5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

国内学術論文データ300万件がGoogle Scholarで検索可能に

 CNET Japan のニュースによると、「国立情報学研究所(NII)は4月9日、大学などに提供してきた学術論文データをGoogleによるクロールの対象としたことを発表した」とのことです。

 確かに Google Scholar で検索してみると、日本語で日本の論文が検索できるのみならず、英語で検索しても日本語論文も出てきます。

 また、原著論文だけではなく学会発表要旨などもガンガン引っかかってきます。Niiはこんなデータをためていたのですね、なんとなくビックリ。役に立つのかどうかはさておき、自分ではとても管理しきれない(記録もなければ、記憶もない)学会発表などが、このような形で検索できるのは歓迎です(笑)。

 今回NIIが公開したデータは、学術論文情報を検索対象とする論文データベースサービス「CiiNii」(サイニィ)に格納されている国内の主要学術論文300万件だそうです。

 もともと、国内の学術論文を日本のデータベースだけで管理しようという発想が間違っていたわけで、さらに引っかかってきた論文を有料で売っていた今までのやり方がまったく受け入れられなかったことと、今や無料のサービスにかなわなくなって敵の軍門に下ったというところでしょうか。

 学問の世界では、勝ち負けはとりあえずどうでもよくて、安く(無料で)便利になるのはうれしいことです。
by stochinai | 2007-04-09 21:03 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai