5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

真夜中の緊急記者会見の真相

 10日前のエントリー「真夜中の緊急記者会見とタミフル関係官僚の天下り」で私が推測していた、「つまり、厚生省には10代の患者にはタミフルが黒であるという証拠のデータがある、ということではないか」については、一昨日似たようなニュースが出てきました。

 東京新聞によると、「横浜市小児科医会(水野恭一会長)は二十九日、市内でインフルエンザウイルスに感染した男子中学生(14)が治療薬「タミフル」を服用していないにもかかわらず、自宅屋根に上り転落するといった異常行動を示す事例があったと発表した」そうですが、これは厚労省発表よりも後に発覚したことのようなので、どうやら私の仮説は違っていたようです。

 ところが、今朝になって「レゾンデートルのサイドボード」を見ると、「タミフルの厚労省班研究費、足りないので、不足分はこれがなんと当のメーカーから資金が出ていたそうです」と書かれています。どうやら、真夜中の記者会見の背景はこれだったのかもしれません。

 元記事は、毎日新聞のサイトに出ています。

タミフル:調査対象企業から資金流用 厚労省が黙認

 インフルエンザ治療薬「タミフル」の副作用を調査している厚生労働省研究班の06年度予算1027万円(30日現在)のうち、627万円は輸入販売元の中外製薬が研究班員の所属機関に寄付した資金だったことが分かった。厚労省が30日、発表した。中立性が求められる副作用調査に、調査対象企業からの資金を使っていたことになるが、研究班から事前に相談を受けた厚労省の担当部局も黙認していた。調査の中立性を根幹から揺るがし、同省の姿勢にも批判が高まりそうだ。

 おそらく、これが理由だと思われます。また次に出た記事によると、研究班のメンバーは中外製薬から寄付金をもらっていたということは、「厚労省に報告し、承認を得て進めていた」のだそうで、彼らにしてみれば「研究班から突然外されたことに不信感を募らせ」ているとのことです。

 研究班の記者会見
 一方、研究班の横田俊平・横浜市立大教授と藤田利治・統計数理研究所教授も記者会見。冒頭、「一企業からの寄付金は好ましくなく、重要な調査に無用な誤解を与えた。責任を痛感しており、遺憾に思う」と謝罪したが、「厚労省が研究の必要性を認めながら、費用を調達できなかったことが原因で、研究班を辞めなければいけない理由はない」と話し、同省の対応を厳しく批判した。
 中外製薬の記者会見
 さらに中外製薬も会見し、藤田晴隆専務らによると、同社は今回の寄付について厚労省に相談したという。その際、同省安全対策課は「研究費拠出を所轄しているのはうち(安全対策課)である。所轄部門に伝えたということになるのではないでしょうか」と反対しなかったため、了解を得たと理解したという。
 というわけですから、厚労省の中に「真犯人」がいることは間違いなく、それが真夜中の記者会見の原因になったのでありましょう。さて、犯人までもが「自首」してくるでしょうか。
Commented by さなえ at 2007-03-31 14:31 x
もちろん、その後は、私が「事実を隠さず出すように」と指示したからですという広告につながっていくのです。
Commented by black at 2007-03-31 15:44 x
トラックバックどうもありがとうございます。で、五号館さんが真夜中になぜ?と指摘していたのは、これだと思います。指摘しているように真犯人あるいは重大責任者が居るんでしょう。いずれこれは明らかになるだろうから、今のうちに公表と動いたのでしょう。あるいはスクープされる前に自白でしょうか。どたばたのあげく、重大責任があると悟って慌てて夜中の告白劇でしょうか。
Commented by コメント at 2007-03-31 19:19 x
ご賢察だと思いますが、コメントさせてください。
副作用の調査はない方が企業にとって得です。
過去の薬害を反省し、企業が責任を持って(≒費用を負担して)放っておくと誰もしない副作用調査すべきだという方向に規制が変わってきました。
もちろん企業が費用負担している調査は信用できないかもしれません。けれど、では誰が費用を負担すると良いでしょうか。
それに、企業となんの金銭的関係もない研究者(そういう人は理学部にも少ないのでは?)が集まって「関係なし」と報告したら、国からお金をもらっている研究者が政策に反する結果をだすはずない、と思いませんか? 私は絶対疑います。でも、関係ありだったら疑わないかもしれません。でもそれは、自分の考えにあうデータなら信じて、あわないデータなら信じないということでは?これを、科学的な考え方だと、子どもには胸をはっていう自信がありません。
こういう場合どうすれば良いのでしょうか。残念ながら、私は良い回答を持ち合わせておりません。
この記事、調査費用を負担できなくなり得した、税金で沢山の調査は出来ないから副作用が見つかる可能性が減り得した、と思う企業の輩を利することになりませんか。
Commented by kuma at 2007-03-31 19:44 x
新薬の市販後に副作用の調査をするのは製薬企業の義務であって、それと引き換えに6年間は別のメーカーが同じ薬を販売できないという経済的利益を得ています。
今回の調査は、1万人くらいの患者を対象に、タミフル服用者のほうが非服用者よりも異常行動が多いかどうかをアンケートで調べるもので、取るに足らない異常もカウントする計画なので、おそらく差がないという結果になることが予め想定されているものです。本来数十万人に一人くらいしか発生しない深刻な異常行動(走り回ったり飛び降りたりする)を検出することがおそらく不可能だからです。ですから中外製薬としてはこういう調査をして、やっぱり差がなかったという結論を出してほしかったのだとおもいます。そのためには600万円の研究費なんて安いものです。
Commented by black at 2007-04-01 01:36 x
国は新薬の製造販売の許認可権(停止することも)を持っています。いくら資金が無いと言って薬の安全性をメーカーの資金でやることはおかしいでしょう。この場合、conflict of interestで考えれば、この研究班の資金の過半はメーカーから出ている。そして班員の数名は過去にさかのぼり数年間数百万円の研究費を貰っていると公表すべきものです。それをあたかも国の研究班で厳正中立でジャッジしたかのように研究結果を発表するのは、やはり極めて重大な誤りだと思います。
Commented by kuma at 2007-04-01 10:52 x
そうですね。私としては今回の調査結果が、前述の理由で非科学的なのにもかかわらず、科学性を装って因果関係の否定材料に使われることを懸念していたので、今回のスキャンダルで結果が信用されないことがあらかじめ決まったのでほっとしています。
この種のごくまれな副作用は、インフルエンザにかかった後、2階から飛び降りたケースを何十件も集めて、その発作の前にタミフルを飲んでいたか飲んでいなかったかを調べるという調査をしない限り、決着がつかないものです。そういう調査をやるくらいならあまり効果のない(発熱期間を平均1日縮めるだけ)の薬はやめたほうがいいのではないかと思います。
Commented by stochinai at 2007-04-01 23:28
 この件に関しては、たくさんのコメントをありがとうございました。私から特に付け足しのコメントはないのですがが、この件に関する厚労省内の「責任者」が誰なのかがとても気になります。もし、それが虫害(中外でした。爆笑)に天下った官僚だったとしたら、明らかに刑事事件になると思うのですが、もしそうだったら東京地検は動くかどうか興味津々です。
by stochinai | 2007-03-31 14:21 | 科学一般 | Comments(7)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai