5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 07月 15日 ( 2 )

 読んでみてやっぱりと思いました。たとえハンズフリーでも運転中の携帯電話は危険(Hotwired Japan)というニュースです。

 米道路安全保険協会(IIHS)の調査によると、たとえハンズフリーでも自動車を運転しながら携帯電話で会話することは、携帯を手でもって話すのと同じくらい危険だという結果が出たそうです。

 日本でも運転中に携帯を手に持って使っていると罰金を科せられるということになりましたが、まだまだ毎日のように携帯を耳に当てながら片手で運転しているドライバーを見かけます。

 注意力さえ散漫になっていなければ、たとえ片手で運転していてもそれほど危険なものではないと思いますが、電話で話をするということ自体がかなりの集中力を要求される行動である以上、手に持っていようがハンズフリーであろうが注意力が散漫になるのが運転中の電話だと思います。それを証明する調査結果だと思います。

 この調査は当初アメリカで行おうと思ったらしいのですが、電話会社から通話記録を入手できなかったために断念、オーストラリア、ウェスタンオーストラリア州のパースというところで、携帯電話を所有しているか使用している456人のドライバーで、2002年4月~2004年7月に自動車で衝突事故を起こして救急処置室に運ばれたことがある人々を対象に行われました。

 こういう時には何と比較するのかが難しいのですが、この調査では事故発生前10分間の各ドライバーの携帯電話の使用状況と、事故が起こらなかった前週の同時刻の状況とを比較しています。つまり、同じ人間を対象に実験しているので運転技術や年齢、性別などについてなどの違いを考慮しなくて良いという利点があります。

 原著論文を見ていないので記事を信用するしかないのですが「ドライバーが携帯電話を使用している場合、衝突事故を起こして負傷する確率が全体として4倍になった」という結果が出たとのことです。

 両手で運転しているか、片手で運転しているかではなく、電話をしているということそのものが危険だという結論は尊重してもらいたいと思います。アメリカでもフロリダ、ケンタッキー、ルイジアナ、ミシシッピー、ネバダ、ニューヨーク、オクラホマ、オレゴンの8州は車の中での携帯電話の使用そのものが禁止されているとのこと、日本もぜひそれに習って欲しいと思います。

  さすがにわざわざ運転中に電話をかける人はそれほど多くはないと思いますが、かかってきた電話はボタン一つ押すだけで会話モードに入れますので、ついつい受けてしまう気持ちはわからないではありません。技術的に車の中を電波圏外にすることはそれほど難しくないことだと思いますので、その気になればハード的にも禁止することもできるでしょう。

 実は私はあのカーナビというのも運転中に見るのは危険だと感じています。言語道断なことに、カーナビのディスプレイに普通のテレビ番組を流しながら走っている車もあります。禁止にできないものでしょうか。

 車の事故は自損だけならいいのですが、かなりの高い確率で相手を傷つけてしまいます。事故を減らすためなら、いろんな規制があるのもやむを得ないと思います。

 注意散漫に走っている自動車の横を自転車で走るのは寿命が縮まる思いがするものです。
by stochinai | 2005-07-15 22:50 | つぶやき | Comments(4)

白いアニマルズ

 ある編集者さんのところから孫引きさせてもらいます。「白いワニって、初めて見たよ。

 東北サファリパークのホームページにアルビノ動物の写真がたくさんあります。

 白いキツネ
 白いライオン
 白いトラ(黒い縞がある)
 白いヒグマ(象牙色っぽい)
 白いオオカミ
 白いワラビー
 白いレア(アメリカ・ダチョウ)
 白いシマウマ(縞がない)
 白いワニ
 白いニシキヘビ

 なかなかおもしろいです。
by stochinai | 2005-07-15 16:10 | つぶやき | Comments(3)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai