5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 05月 09日 ( 1 )

桜前線停滞

 札幌は連休半ばあたりから寒い日が続いており、予想では連休に間に合うかもしれないと言われていた桜の開花宣言は、しばらくおあずけとなっています。

 連休前の予想では6日が開花予想日だったようです。2・3・4日とまあまあの春らしい日和だったので、なんとか予想通りか遅くとも連休中には咲くのではないかという期待を裏切り、北海道は5日くらいからどんどん寒くなってきており、7日には帯広ですごい積雪があったのをはじめ、札幌郊外でも雪が降ったようです。今日も冷たい雨が降りそぼっていて、桜の開花宣言は今週末にまでもつれ込みそうとのことです。

 とは言いながら、札幌のあちこちでは満開になった桜の木がポツポツと見られます。そもそも、札幌の中でもちょっと寒めの円山にある北海道神宮にある、北海道の寒さにはちょっと気の毒なソメイヨシノの標本木というものがあって、それが花を咲かせることをもって「札幌の桜の開花宣言」が出されるというキマリが問題でもあるのです。

 しかも、その標本木がかなり老齢化していることもあって、どうも春に対する感受性が低下しているらしく、今年のような厳しい春には、なかなか目を覚まさないおそれがあるという噂もあります。

 一方、札幌の都心のビルの間に植えられている桜は、開花宣言が出ないことなどにはまったく頓着せずに、どんどん花を咲かせています。それには二つの理由があって、ビルの間や人家の密集地などは、ヒートアイランド現象で人間の活動によって暖かくなっていることと、植えられている多くの桜が、北海道に適した寒さに強いエゾヤマザクラだからなのです。

 そもそも北海道にはソメイヨシノがほとんどない地方も多く、そういうところでは桜開花の標本木もエゾヤマザクラやチシマザクラになっています。なんで札幌の標本木がソメイヨシノになっているのかわかりませんが、どうやらソメイヨシノを標本木としている最北の地が札幌のようです。(桜の開花予想ページ参照

 老齢の標本木ではありますが、2000年からは5月8日、4月29日、4月22日、5月1日ときて昨2004年は5月5日と、順調に花をつけていたのでした。今年はこの調子だと5月中旬までもつれ込みそうで、1980年の5月14日の最遅記録を更新するかもしれません。標本木を基準にした開花宣言はなかなか出ませんが、エゾヤマザクラはどんどん咲き始めているので、このまま行くとソメイヨシノの標準木は今年限りで引退に追い込まれる可能性が大きいような気がします。

 そもそもソメイヨシノを札幌の桜の標準木にしたのが間違いだったのだと思いますが、年をとってきて気温に敏感に反応しなくなったからといって、お役後免にされてしまうのもなんだかかわいそうです。

 もちろん私も含めてなんですが、人間ってほんとうに勝手ですねえ。

 でもまあ、ソメイヨシノの標本木さん、長い間お疲れさまでした。(って、まだ引退は決まってないんですけど、、、、)

追記:札幌のソメイヨシノの開花宣言が、10日に出たようです。

追記2:高田さんのブログが再会して、桜も満開です。(12日)
by stochinai | 2005-05-09 22:30 | つぶやき | Comments(8)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai