5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 05月 26日 ( 2 )

風力発電の大きな可能性

 地球環境問題にとってのひさびさに明るいニュースです。

 Hotwired Japan から、世界のエネルギー需要の何倍もの電力を、風力でまかなえるかもしれないというニュースが配信されています。

 世界風力地図の画像を見ると、地球上にはとてもつもない風が吹いているところがたくさんあり、適切な場所に風力発電装置を取り付ければ、72テラワットの電力を供給できるということです。

 2002年に世界で使われた電気は、約たったの(?)14テラワットということですので、なんと風力発電で世界の全ての電力が簡単にまかなえてしまうという計算が成り立つのだそうです。さらに、アフリカなどの未探索地を加えるともっと多くなることも予測されているのだそうです。

 これは、なんとも頼もしいことです。

 もちろん計算と実際とは異なるので、そんなにうまくはいかないのでしょうが、計算された場所の20%に風力発電所が設置できればOKというのは、とても安心できる数値ではないでしょうか。

 現時点で風力発電は鳥などに対する危険や、騒音などが否定的な点であると指摘されていますが、排気ガスや廃棄物を出さないという点では、太陽光発電に勝るクリーンなエネルギー源と見て良いのではないでしょうか。

 単なる夢物語に終わらせずに、本気で考えて良いデータだと思いました。
by stochinai | 2005-05-26 22:55 | 科学一般 | Comments(0)

星の王子さま解禁

 「星の王子さま」といえば、私が中学生の頃にヒットしたような記憶がありますが、1953年に内藤濯さんが翻訳したものが岩波から出ていたのだそうですから、それはすでに何度目かのブームだったのかもしれません。

 その「星の王子さま」の著作権が、今年の1月で切れたというニュース(共同)が出ています。

  著作権に関しては、いろいろと難しいことがあるらしいのですが、ここに「星の王子さま」と原作「Le Petit Prince 」の著作権に関する詳細な検討が書かれています。

 このサイトの記述によると、いろいろと法的な解釈があるのですが、そういったものを勘案しても「2004年1月下旬(25日前後)までが(日本における)Le Petit Prince の保護期間となります」とのこと、それが発効(著作権の失効?)したもののようです。

 著作権が切れると、誰でもが勝手に訳して出版できることになりますので、新しい企画で新訳本が続々と出てきて“星の王子さま戦争”が勃発しそうなのだそうです。

 それとともにオリジナルもまたブームになるでしょうから、今年のクリスマスに向けてまた「星の王子さま」がはやるのは必至でしょう。

 オリジナルの絵も解禁になるということになると、本ではなくネットでも公開可能になるということになるのでしょうから、我々も勝手に使って良いのかな?

 それにしても、懐かしい話です。
by stochinai | 2005-05-26 13:31 | つぶやき | Comments(6)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai