5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

村上龍がビデオマガジン開始

 今日届いた村上龍のJMMメールマガジンによると、ネットによるビデオ配信の可能性を探るべくビデオレポート・マガジンRVR(Ryu's Video Report)が始まるそうです。

 特に新しい手法を使うわけではなく、メールマガジンで案内を出してビデオの閲覧はインターネットでしてもらうということのようです。

 JMMのメールマガジンは中味が濃いのですが、濃すぎて全部読むのはなかなかしんどいものがありました。同じくらいの濃さのものを映像で流しながら見聞きできるというのは、とてもありがたいことです。

 すでに、村上龍による案内のほかに、「ジーコジャパンとは一体何だったのか?村上龍と3人の指揮者が振り返る(全編)」「韓国映画イム・チャンサン監督」「中田英寿引退を語る」という3本のビデオがアップされています。

 こういうものが無料で配信されるようになると、テレビ局もうかうかしていられなくなると思います。

 2006年の年末あるいは2007年の年始を飾る、グッドニュースですね。
Commented by sue at 2006-12-29 01:58 x
同じくJMMの愛読者(ただし、時間があるときだけ)の一人としては嬉しいニュースです。

JMMは最新号しかweb上で読めないというある種の制約がありますが、メルマガに登録してメールで受け取ってしまえばいつでも読めるわけですよね(タイムシフト購読?)。RVRはどうするのか、その辺も気になります。

確かにテレビは今後、工夫しないと生き残れないのでしょうね…。個人的には、もっといつでも見られるようにしてほしいなと思ってます。
by stochinai | 2006-12-28 22:22 | コンピューター・ネット | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai