5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 01月 19日 ( 2 )

 昨日のエントリー「豪雪地帯」に、ハニーmさんという方からコメントを頂きました。豪雪地帯への直接のコメントというより、インターネット・コミュニケーション全体への問題提起だと思いましたのと、コメント欄に留めておくにはあまりにももったいないご意見だと思いましたので、ここに再掲させていただきます。(改行位置を変えさせていただきました。また、一カ所句点を追加しました。)

 初めて投稿させて頂きます。緊迫したテーマの続く折、遡るようで恐縮です。

 sarasara304さんのブログに「民意の階層化」への危惧を少しコメント致して以来、補足したいと思いながらまとめられず、「源」を辿ってまいりました。
 
*自然の河川と人工のパイプライン
 昨年、ある業務を通じて、市民と行政が同じテーブルにつき「合意の形成」を図る過程を見続け、「砂金採り」のイメージ、「生成流転」の言葉が浮かびました。ゆく川の流れ、無数の砂粒のような民の声、すくい取る忍耐と繰り返し……
 
 インターネットに拠らないコミュニケーション、情報伝達を自然界の河川に喩えてみます。何者かが汚染物を撒いたとして自浄作用があると思います。土木工事等で思いどうりにしようとしても予測できない事態が発生し、自然を完全・完璧に征服することは不可能でしょう。(独裁体制は「自然」とは言えず…)民は、何かに「参加」しなくとも、ただ「存在」しています。
 
 ブログは人工のパイプラインを流れる水。経済的な関門を通り、管理・制御された中での「自由」の気がしてきました。攻撃・破壊に対してガードや修復の措置は取れますが、「自然界」のような身を守る場はあるでしょうか。非力な民は、ごく普通の雑木林、野原に紛れている方が安全かもしれません。
 
 決してブログやインターネットを否定するつもりではないのです。私にとって有用な楽しみのひとつです。知識不足で杞憂が生じているようです。拙い表現の意をご理解頂けましたら幸いに存じます。

 sarasara304さんのブログにコメントされたというのは、「市民って?」というエントリーに寄せられたamfkさんからのコメントのことです。

 sarasaraさんは、amfkさん(=ハニーmさん)のコメントにインスパイアされる形で、私がCoSTEPの演習で出した課題「ブログではできないこと」に対して「いまさらですが、ブログ演習の課題に焦ってみる」というエントリーで、かなり充実したブログ・コミュニケーションに対する論考をなさっています。

 ハニーmさんが昨日書かれたコメントは、その議論の流れの中から出てきたものだと思います。表現が比喩的で私がうまく意図するところを読みとれているかどうか不安はありますが、この人工的に作り出されたインターネット空間で行われているコミュニケーションに、我々が普段あまり気がつかない危険や落とし穴があるかもしれないことに警鐘をならされているように思えました。

 確かに、人工的に作り出されたまだまだ未熟なコミュニケーションの手段であり、おっしゃるように参加している人間としていない人間の間にはっきりとしたディバイドを生んでいますし、ネット空間の中における無頼な論者の存在もまた事実だと思います。

 しかし私は、そうしたこともすべて認めた上で、今はこの手段が我々に与えてくれるであろう可能性をとことん突きつめてみたいと思っています。正義を行うために使われて有効な武器は、同じように悪を行う場合にも恐るべき凶器にもなり得ます。

 この武器を使って、正義が行われるのか悪が行われるのか、ほんの短い人類の歴史ではありますが、我々は今また試されているのではないでしょうか。

 つたない議論で申し訳ありませんが、今回はハニーmさんの投稿を保存するという意味もあってエントリーを立てておきます。
by stochinai | 2006-01-19 21:25 | つぶやき | Comments(2)

今朝も大雪

 昨日の朝も除雪してから出勤したのですが、一日経って今朝までにまたかなり積もりました。

 これは昨日と同じ写真ですが、2週間前の風景です。
今朝も大雪_c0025115_21244165.jpg

 この写真とほぼ同じアングルで撮った今朝7時頃の風景です。西の空がちょっと朝焼けっぽいです。
今朝も大雪_c0025115_16255989.jpg

 4日前の日曜日に屋根の雪はすべて落としましたので、下の写真でガレージと物置の屋根に積もっている雪が、月曜日から今朝までの積雪量です。今日もまた降ったので、現時点ではもっと厚くなっているはずです。

 見るとわかると思いますが、屋根にあった雪の3分の2くらいは、こちら側の花壇の領域に落としました。それでガレージのこちら側にある融雪機用の200リットル入り灯油タンクとその左側に見える「虚無僧」のように傾いているアジサイがほぼ見えなくなっています。

 今週はまだ降りそうということなので、また2週間前と同じような状況になるかもしれません。文字通り、すべてが雪に埋もれてしまいます。

 例年ならば、これからが大雪の本番の季節ですから、まだまだ油断できません。
by stochinai | 2006-01-19 17:25 | 札幌・北海道 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai