5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 03月 29日 ( 2 )

スロージャーナリズム

 いつも情報提供と問題提起をいただいている「ネットは新聞を殺すのかblog」に、参加型ジャーナリズムの実験として、「スロージャーナリズム」をテーマとするブログ・ニュースサイト「慢報」が立ち上がるとの情報をいただきました。

 参加型ジャーナリズムへの一つの試案と実践というアイディアにも共感できるし、それを早速実践なさるということにも敬意を表したいと思います。

「ゆっくり考え、じっくり書く」ことの重要さを表す言葉として、
「スロージャーナリズム」を提唱したい。


 この2行は、私の琴線を確実に刺激してくれたのですが、つぎの一言で冷水を浴びせられた気持ちになりました。

「スロージャーナリズム」を掲げた記者OBたちによる発言の場が「慢報」である。

 こんなところにまで、古き良きマスコミ仲間の団結をひきずらなければならないものなのでしょうか。

 残念!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:実は、「慢報」のMAOさんから素早く、ご丁寧なフォローをいただきまして、この件に関しては(予想通り)私の脊髄反射による早とちりだったような気がします。私も、MAOさんの言動に信頼を寄せておりましただけに、ちょっと感情的に乱暴なエントリーを投げてしまったことをお詫びしたいと思います。

 「慢報」の志はとても共感できるように思えますので、こらからは(おとなしく)楽しみに待たせていただくことにします。

 始動の暁には、私の持っている武器は歩兵銃だけなのでほとんど力にはなれませんが、できるだけの援護射撃はさせていただきたいと思っております。

 これからも、よろしくお願いいたします。
by stochinai | 2005-03-29 20:18 | つぶやき | Comments(5)
 数日前に、娘さんを探している方がいらっしゃいますと書きましたが、解決したようです。

 「さきほど、つぐみは無事に帰宅しました。

 大事にならなくて、ほんとうに良かった。
by stochinai | 2005-03-29 12:16 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai