5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

陸路札幌へ

 日曜日の今日は、動物学会の市民参加イベント「動物学ひろば」が行われました。我が研究室も普段実験でお世話になっている「オスがいなくても卵を生んで殖える」ミジンコ、ミステリークレイフィッシュ、カブトエビ(これは実物なし)を生きたまま札幌から運び込んで展示しました。私は大学院生トリオに後をまかせて、イベント終了前に帰らせていただきました。

 今回の弘前は異常な暑さにみまわれ、9月としては史上初めての30℃越えの中での過酷な学会となりましたが、一昨日からはなんとか平年並みに戻ってくれたようで、さわやかな秋の印象を記憶に残して弘前を離れることができました。下は、JR車窓から見たたわわに実る稲穂です。
陸路札幌へ_c0025115_020356.jpg
 青函トンネルで地続きになっているにもかかわらず、弘前から札幌までは弘前-青森、青森-函館、函館-札幌と3回乗り継がなければなりませんので、函館までくるとようやくホッとします。
陸路札幌へ_c0025115_024964.jpg
 函館駅の1番2番ホーム。
陸路札幌へ_c0025115_0243358.jpg
 左が、札幌行きです。
陸路札幌へ_c0025115_0254592.jpg
 北斗はかなり古い車両でした。
陸路札幌へ_c0025115_0262980.jpg
 ホーム反対側には、カッコいい白鳥も停車中でした。
陸路札幌へ_c0025115_028860.jpg
 北斗の車両は古いには古いのですが、それにはそれなりにおもしろいものがあるもので、、すべて漢字の車両状態の表示パネルは懐かしく、旅の哀愁を感じさせてくれます。
陸路札幌へ_c0025115_030398.jpg
 札幌着は夜9時半すぎでした。気温は15℃くらいということでしたが、季節はずれの猛暑で暑い日々を過ごしてきた後ではなおさら、肌寒い空気がとても気持ち良く、「帰ってきた!」ことを実感しています。
by stochinai | 2007-09-23 23:56 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai