5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 11月 18日 ( 1 )

明日への緊張

 今日は朝から一日中、講義やら研究報告会やら会議やらで、明日のCoSTEPでの演習へ向けての準備を始めることができたのが、夜になってからでした。さすがに心配だったとみえてNさんも様子を見に来てくれましたが、まだ私が準備にとりかかる前だったので一般的な励ましくらいしかしていただけなかったのは、私の方の出遅れが原因です。しかし、受講生の話や過去の演習の様子などをうかがうことができましたので、気分的にはだいぶ楽になりました。

 さすがにこの年になると、専門の生物学の話をするということならば長年の蓄積もあり、かなり慣れてきておりますので、簡単な用意をして準備OKとなるのですが、科学技術コミュニケーターになりたいという意欲満々の人々を前に、大して経験も知識もない分野の話をしなければならないという状況を考えるとなかなか厳しい思いにとらわれております。

 早い話が緊張しております。orz

 実は今でも、新学期が始まって最初の講義にはちょっと緊張して臨みます。たとえ、どんなに周到に準備をしていてもそうなのです。その理由ははっきりしていて、実は私の講義内容が最終的に決定するのは聴講生を見てからなので、どんなに準備をしても聴講生の実態に触れるまでは準備完了とはならないからです。

 それでも、相手が北海道大学の1年生や3年生で、理学部の生物系などというところまでわかっていると、ある程度の予想もつくようになりました。札幌医大も今年は2年目なので、少しは予想がついておりましたので、そちらも去年ほどの緊張はありませんでした。しかし、学生からシニアまでが取りそろえられたCoSTEPの受講生は、予想が付かない相手だけに(本音を言うと)ちょっと恐いのです。

 明日話す内容は、基本的には先週名古屋のSTS学会用に用意したストーリーで行こうとは思っているのですが、いまだにあ~でもないこ~でもないとネタをこねくり回してしております。私が今悩んでいるのは、何をどのように話したら良いかということがまとまらないことなのです。なぜ、まとまらないかというと私がブログというものをしっかりと把握しきれていないことばかりが原因なのではなく、受講生の皆さんが何を私に期待しているのかがわからないというところです。

 というわけで、ここに書くのは禁じ手かもしれませんが、受講生のみなさんにお願いがあります。それは明日の演習の双方向性確保にぜひともご協力願いたいということです。明日は演習の開始と同時に、自由に質問やコメント、突っ込みを認めますので、一緒に演習作りをお願いしたいと思います。

 もちろん、ある程度のものは用意して行きますけれども、あの講義室はネットが使えますし、質問によってはリアルタイムでネットにアクセスすることで対応できることも多いと思いますので、こちらが予想もしていなかった突っ込みにも対応できるかもしれません。

 ここまで書いたところで、すごいグッドタイミングで電話で業務連絡が入りました。講義室はホットスポットになっていて誰でも自由に無線LANが使えるそうです。無線LAN対応のノートパソコンをお持ちの方は講義室に持ち込んでいただいて、ネットで講義に参加していただくこともできるみたいです。(というわけですので、Rさん。持って来いとは言いませんが、持ってきてもいいですよ。^^)

 さて、ここにこれだけ弱音を書き込んでおけば、良い人が多い受講生の皆さんですので、明日は助けてくれることでしょう。もう一息、準備をしてからたっぷりと眠って明日に臨みたいと思います。(これも、ブログ・コミュニケーション実習になっています。)

 大雪にさえならなければ、なんとかなるでしょう!
by stochinai | 2005-11-18 23:21 | CoSTEP | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai