5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

6時間40分の消費期限偽装

 先日、乗せていただいた東海道新幹線の中でも、車内販売がいました。鉄道での長旅の友として、車内販売は貴重な存在だと思うのですが、昨日の新聞やニュースでは売られている弁当の消費期限が「偽装」されていたことを、とんでもない大事のように報道していましたが、これはそんなに大騒ぎするほどの「事件」なのでしょうか。

 期限偽装弁当1500万食 JR東海子会社、3年以上前に常態化

 脱力したのは、次の部分です。
 東京の工場で作られた助六寿司(ずし)は、社内規定より6時間40分も長い時間が表示されていた。
 確かに、夏の暑い時期に不用意に暖かい場所に放置したならば6-7時間は食中毒を引き起こす可能性のある時間なのかもしれませんが、彼らもプロですから、もしも消費期限が20-24時間だとしたら、その5割くらいオーバーしたとしても安全な製品作りをしているはずです。現に何年も前から「やっていた」と言っていながら、今までそれが原因となる健康被害が出たことはなかったようです。

 しかも、この6-7時間オーバーというのも、2005年に社内規定を変える前ならばOKとされていた時間のようなのです。
 同社は05年4月、消費期限の社内規定を、製造開始から、弁当で19時間から14時間、サンドイッチで24時間から18時間にするなど短縮した。このため工場では、より短時間で製造する必要に迫られ、さらに愛・地球博(愛知万博)の開催を機に新幹線の乗客が増え、製造数が増加。工場の態勢が追いつかず、工場側の判断で製造開始時間を早めたのに、従来の消費期限を表示していた。
 この社内規定を変えた理由が書いていないのですが、弁当業界の申し合わせとか消費者への安全性強調のために行われたのだとしたら、本末転倒と思えます。

 コンビニなどでも、消費期限を1分でも過ぎた商品は廃棄しているようですが、数時間以内ならば半額販売するなどして、無駄を出さないようにするのが正しい処置だと私は思います。

 ミートホープのように腐敗した肉を洗って脱臭して他のものと混ぜたものと、「たった」6時間40分の期限表示を偽ったものも、おなじ「食品偽装」という言葉でくくることによって、巨悪も微悪も同じ強さで叩かれ、結果的に巨悪を許し微悪を殺すことになることを強く恐れます。
Commented by takuroshinano at 2008-03-13 20:58
まったく同感です。なぜ、本質的なことをマスコミは指摘しないのでしょうか。まるで弱い物いじめです。いじめやすいところをいじめているように思えてしまいます。食べれる物をきちんと食べるという当たり前のことがどうして通用しないのでしょうか。コンビニ弁当も誰かテレビで言っていましたが賞味期限が短くなるにつれて自動的に安くなるシステムを導入するとかも良いですよね。
Commented by 社会科学者 at 2008-03-15 09:29 x
消費期限切れの商品をそれと明記して半額で売ることと、
表示が誤っていたときに叩くのは次元が違います。

後者の問題を「食べられるかどうか」に帰結させることこそ、
本質を履き違えています。「表示が信頼に足るものか」というのは
「食べられるか」とは違う問題です。

インセンティブを考えれば「たったの6時間40分」という「微罪」
であってもきちんと罰するほうが、表示の正確性が
きっかり保たれるでしょう。
Commented by 続き at 2008-03-15 09:30 x
もちろん食べ物を捨てたり業者を叩くのは「ムダ」なことです。
でも、「ムダ」だからといって事後的にペナルティーを緩めるのでは、
結果としてそれを見越して機会主義的な行動を取ることによって、
もともとの制度(正確な食品表示)が崩壊してしまいます。

もちろんそんな「ムダ」を払ってまで「正確な表示」が必要か
ということは議論しえるかもしれません。
しかし食品廃棄に絞れば、その「ムダ」のコストは、
「正確な表示」を求める消費者に跳ね返るのですから、
第三者が議論する問題じゃないでしょう。
むしろ、「正確な表示」だけど「ムダ」を含む商品と、
表示が怪しいけどムダの少ない商品のどちらでも
自分の好きなほうを選択できることこそ、
自由経済の素晴らしいところじゃないでしょうか。

ミートホープにしても、「食べられるからいいじゃないか」
って社長たちは思っていたのではないか、
とは想像できませんか?
Commented by stochinai at 2008-03-15 09:50
 社会科学者さん、コメントありがとうございます。おっしゃることは正論だと思いますし、今後ものを考えることの参考にしたいと思います。

 ただし、日本では、我々に選択の自由があると言えるほど正しい情報が提供されていないような気はしますし、ミートホープの社長たちについてのコメントは同意できません。彼らが「もったいないから、自分たちで食べよう」と売らずに食べていたというようなことがあったのだとしたら、考え直します。
by stochinai | 2008-03-12 20:41 | つぶやき | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai