5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 05月 21日 ( 2 )

禁酒の北大祭

 大学生(=おとな)になった自覚というものが、あまりないのかもしれません。

 今年の北大祭はアルコール抜きで行うこということで、実行委員会と大学当局との間で合意が成立したようです。大学側からの公式な説明をウェブ上で見つけることはできませんでしたが、実行委員会からの説明はここにpdfファイルがあります。

 それを読んでみると、大学当局の担当者が強硬だったらしく、実行委員会は「酒類の販売・構内での飲酒の禁止、営業時間の22時までの切り上げ、保健管理センターの協力撤廃」を申し渡されたようです。さらに、もし酒類販売などを強行した場合は、北大祭への物資援助の減少・打ち切り、教室・区画の使用許可取り消し、北大祭期間中の特別休講阻止の取り消しなどをするという、対抗策(明らかな脅しですよね)も示唆してきたようです。

 実行委員会の方針としては、このまま酒類販売等を強行しようとすると、北大祭自体の開催があやぶまれるということで、大学の要求を全部呑んでしまったと書いてあります。

 まあ、自主的に北大祭を運営する主体である実行委員会が決めたことですから、とやかくいうつもりもないのですが、なかなかおとなしく素直な学生さんだというふうに感じました。

 北大生も、北大祭も変わってきているのでしょう。

 最近は学生と酒を飲んでも、飲む量もすくなければ、食べる量もお上品なものだというふうに思います。私らの年代のほうが、いい年をしてメチャメチャ飲んで学生の残した分までガシガシと食べてしまうのは、(私の個人的な状況も大きいのかも知れませんが)世代による違いかもしれないと思うことも多々あります。

 北大祭自体への思い入れも、わりとあっさりしたものなのではないでしょうか。あるいは、そんなものはほとんどないのかも知れません。お酒が飲めないのなら、北大でのお遊びは適当に切り上げて街に飲みにでかければ済むことですし、大学当局と闘ってまで得るものがあるとは思えないのなら、この決定も納得できる気がします。

 大学当局としては、前から思っていたことをちょっとだけ強く言ってみただけなのでしょうが、おそらく「こんなに簡単に通るとは思っていなかった」というのが、担当の先生方の感想のような気がします。

 同じような感想を文科省が大学に対して持ったことがあるという話を聞いたことがあります。国立大学の法人化とか、教員の任期制とか、一昔前なら絶対に大学側が受け入れるはずのないことが、今なら何でもするすると通るのだという話です。

 もちろん、私が文科省の方から直接聞いた話ではありませんから、情報源の信頼性はないのですが、なんとなく本当にように聞こえる話です。

 社会全体の変化というものが、我々おやじ世代が思っていたよりも速いスピードで起こってしまっているというのが、今の時代なのかもしれません。
by stochinai | 2005-05-21 18:17 | 大学・高等教育 | Comments(10)

しだれ桜

 旧大型計算機センター(現・情報基盤センター北館)のしだれ桜が満開です。

 今日も絶好のアウトドア日和。学生は花など見ずに、ジンギスカンに興じています。
しだれ桜_c0025115_1345626.jpg

by stochinai | 2005-05-21 13:05 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai