5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

メタボなFirefox3をスマートにしてくれるツール

 Chromeは立ち上がりが早いのでサイトはアプリケーションのショートカットにして、普段はオフにしておいて使う時だけショートカットを立ち上げるという使い方が良いのではないかと思い始めました。調べてみればすぐにわかりますがChromeはものすごいメモリー食いなのです。

 これは、Firefox3で3つのサイトを開き、Chromeではたったひとつのサイトしか開いていない時の、メモリーの使用状況です。
メタボなFirefox3をスマートにしてくれるツール_c0025115_2234498.jpg
 Firefoxが9メガに対して、Chromeはなんと86メガと10倍近いメモリーの使用量です。

 Firefoxの使いやすさから、タブでたくさんのサイトを開きっぱなしにして使っている人が多いのではないかと思います。かく申す私も、Chromeの出現まではそういう1人でした。そういう状態でFirefoxを使っていたところへ、インストールしたばかりですから、最初はたった1サイトを開くだけという状況でChromeのスピードを見せつけられ、その魅力のとりこになりそうになるのは無理もありません。しかし、少し使っているとわかってきますが、このものすごいメモリー食いと、やはりhtmlの解釈があちこちで「ン?」という違いを経験させられますと、これはまだまだ使い分けが必要だと思っています。

 ところが、Firefoxもたくさんのタブを開いているとメモリーをどんどん消費しますし、その結果やはり遅くなるのです。あちこちから、メモリーを解放するためのアドオンなども出ていますが、それほど劇的な効果は感じられませんでした。

 ところが、本日lifehackerで紹介されていた「『Firefox 3』のメタボを解消するツール」はスゴイです。

 傍島康雄さん作のMetaboFixです。

 ここを見るとわかりますが、例えば111.6メガ使っていたFirefoxにMetaboFixを実行すると、なんと2.7メガにまでなることもあるそうです。

 私も早速入れてみましたが、今まで使っていたアドオンの Clear Cachees などとは比べものにならないメモリー掃除をしてくれ、まさにメタボ解消ソフトと言えそうです。

 使い方は簡単というか、一度だけ起動して常駐させておくと「Firefox 3が確保している物理メモリを定期的に開放する処理を行」ってくれます。しかも、「電源の状態(AC駆動、バッテリー駆動)やバッテリーの残量に応じて、その処理間隔を調整し」てくれるという、憎いばかりの心遣いです。

 Firefox3.1のシレトコもChrome打倒に向けて着々と仕事が進んでいるようですが、私たちわがままなユーザーは結局のところ、使いやすいブラウザーを選ばせていただきますので、Chromeの登場はFirefoxがもっと使いやすくなるための良い刺激になってくれていると思えます。

 「どちらが勝つか」ということではなく、最終的にどのくらい素晴らしいブラウザーが登場するかということが一般ユーザーの関心なのだと思います。

 どちらの開発グループの皆さんも、がんばってください。私はどちらも応援しています。
Commented by ぜのぱす at 2008-09-10 03:41 x
MetaboFixにしてもChromeにしても、Mac用のも早く出してぇ!欲しいものです。
Commented by gotochan at 2008-09-10 11:11 x
同意見です

PS 先日は学会でお話ししていただき ありがとうございました
by stochinai | 2008-09-09 22:53 | コンピューター・ネット | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai