5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 11月 20日 ( 1 )

 日曜なのに大学で、命令されて仕事をしています。

 明らかに超過勤務であるにもかかわらず、超過勤務手当で対応はしてくれないそうで、代休を取れとのお達しです。来週は講義がない日はないので代休はとれません、と言ったら「代休を取れない理由書を提出して、再来週以降に代休を取ってよろしい」という有り難い(?)お達しです。代休を取ったって、大学で仕事を続けなければならないことは知っているくせに、大学ってよっぽど金がないですね。

 それはさておき、昨日の演習「ブログ・コミュニケーション」で勝手なことばかりほざいていたので、受講生に何が伝わったのか、何が伝わらなかったのかちょっと心配でした。

 普通の講義だと最後に感想や批判を書いてもらって終了とすることが多いのですが、昨日は最後に課題を出して終わりにしてしまったので、現場でディスカッションできたことを除くと受講生が何を感じたのかを知るのは、課題トラックバックが届くまで待たなければならないのかと思っていました。

 ところが、やっぱりCoSTEPの受講生は一味違うメンバーがいるようで、早速講義記録をかいてくれた方がいました。しかも、あっちへいったりこっちへ戻ったりと、糸の切れた凧のように、風の吹くまま流れ流れてそのまま読んでも何がなにやらわからなくなるような講義の速記録ではなく、見事に中味のエッセンスがまとめられております。しかもさらに、感想・コメント付きなので講義記録よりいいものになってます。「これください」といいたくなる一品です。もちろん、あの場にいらっしゃった方なのでしょうが、頭が下がります。本当にありがとうございました。

 do-something さんも何か書いてくれるって予告しているので、楽しみにしてます。他にも、あの場におられた方でお暇と時間と愛のある方は、よろしくお願いします。いじめるよりはいじめられる方が好きな(マゾ?)おやじなので、辛口の批評も大歓迎です。人というものは、そうした批判を吸い取ることで大きくなれるんですから、叩かれた方が絶対に得なんです。

 もちろん、準備不足とか力不足とかいろいろの不足があって昨日言い忘れたことはたくさんたくさんあると感じているのですが、そのひとつを今日発見しましたので、追加としてここに記録しておきます。ソースは404 Blog Not Foundさんのエントリー「ドーナツの穴」経由で教えてもらった真性引き篭もりさんのエントリー「愛は死んでいない」に重要な示唆があります。

 ブログを続ける力としてもっとも重要なものに「技術」というものがあります。基本的に、技術というものは、学んで身につけることができるものですので、「必要なのは技術だ」と言われることは万人にとっての希望になります。引用します。

ブログにとって大切なのは毎日の更新であるとか、筆力であるとか、ユーモアであるとか、あるいは人間力である、などということをまことしやかに語る輩が居るが、それらは全てが嘘なのである。即ち、ブログあるいはブロガーに求められる能力というのは唯一にしてただ一つ、技術だけなのである。

仮に「心あるブロガー」というものが存在しているならばそれは心あるブロガーではなく、心あるブログを書く技術を有している人間に過ぎないし、「良識あるブログ」というものが存在しているならばそれは良識あるブログではなく、良識あるブログを作り上げる技術を有している人間に過ぎない。

 もちろん言い過ぎあるいはいささか過剰なレトリックも感じますけれども、なかなか説得力をもった一面の真理だと思い感心しました。

 これを発展させると、次のようになるのだそうです。

人が愛であると思っているそこにあるものはただ一つ、技術である。
そして、それは悪いことでも良いことでもない。

 ここから先は、私には詩の世界に思えるのですが素敵な響きを持った文章が続きます。興味のある方は是非読んでみてください。

 真性引き篭もりさんの言葉には、コミュニケーションを目指す人間にとって、とても重要な指摘が含まれていると思います。愛も心も誠実さも面白さも夢も伝えられてはじめて姿を現すものですが、その姿を相手に見てもらうための技術がなければ存在していることすら不明です。

 小泉さんじゃないですけれども、技術なくしてコミュニケーションなしということを改めて思い出させてくれるエントリーでした。

 真性引き篭もりさんのエントリー、結論も素敵です。

つまり、「愛は死んだ」という事も出来るし、「愛は死んでいない」という事も出来る。


追記(11月21日)
 この演習からの発展として、また素晴らしいエントリーがひとつ発信されています。皆さま、是非ともご覧ください。

追記2(11月21日)
 どんどんと反応が寄せられております。いずれもCoSTEPの受講生はただものではないことを思い知らされてくれるものが多いのですが、学者のたまごさんのエントリーは、ブログ現場からのコメントとしてとても貴重です。こちらも是非ご覧ください。

追記3(11月21日)
 トラックバックされた、ローギアブレイクダウンさんのブログにも他の方が書かれていない(実は、もっとも自信のなかった素人科学史のところ)が触れられています。中味の正誤はともかく、確かにそんなこともしゃべりました(^^;)。

追記4(11月22日)
 セキュリティ&コンサドーレ札幌さんからのトラックバックもなかなか読み応えのある論説になっていると思います。特に掲示板とブログの比較についてはおもしろいと思いました。

追記5(11月22日)
 レポートですと言いながらもトラックバックを忘れたriverparadeさんのブログにも、関連エントリー「サッカー『が』好きです」があります。こちらから勝手にリンクさせてもらいますが、さすがに私よりもブログ歴が長い方の論文は一味違いますね。ありがとうございました。

追記6(11月24日)
 セキュリティ&コンサドーレ札幌さんの新しいエントリー「コミュニティ形成ツールとしてのblog」に私が言いたかったことが見事に解説されています。私が一所懸命に解説するよりも、こっちのほうがわかりやすいと思いました。
by stochinai | 2005-11-20 18:12 | CoSTEP | Comments(12)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai