5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

落ち葉は資源

 午後3時頃から雨が降り出しました。この時期になってくると、気温が10℃くらいあると「寒い」とは感じなくなるから不思議なものです。今日は、雨が降る前に庭の片づけと落ち葉集めをしていました。

 庭の片づけとはいっても、近代美術館の写真でご紹介したように、ドウダンツツジなどの紅葉がもっとも美しい時期なので、雪対策のために木をしばる冬囲いなどは後回しにして、植木鉢や園芸用品をガレージにしまい、逆に除雪用のスコップや「ママさんダンプ」を外に出すだけです。冬囲いは勤労感謝の日あたりにしようかと思っていますので、その前に大雪にならないように祈っています(笑)。

 たいへんなのは落ち葉集めで、集めても集めてもまた新しい落ち葉が落ちてきますし、俗に「濡れ落ち葉」と言われるように、あちこちにへばりついてなかなか集めにくいのです。

 とは言っても、私は落ち葉集めが大好きです。庭木は年々大きくなり、それにつれて落ち葉もどんどん増えてきます。燃えるゴミ収集の日には、ビニール袋にびっしりとつめられた落ち葉が出されていますが、それを見るたびに「もったいない」と感じる私は、集めた落ち葉を一所懸命コンポスターの中に入れ、圧縮します。これが、来年あるいは再来年になると立派な腐葉土になって、庭の草木の肥料になってくれるのを想像すると、さすがに札束というほどではありませんが、落ち葉を集めることでなんだかもうかったような気がするのです。

 今年は、フジの落ち葉が大量にあって、かなり強く押し固めたつもりなのですが100リットルくらいのコンポスターはたちまちいっぱいになってしまったので、場所を移してもう一山を作り始めました。こちらはまだ半分弱しかつまっていませんが、この後モクレンの大きな葉が大量に落ちる予定ですので、雪になる前にはいっぱいになるでしょう。

 さて、この落ち葉の堆肥、さすがに燃えるゴミとして燃やしてしまって炭酸ガスにしてしまうのと比べると、まちがいなくある時間は大気中の炭酸ガスを有機物の形で土の中に留めることに貢献すると思うのですが、日本中あるいは世界中(特に都会)で回収される落ち葉はどのくらい燃えるゴミにならずに堆肥化されているのか気になります。

 車道に落ちた落ち葉は自動車の排気ガスなどの有害物質を含むために良質な堆肥とはならないという話を聞いたこともありますが、だからといって燃やしてしまうのではあまりにも知恵がないと感じます。最低限、各家庭や学校・公園などで集められた落ち葉は燃やさずに堆肥化して、ゆっくりとした自然のサイクルの中に入れてやるという考えは、地球規模で考えると単なるセンチメンタリズムにすぎないものなのでしょうか。

 まあ、大気中の炭酸ガスを増やすかどうかはさておき、私個人としてはこの堆肥作りが趣味のひとつとして、とても楽しいのです。匂いも悪くないし、これが堆肥になって植物を育てきれいな花や、大きな実をつけることに貢献してくれると思ってだけでも、楽しくなってしまいます。楽しそうに落ち葉を集めている私を横で見ていると、間違いなく変なヤツに見えると思いますが、、、。
Commented by カエデ at 2007-11-12 09:21 x
落ち葉の話題ですので一言。
ここカナダオンタリオ州では、落ち葉は指定された、短期にコンポーストが可能な袋につめてゴミの日に出しておきますと、落ち葉専用の収集トラックが、それらの袋をピックアップして一定の場所に運びます。
堆肥化されたそれらの土は数年後にリサイクルされた土の表示がされた袋に詰められてスーパーやガーデンセンターなどで販売されます。
園芸の好きな私は、何年も前から裏の野菜畑に鎮座しているふたつの
大きなコンポーストの容器に、台所の生ゴミ、枯れ葉を入れておくと、春になると大きなミミズと共に下のほうには黒々とした土にお目にかかることができます。
数年前から、魚肉の骨をはじめとしてペーパータオル、野菜屑他の台所から出る生ゴミをもコンポーストされるようになり、各家庭にグリーンの生ゴミを入れる容器が配られました。
裏の畑のコンポーストに魚肉類を捨てると、スカンクやラクーンなどの野生の動物がくるので、それらは町にリサイクルしてもらい、野菜や果物、卵の殻などは今まで通り裏の畑に直行です。
枯れ葉、生ゴミの収集がされるようになってゴミを出す分量が大きく減りました。 参考までにお知らせします。
Commented by stochinai at 2007-11-12 11:51
 カエデさん、カナダからのコメントありがとうございます。

 札幌ではゴミ収集の有料化が検討されていますが、落ち葉や庭から出る植物を含め堆肥化できるものがすべて「燃えるゴミ」として回収され、焼却されていることにとても不満を感じておりました。(最近は、プラスチックも全部燃やしているとか・・・。)オンタリオのやり方は素晴らしいですね。有料とか無料とか関係なく、もっと大きな自然の循環を考えたリサイクル事業をやってもらいたいものです。しかし、それを実現するためには、我々ゴミを出す側がきちんと分別をすることが前提となるわけで、それができないのだとしたら偉そうに「要求」することなどはできないという反省も同時に感じております。というわけで、まずは自分からですね。
Commented by ほんかふぇ. at 2007-11-18 20:12 x
都会の? 落ち葉の行方は気になっておりました。 街路樹の側の
家が落ち葉のお掃除が大変なので、早めに枝が切られるらしいと
聞いたことがあります。オンタリオの仕組みも素晴らしいですが、
つぶやき様は貴重な存在ですね。

落ち葉が直接のテーマではありませんが、第5回ほんかふぇ.は
「再生の美学」 と題して、北大の資源再生工学の研究員の方に
関連書籍の解説・紹介頂きます。11/20(火)18:30~です。
どうぞお越しくださいませ。
by stochinai | 2007-11-11 21:17 | 趣味 | Comments(3)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai