります。

TMの不正が日本国の将来にとってどれだけの不利益をもたらすのか、それとも、自民党の政策、安部総理の政策が国民の将来にどれだけの利益をもたらすのか、今すぐに判断するのは早計かもしれません。

それから、スポーツ競技と政治を同列に議論するのはおかしいです。メダリストは自己の為に働いていますが、政治家は国民の為に働いています。
Commented by alchemist at 2006-12-15 17:54 x
ここの文意はスポーツにおけるフェアプレイの精神、政治家においてのクリーンハンドの原則は精神として似ているし、どちらも踏み外してはならないものだ、という意味ではないでしょうか。とするならば、スポーツと政治を同列に論じているという論点はやや外れているように見えます。
Commented by miw at 2006-12-15 18:00 x
こんにちは。

教育基本法改[正]反対で数千人規模のデモが国会裏で昨日も行われていて、それ以外の国民はなにもしないのも民意でしょう。

僕は改正に賛成ですし
Commented by もも at 2006-12-15 18:38 x
この問題、解散して国民に信を問いませんか。郵政民営化で解散総選挙したのですから、「教育基本法」という国民の根幹に関わることは、なおさら国民に直接、問うべき。
はっきり賛否をさせましょうよ。昨日今日で決着することじゃないでしょう。
と、ゴマメの歯軋りです。
Commented by 片木 at 2006-12-15 19:30 x
「政治家のクリーンハンドの原則」っていうのは何なのでしょうか?文字通り、政治家は潔癖でなければならない、ということでしょうか。
Commented by stochinai at 2006-12-15 20:52
 民主主義というのは約束事の上に成り立っている制度ですから、そのルールを破った時点で、政治家としてはアウト、退場願いたいというのが私が言いたかったことです。

 改正教育基本法が成立したようです。いろいろな意見がありますが、法律が変わってしまったということは、我々の生活が変わるということだと覚悟しなければなりません。国民のひとりとして、成立した法律を守る義務があります。基本法が直接我々をしばるということはないでしょうが、その基本法を実現するためにこれから続々と法律が作られることでしょう。

 たとえいろいろとズルをしたとしても、「民主的手続き」を経て法律ができたのですから、この国がそれを受け入れる状況にあるということを認めざるを得ません。

 これで、次の参院選で政府与党が勝利したりすると、彼らはフリーハンドで日本を動かす権利を手にするということになるでしょう。

 そうなって欲しくはないと思いますが、そうなる不安も感じます。
Commented by alchemist at 2006-12-17 14:59 x
民主主義世界における政治家(およびその実行機関としての官庁)が要求されるクリーンハンドは民主主義体制の主権者に対して主権者が正しい判断をできるように正しい情報を提供し続けること(政治家やその実行機関にとって都合の良いように歪めた情報を流したりしないこと)だと考えていますが、違うでしょうか?
by stochinai | 2006-12-14 18:23 | つぶやき | Comments(11)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai