5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お台場の自由の女神

 昨日と一昨日、シンポジウムが開かれた科学未来館はお台場にあり、ちょっと歩くだけでフジテレビのあるアミューズメント・エリアに行けます。
お台場の自由の女神_c0025115_252246.jpg
 若者はここらあたりを、ブラブラとさまようことでそれなりに楽しめるのでしょうが、私はパスということでこの写真を撮って後ろを振り返ると、あの有名な「自由の女神」が立っていました。
お台場の自由の女神_c0025115_263263.jpg
 見るからに本格的に見えるこの女神像は、パリのセーヌ川に立っている自由の女神のレプリカなのだそうです。説明書を見ると、かつてホンモノの自由の女神がここに出張してきたこともあるのだそうで、びっくりしました。
お台場の自由の女神_c0025115_213822.jpg
 女神が手に持っている文書に書かれている文字が気になります。
お台場の自由の女神_c0025115_2151781.jpg
 フランス語でふたつの日付が書かれています。ひとつは1776年7月4日、アメリカの独立宣言が採択された日で、ニューヨークの自由の女神が持っている文書に書かれているものです。そしてもう一つ、1789年7月14日はフランスの革命記念日で、パリにある自由の女神が持っている文書に書かれているとのことです。この自由の女神はその二つの文書を併せ持っているということになります。

 これを見て、我が日本がアメリカやフランスの記念日に匹敵するような日付を持っていないことがとても残念だと感じました。強いて言えば1945年8月15日がそれに相当する日になる可能性はあったのだと思いますが、今から振り返ってみると胸を張ってその日を境に日本が変わったと言い切れるほどの歴史を我々は作り出せなかったという気がします。

 民衆が血を流して「民主主義」を獲得するという歴史を持っていないことは、幸せなのか不幸せなのか、未だに結論が出せていないのが日本という国ということになるのかもしれません。
Commented by 愛読者 at 2008-01-24 22:56 x
血は特に必要ないと思います。
なにしろ、高等教育の民主化に、stochinai先生は尽力なさっていると思います。
by stochinai | 2008-01-19 23:59 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai