5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 10月 31日 ( 2 )

 11月19日のCoSTEP演習「ブログ・コミュニケーション(1)および(2)」を取りたい方がいらっしゃいましたら、自分のブログを作っておくと楽だと思いますので、是非ともそうすることをおすすめします。

 実はまだあまりというか何も考えていないのですが、ブログ実習を出席代わりにしようと思っています。

 受講生の方は、どうせ課題は自分のブログからつぶやきブログにトラックバックするくらいだろうと思っているかもしれませんが、ブログの大御所(アルファ・ブログと呼ばれている方々)にコメントあるいはトラックバックをして、レスポンスを取ってくることなどが課題になる可能性もありますので、甘く考えないでおいたほうが良いと思います。

 とりあえずは無料のブログサービスを利用するのが簡単だと思いますが、もちろん自分のサーバーにブログを立ち上げるなどという素晴らしいものも大歓迎です。

 それから講義室(北海道大学情報科学館3階スタジオ型多目的中講義室だと思います)は100人くらいは楽に入りますので、履修届を出していようがいまいが当日は勝手に遊びにきてください。実習も、そのまま実践ということになると特に私が大変になるわけでもないと思われますので、課題がでましたら適当に参加していただけると楽しいと思います。

 まずは予告編でした。よろしくお願いします。
by stochinai | 2005-10-31 23:09 | CoSTEP | Comments(0)
 内閣改造が発表になったようです。

 我々ともっとも関係の深い文部科学大臣は小坂憲次さんという方だそうです。政治に疎い私には顔は見たことがあるかも知れない、という程度の認識しかできません。

 しかし、明日からの我々の生活に直接関わってくる可能性の高い大臣ですから、さっそくホームページに行ってみました。

 政策を紹介するページに、「教育政策」という項があります。えっと驚きました。文部科学大臣になろうという人の教育政策全文が句読点を入れて、462文字しかありません。しかも政策らしい政策と言えるのは次のところでしょうか。

自立する強さと、他人への思いやりあるやさしい心を持った、バランスの取れた人間教育を目標にして、(1)独立心と自分の考えを他人に理解させる能力を育てる教育。(2)個性を大事にして、創造性を豊かにする教育。(3) 家庭と地域(社会)と学校が協力して進める教育。に改めるべきだと思っています。

 そして最後にひとこと「要約すれば、幾つかの道の中から、独自の勉強の仕方が選択できる方式を導入すべきだと考えています」とのことです。

 高等教育に関する言及はないようですし、これまでにも特に教育科学政策関係の仕事をなさってこられたようでもありませんが、今までの教育政策は必ずしも正しくなかったという認識をしておられる方のようです。

 小泉総理の目玉公約のひとつである「米100俵の精神」を是非とも実現されるよう、よろしくお願いいたします。

追記:
 もうひとかた、科学技術担当相に松田岩夫さんという方がおられましたが、この方のホームページを見る限りは、どのような方なのかまったくわかりませんでした。競輪関係者なのでしょうか。

 こちらも、科学技術政策のことをよろしくお願いいたします。
by stochinai | 2005-10-31 19:16 | つぶやき | Comments(9)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai