5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 01月 22日 ( 1 )

実力と評価

 ライブドア問題は発生数日にして語り尽くされてしまったような気がします。テレビや新聞の報道を見ている限りは、情報が小出しにされているだけでイライラするかもしれませんが、ネットを丁寧にあさるとほぼ結論に近いものが探し出せると思います。

 もちろん、ネットでは虚実取り混ぜた情報が並立的に提示されており、それが膨大な量のマスコミ情報のコピーと極私的感想の中に埋もれているのがインターネットの特質ですので、そこからどうやって確からしいストーリーを取り出していくのかというリテラシーがないと、かえって混沌の中に投げ出されることになってしまいます。今回の「事件」はいわば我々に課せられた練習問題と言えるかもしれません。

 そんな中で珍しくテレビのライブ・スタメンの中で爆笑問題の太田光が青臭いとも言える正論を強調していたのが、なんとも新鮮でした。彼が言っていたのは、投資というのは自分が評価して、これならいけるという判断をした会社の株を買うということで、それは株の値段が上がった下がったということとは関係ないだろう、ということです。

 私もこれは理念的に正しい定義だと思いますが、株の売買を金儲けのための行うという立場からいうと全然違うのだと思います。株の売買によってできるだけ確実に利益を上げようとする場合には、会社の実力や評価などよりも現実に日々の株価がどういうふうに動いているかが問題で、会社の実力の評価などは二の次、さらに極端にいうとそんなものは関係ないとさえ言えます。

 そういう立場で行われる株式取り引きがいわゆるマネー・ゲームで、ホリエモンがやっていたのはまさにこのマネー・ゲームだったのにもかかわらず、マスコミや自民党はついこの間まで、これこそ新しい時代の起業であり企業のあり方だと持ち上げていたということでしょう。今回の事件があっても、その状況が変わるとは思えません。

 実は科学の世界でも同じことが起こっています。

 今は昔の話になりましたが、科学者はその研究を理解できるほんの一握りの人によってのみ評価されており、暗黙ではありましたが誰がすごくて誰がダメかということは仲間うちでは評価が定まっていた時代がありました。その頃、実力と評価は直結していたと思います。

 その頃ももちろん研究者は研究をして、その結果を学会や論文に発表し、その内容を評価できる人によってランキングされていました。論文は、それぞれの研究分野ごとの小さなグループの内部でのみ流通している小さな学術誌や、大学の学部ごとにだしている紀要と呼ばれるものに発表されることも多かったのですが、どんなところで発表されようと世界中にいる同じ分野の研究者には配布されましたので、何も不都合はありませんでした。場合によっては、学会や論文発表をしなくても「あの人はすごい」というような評価を受けている例もありました。

 仲間うちで評価が高いからと言ってその人にだけ集中的に研究費が投入されるということもあまりなかったのかもしれません。もともと、研究というものに投入される費用が小さかったので、評価の高い研究者に研究費が傾斜配分されたとしてもたかがしれていたという状況もあったと思います。それが、最近は科学研究が産業に直結するケースも増えてきたこともあり、政府から投入される研究費が増加してきました。

 政府としては膨大になってきた研究費を重点的に配分して、効率よく成果を回収したいという考えているようです。そのために評価の高い研究者に研究費を配分することが必要になってきました。しかし、その評価が難しいのです。分野毎に専門家によってきちんと評価ができれば良いのですが、学問分野は気が遠くなるほど多く、さらに日々広がっています。

 そういう中で、非専門家である政府などがに研究者の「実力」を客観的に判断する基準として、国際的学術専門誌に掲載された論文を利用するという流れが出てきました。この基準を導入することで、それまで生物学系の論文の発表の場として広く利用されていた各大学独自で出版していた紀要や、多くの国内学会誌は「評価を受けるための」研究発表の場としては適さないという状況になってしまいました。あるものは休刊や廃刊に追い込まれ、そうでなかったとしても「重要な論文」を発表することが避けられるようになっているのが現状です。

 これは、研究がその内容(実力)ではなく、それが発表された場の評価(株式相場で言うと株価に当たる)されるということです。このシステムによると、評価の高い雑誌に論文が掲載されることが研究費獲得と結びついてきますから、研究費の欲しい研究者はともかく有名な学術雑誌(NatureやScience)に論文が載ることが至上命題になります。

 その結果として起きた不正行為が、韓国のES細胞スキャンダルや日本の論文ねつ造スキャンダルです。バブル長者が株価を操作するために会社の業績を操作するのと同じように、彼らは有名雑誌に掲載されるためにデータを操作したのです。つまり、科学の世界の論文ねつ造は株価の不正操作とよく似た構造をしていると思います。

 金に踊らされるという意味においては人間である限り、みな同じなのかもしれません。必要なのは正しくオープンな業績評価システムと、会社であれ研究であれデータ偽造やねつ造などを監視するシステム、それと「人間は金だけではないはずだ」という倫理観を持った人間を育てる教育システムではないかと思いますが、いずれも簡単なことではないですね。
by stochinai | 2006-01-22 23:28 | 科学一般 | Comments(11)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai