5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

忘年会シーズンに弱腰になる政府

 12月の始めの頃に仕事で夜遅くなってタクシーに乗ったら、「お客さん忘年会ですか」と言われてしまいました。「今年は忘年会の出足が早いみたいですよ」と、タクシーの運転手さんが言っていました。北海道は不景気な上に、灯油の高騰で冬季の出費が例年よりも1家族当たり5万円も増えるというのに、忘年会の出足が良い(タクシーに乗る人が多いのだそうです)というのは、もはややけくそ状態なのかもしれません。どうせ、少しくらいがんばったところで生活が楽になるわけでもないのだとしたら、たまにはパーッと騒いで憂さ晴らしをしたくなるという気持ちも良くわかります。

 私も本日は2つの忘年会からお招きをいただいているのですが、1つは6時からもうひとつは6時半からの開始ということで、さてどのように渡り歩こうかと思案しているところです。

 それはさておき、先日の福田首相の薬害肝炎一律救済への方針転換に続いて、今日は渡海文部科学大臣が高校日本史教科書の中での沖縄戦の「集団自決」の扱いについて、春の検定結果を不服とする訂正申請を承認したというニュースが飛び込んできました。

 沖縄戦の集団自決、検定意見を事実上修正 渡海文科相

 その結果、教科書では「日本軍の命令が直接の原因だったという記述は避けつつ、『日本軍の関与』や『戦中の軍の教育』などによって住民が自決に追い込まれたと記しており、『集団自決が起きたのは、日本軍の行為が主たる原因』と読める内容になった」とのことです。

 これは、今年の検定で削除される以前の状態に戻ったとも言えるのですが、「美しい国」や「教育改革」を掲げた安倍政権下で強権的に進められた政策からの完全なる路線転換というふうにも見えますが、一方で自民党があまりの人気のなさに「怯えている」ようにも見えて、それはそれで心配になります。

 自民党が心を入れ替えて、小泉・安倍ラインの政策の誤りを認め、これからは路線転換を図るということであるならば理解できなくもないのですが、つい先週くらいまでは安倍政権の政策を継承しているふうにも見えていたので、どうも信用できません。やはり、「世論調査」といういささか怪しげなデータにおける支持率の急落を受けて、急場しのぎの人気回復政策のように見えてならないのです。

 2大政党政治がきちんと機能するためには、それぞれの党が確固たる政策を掲げて選挙を戦い、その結果時々政府が交代するというのが健全だと思うのですが、今の自民・公明政権をみていると政権交代に怯えるあまり、自分たちが信じる政策を行うのではなく、次の選挙でなりふりかまわず政権を維持することだけを考えているように見え、これでは政治の名に値する政策論争が起こりそうに思えません。

 薬害肝炎患者の救済や、沖縄戦の集団自決について教科書から削除しないという内容に、私は賛同なのですが、それを決める政府や大臣が「不本意ながら」しぶしぶと受け入れていくという政治が健全なものとはやはり思えないのです。

 総選挙をやって、民意を問うことが先なのではないでしょうか。
Commented by ななし at 2007-12-26 20:02 x
大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判を知っていて、このような事を書かれているんでしょうか?
Commented by stochinai at 2007-12-26 23:15
 どういう意味でしょうか?
Commented by ななし at 2007-12-27 19:27 x
裁判のことを知っているのでしたら、あなたの思想として受け止めます。もしご存じなければ、赤松嘉次・元大尉の事もご承知おきください。一方的な少ない情報で、多くのマスコミに踊らされていることに御気付くだされば幸いに存じます。
Commented by stochinai at 2007-12-27 21:04
 裁判のことは知っております。戦争さえなければ、集団自決もなかったのですから、戦争を起こした日本国に集団自決の責任があると思っています。日本軍は日本国の命令で沖縄に駐留しており、当然戒厳令状態にある戦時下の地では軍が日本政府の代理人ということになりますので、現地の人が日本軍に命令されたというふうに思うのは当然だと思っています。
 私ですら、父の年代の人から日本軍は捕虜になるくらいなら死を選ぶように教育されていた(「生きて虜囚の辱めを受けず」という言葉も教えてもらいました)ということを聞かされています。「本土決戦」になった場合には、女子供を含めて竹槍で闘う訓練をさせられています。つまり、民間人もいわば予備兵として扱われていたのでしょうから、「侵略されたら死を選べ」と言われていたとしてもまったく違和感は感じません。赤松さんが「自決せよ」という命令を出さなかったというのは本当なのでしょうが、これはそんな個人レベルの問題とは異なる次元の話だと思います。
Commented by ななし at 2007-12-27 21:46 x
すべて軍や当時の政府の責任でしょうか。集団心理としての自決も議論されていますし、当時の日本の空気としての誘導も明らかにあります(それはマスコミの影響など)。軍や政府以外の日本人の取った行動としての自決の強要も存在しています。また、座間味島、渡嘉敷島の方は、違う方向性を示しています。つまり、軍が一方的に自決命令を出してはいないわけですよね。だったら、4段落目の表記を奇異に感じます。戦中下の教育うんぬんも 余りに漠然としたものですよね。その論理だと、今の教育で集団自決が起きてもそのように解せますよ。沖縄タイムスや朝日新聞の扇動に踊らされていませんか?従軍慰安婦問題と同じ事を繰り返そうとしていますよ。
Commented by stochinai at 2007-12-27 21:56
 過去の責任を問う理由は、これからの政治に再び愚かなことをさせないためです。政府を選んだのは国民なのだから、政府の責任は国民の責任という「一億総懺悔」が今の無責任日本を作った原因の一つだと思います。厳密にたどっていくと責任が消えてしまうということは理論的には理解できますが、誇りある人間として恥ずかしい行為だと思います。軍でも官僚でも政府でも、国民に何かを付託されている人々は必要以上の責任感を感じてもらいたいものです。私は、必要以上の責任を感じる人以外を信じる気にはなれません。そういう意味で、沖縄戦の大尉さんには「自分が付いていながら、集団自決を阻止できなくて申し訳なかった」と言ってもらいたいものです。
Commented by ななし at 2007-12-27 22:29 x
あのさ、いい加減 何も知らずに書いてること認めたら?本読まなくていいから、「ある神話の背景」でネットで調べたら?そうしたら「座間味島、渡嘉敷島の方」の意味がわかるんじゃね~の。「集団自決を阻止できなくて申し訳なかった」と言う真摯な態度が幾多の行動を起こしてますよ。なぜ、今この裁判が起こっているか解ってる?だいたい、戦時下の住民全員の行動を逐次監視して(自決を防いで)戦闘している部隊っているの?

左翼思想が先鋭的だって言う前時代的な発想止めたら。あんたの誇りなんてどうでもいいからさ。
事実を自分のイデオロギーの為にねじ曲げているバカがたくさんいて、その片棒をあんたが担いでるんだよ。

あんたの必要以上の責任は、 北大に対しては感じていないんだ?
Commented by 小市民 at 2007-12-28 06:28 x
丁寧な応答 vs 不粋な詰問

文章の「品格」からして、stochinaiさんに一票。
Commented by 3040 at 2007-12-28 13:05 x
「ななし」さんがもし話題のことに詳しいのなら、是非要点も述べて頂きたい。「あの本を知ってる? 知らないなら話にならない。」という言い方はまるで、病院にでも行って「内科の教科書に一通り目を通して来た?読んでないなら説明する必要はないね。」と言ってるのと同じに聞こえます。普通の人にも分かるように説明して欲しいものです。
Commented by miw at 2007-12-28 14:59 x
戦前も民主主義でした。(意外と知られていない感じがありますが)
で、ちょうどいまの民主党の鳩山さんのおじいさんが、統帥権問題で政府をたたいてぐだぐだにして(いまの給油関連に近い乗りだったとおもいます)、賄賂の問題とかがでて、マスコミがあおって、そこで政治家が信用できんとなって、軍人が期待されて、どんどん全体主義になっていきましたからね。

やっぱ国民の責任だとおもいますよ。
お上にまかしとけばいい、というのと、
stochinaiさんの”国民に何かを付託されている人々は必要以上の責任感を感じてもらいたいものです”というのは、非常にちかいかと、ぼくは男舞います。
Commented by miw at 2007-12-28 14:59 x
ああ、誤字がおおくてすみません。
Commented by ななし(別人) at 2007-12-28 23:01 x
stochinai先生、お世話になっております。ななし(別人)です。
エントリー「大学は、なぜ大学院生を増やしたいのか」でいくつかのコメントをしました。ご挨拶していませんでした。失礼致しました。
今回、同名の方が不適切なコメントをされているようなので、先生が不愉快な思いをされているのではと、たまらず投稿いたします。自らの名誉を護るためでもあります。
今後は「ななし」でなく、「mos」というハンドルネームに致します。
最近はこのブログを毎日チェックするほどのマニア?になってしまいました。仕事の方は、直接雇用の試用期間が今月で終わり、来月からは本採用という段階に至りました。
来年もよろしくお願いいたします。皆様にとって良いお年となりますように。
Commented by stochinai at 2007-12-29 00:50
>直接雇用の試用期間が今月で終わり、来月からは本採用という段階に至りました。

 グッドニュースですね。おめでとうございます。良いお年をお迎え下さい。
Commented by miw at 2007-12-29 10:19 x
追加です。
民主党の鳩山さんのおじいさんが、統帥権問題で政府をたたいたのは、
野党が政府案の軍縮に反対し、その理由として統帥権を持ち出しました。
なんとなくイメージは逆になってる気がしますが、
(給油反対と軍縮反対で)
昔も今も、野党は党利しかみないってことで。

で、それを応援していたのが、たぶん記事が売れてうれしい
新聞社だと。。。

これが日本の民主主義の限界で伝統ですね・・・
by stochinai | 2007-12-26 17:46 | つぶやき | Comments(14)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai