5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 05月 02日 ( 1 )

 読売オンラインでまた、日本人の科学常識を笑いものにするような記事が載っています。文科省発のニュースというような書き方になっているのですが、例によって内容や文章のどこまでが誰の責任になるものなのかがよくわかりませんので、読む方としても何をどのように判断して良いのかが困る記事です。

 特に「国際比較の共通質問」というものが、答えに悩むような設問が目立ち、どうも怪しげだったので出典を探してみました。なんとか見つかったのが文部科学省附属の科学技術政策研究所が発行している政策研ニュースのNo.160(2002 2)というもののようです。

 その中に「科学技術に関する意識調査-2001年2~3月調査-」というレポートがあり、表1がまさに、読売が引用している【科学常識チェック、〇か×か】のようです。ところが、その引用の仕方が正確ではないのです。まず、原典を画像ファイルで示します。
 
引用は正確に(読売オンラインに苦言)_c0025115_2135728.jpg
 

 続いて読売の「引用」の一部です。

 〈1〉地球の中心部は非常に高温
 正しくは、「地球の中心部は非常に高温である」

 〈2〉すべての放射能は人工的に作られた
 「すべての放射能は人工的に作られたものである」

 〈3〉我々が呼吸に使う酸素は植物から作られた
 「我々が呼吸に使う酸素は植物が作ったものである」

 〈4〉赤ちゃんが男の子になるか女の子になるかを決めるのは父親の遺伝子
 「男か女になるかを決めるのは父親の遺伝子である」

 〈5〉レーザーは音波を集中することで得られる
 正しく引用

 〈6〉電子の大きさは原子よりも小さい
 「電子の大きさは原子の大きさよりも小さい」

 〈7〉抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す
 正しく引用

 〈8〉大陸は何万年もかけて移動しており、これからも移動するだろう
 「大陸は何万年もかけて移動し続けている」

 〈9〉現在の人類は、原始的な動物種から進化した
 「現在の人類は原始的動物種から進化したものだ」

 〈10〉ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた
 「ごく初期の人類は恐竜と同時代に生きていた」

 〈11〉放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全
 「放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全だ」

 語尾や助詞、句点などがちょっとだけ違うだけのものが多いのですが、そのことでずいぶんと原文と異なるニュアンスになってしまってものがあります。特に(3)、(4)あたりはかなり黒に近い灰色だと思います。植物「が」作ったか、植物「から」作ったかは、全然意味が違います。また、ヒトの性がとりあえず遺伝子によって決められるのは受精の瞬間であり、その後赤ちゃんが本当の意味で男になるか女になるかは遺伝子以外の様々な要因によって揺らぐことガ知られていますから、赤ちゃんと書き足したことでとんでもない誤解を招きかねません。

#ヒトにはX染色体とY染色体という「性染色体」があり、基本的には女性はXX、男性はXYを持っています。つまり、Y染色体があれば男になり、なければ女になるというわけです。つまり、男性を決める遺伝子は男にしかないY染色体に載っているということになっています。

 報道記事を読む我々は、その改編されたものを基準に場合によっては文科省を批判することになるかもしれません。わかりやすくなるようにと良かれと思ってやった記者の「親心」は理解できなくもないですが、いやしくも科学リテラシーを問うという記事なのですから、その引用には科学的信頼性が必要だと思います。

 気をつけてもらいたいことと、今後科学関連の記事には専門家の査読を受けることを期待したいと思います。

 「日本の正答率は54%で13位。1位スウェーデンの73%、5位アメリカの63%などに比べ『常識の無さ』が目立っている」と書いている、記者の方の常識に問題があったら笑えませんよね。

追記:抗生物質に関しては、古典的な定義としては(7)を間違いとして良いのですが、最近どんどん使われるようになっている抗ウイルス剤なども抗生物質と呼ばれることがありますので、問題としては不適当だと思います(もちろん、これは読売さんの責任ではありません)。ちなみにウィキペディア(Wikipedia)では「今日では『微生物の産生物に由来する化学療法剤』が広義には抗生物質と呼ばれている。言い換えると、抗生物質は微生物の産生物に由来する抗菌剤、抗真菌剤、抗ウイルス剤そして抗腫瘍剤であり、その大半が抗菌剤である」と書いてあるので、こういう定義もあり得るようです。
by stochinai | 2005-05-02 21:38 | 教育 | Comments(15)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai