5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 06月 06日 ( 1 )

 数日前から、ガードレールの金属片についてのニュースが異常な熱気を帯びているようです。今も最新ニュースで2万1千カ所で金属片 「事故だけで説明つかず」 (共同)というニュースがトップになっています。

 私はこれについては、昨日や今日に始まったことではなく、昔からどこにでもたくさんあった事例を、新たな発見のごとくに騒ぎ立てるマスコミ公害だと確信しています。

 もともと直立することなど珍しくもないレッサーバンダが立っただけなのに、「風太くんが立ちました」とニュースにしたマスコミにつられて、あっちでもこっちでもレッサーパンダが立ち始め、あげくの果てにはキリンやネコまでもが立った立ったと大騒ぎになりました。

 まあ、どちらの話題も1週間もすれば冷めてしまうようなものだとは思いますが、日本中で大騒ぎするようなことでしょうか。いずれも昔なら、ローカル・ニュースの埋め草か、地方新聞社が長期取材で調べ上げたルポ程度のものではないでしょうか。(補足:「地方新聞社」に深い意味はありません。コツコツと地道に調べ上げた、というようなポジティブな意味に取っていただけると幸いです。)

 ちょっとしたことに、国を挙げて大騒ぎしているのはみっともないだけではなく、我々の社会から冷静な理性が失われているようにも思えて不安になります。

 ともかく、小ネタにしかすぎないニュースをを全国のメディアが競って取り上げるのは止めないと、ほんとうにおかしな国になってしまいそうです。

追記:もちろん自転車に乗っていて怪我をした中学生など実害を受けた人達にとっては大きな事件だとは思いますが、いずれも数ヶ月から数年前の事故を掘り返して報道しているようです。やっぱり、今持ち上がったニュースというよりは「あおり」を感じてしまいます。
by stochinai | 2005-06-06 18:56 | つぶやき | Comments(6)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai