5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 11月 26日 ( 1 )

 1997年に臓器移植法が施行されてから8年経ちます。

 毎日新聞によると、26日、近畿地方の病院に窒息のため入院していた成人男性が、同日午前1時半過ぎに、臓器移植法に基づき脳死と判定されたとのことです。

 今年になって脳死と判定された例がこれで9人目だそうで、驚いたことにこんなに少ない数でも今までの年間最多なのだということです。国内での脳死判定としてはこれが41例目で、臓器提供が実現すれば40例目になるとのことです。この記事を読むと、脳死になるとほぼすべてのケースで臓器提供がなされるようにも読めますが、臓器提供の意志がなければ脳死の判定をしないということなのではないかと思います。

 私は来年早々出版される予定のある本に「これからは脳死者の数は減ることはあっても増えることはないだろう」と書きましたところ、査読をしてくださったある方が「脳死者は今後増えるのではないか」とのコメントをくださいました。医療が進歩すれば脳死に至る前に脳崩壊の進行を阻止できるでしょうし、場合によっては今までは脳死と判断されていたものが治療可能な損傷という判断に変わることもあるのではないかと思い、これからは脳死者は減るだろうと書きました。

 その判断が正しいか間違っているかは未来に結果を見なければなりませんが、臓器移植を前提に脳死判定をするようになってから8年も経っているのに、いまだに年間10人に達しないということであれば、国内での脳死臓器移植が通常の治療方法になったとはとても言えません。11月15日付のライブドアニュースによれば、100万人当たりの肝臓移植者数(なぜ肝臓なのかは不明です:stochinai)を国別に比べると、米国が42.8人、カナダが33.2人、ヨーロッパの国々はスペインの47.7人、オーストリアの41.8人をはじめ、ほとんどの国々で20─30人で、日本は4.7人ということです。

 銃の存在などを抜きにして考えると、同じような文化程度の国であるならば脳死者の発生率にそれほど大きな差がでないことが予想されますので、臓器移植の少なさは「日本では脳死判定がそれほど行われていない」ということを示しているのではないかと思います。上のニュースでも「国内の脳死で亡くなる人の数は7000 - 8000人と言われ」ていると書いています。ほとんどの方々は脳死判定を受けていないということです。

 なぜ日本で、臓器移植法による脳死判定があまり行われないかというと、それはやはり臓器移植のドナーになっても良いという人が増えていないからでしょう。

 このような状況を前にして、臓器移植を待っている患者さんに対する理解が足りないとか、脳死というものがわかっていないとか言っても、あまり状況が変化するとも思えません。

 脳死になった時に、自分のからだを苦しんでいる患者さんを救うために使って欲しいという気持ちになるかどうかは、子どもの時からどのような社会でどのような教育を受けて育ってきたかということで決まるのではないでしょうか。家族の気持ちも同様だと思います。

 今、日本では教育の荒廃が叫ばれています。法律で臓器を提供することを推奨しているだとすれば、臓器を提供するのは善良な国民ということになるでしょう。そうした善良な国民を育てるには最低でも15年から20年かかると思います。

 臓器移植法などという法律ではなく、子ども達を育てる教育環境そのものを15年から20年計画で変える取り組みをすることだけが、進んで臓器提供の意志を持った子供達ひいては大人を育てることができると思います。

 別に、意識して臓器提供の意志を持った人間を育てる必要などないと思います、単にしっかりとした社会的責任感を持った人間を育てるということがそこにつながっていくのだと思います。

 くるくる方針の変わる小手先の改革の継続などではなく、しっかりと未来を見据えた息の長い一貫した政治を始めなければならない、引き返せないポイントに来ていることを感じます。
by stochinai | 2005-11-26 18:10 | つぶやき | Comments(6)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai