5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雪はありません

 昨夜は、冷たい雨に台風並みの強風が吹き荒れていて、自転車の私は大変な目にあいました。

 とは言え、私はただ濡れ鼠になっただけですが、札幌のすぐ近くに石狩湾新港では貨物船が防波堤に激突し、船体が3つに折れ6人の方がなくなる大事故が起こっていました。

 今朝は、たくさんのヘリコプターが千歳空港からも飛んできて、自宅の上空を通って石狩方面へ向かっておりましたが、たいへんだったようです。

 昨夜の予想では、雨は雪の嵐となり、朝には一面の銀世界になっているという雰囲気だったので、今朝は明るい光が漏れているカーテンを開ける時には、ちょと期待をしてしまいましたが、外は太陽が照りつけていたものの、雪のかけらもありませんでした。気温も、思ったほど低くはありませんでした。なんだか、肩すかしを食らった感じです。

 今年は、本当に天気の変化が荒っぽい気がします。

 荒っぽいと言えば、国会の党首討論での某氏の発言については、しばらくは書く気分になれないほど落ち込んだ気分にさせられたいました。

 サマワを非戦闘地域と断言した根拠は何かと問われたことへの答が「戦闘が行われていない。だからこそ非戦闘地域だ」でした。

 これは、「非」という接頭語の使い方を習ったばかりの中学生(小学生?)の答としては許されるかもしれませんが、高校生以上だと不可か、お情けで鉛筆代として10点満点中の1点くらいをやろうというレベルの答です。

 法人化された大学では、経営の圧迫源であるとして全国的に非常勤講師を削減しようという動きがあるようです。これまで大学教育の中で大きな貢献をしてきた非常勤講師の方々を経済原則だけで切り捨ててよいはずはなく、そんな時に「では、大学にとって非常勤講師とは何なのですが」と質問した時に、「非常勤講師とは、常勤ではない講師のことです」と学長などが答えたとしたら、どうでしょう。

 その瞬間に、その人の学問する人としての権威は失墜します。つまり、彼はその時に研究者として死を迎えるのです。我々、研究者の置かれているのはそのくらいの厳しさのある場所であり、自己点検とか自己評価とか第三者評価とか言われるまでもなく、長い時間をかけてそのような緊張感のある環境が築かれてきたのです。

 その大学を含めた組織の運営に責任を持っている政府の最高責任者が、すべてを台無しにするような発言を繰り返していることは、日本全体に対する侮蔑であり政府というものに対する責任放棄です。あの瞬間に、政治家生命が失われなかったことに対しては、日本国民全体が責任を持たなければならないと感じました。脱力していて済む話ではありません。

 なぜかと考えてみると、どうも首相にも任期があるということがこの無責任の原因のひとつであるような気がしてきました。大臣なども、どうせ改造までの半年か1年しかその任にいないんだし、首相にしてもいくら長くても残り2年くらいということになると、「旅の恥はかき捨て」みたいな粗雑な言動が、彼らの口から次から次へと出てくるのもわかるような気がします。

 そう考えると、今大学の現場などで任期制こそが教員や研究者の質を維持するための切り札の一つなどと言われて推進されていることについても、冷静に考え直して見た方が良い気がしてきました。

 再任が期待できない任期制ほど、人間のモラルと品性をダメにするものがないということを首相自らが実例になって示してくれたという、ポジティブ(?)な評価も可能かなというのが、この件に関する精一杯のサービス・コメントです。
by stochinai | 2004-11-13 17:47 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai