5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 01月 25日 ( 1 )

 米国から輸入された牛肉に背骨が混じっていたために、輸入禁止措置がとられたことで、アメリカ側はいちおう輸入解禁に際して日米で交わされた輸入基準の合意に違反していたことは認めつつも、21日に踊る新聞屋ー。さんが予言したとおり、逆切れ開始のようです。

 来日したJ・B・ペン米農務次官は24日、米大使館で記者会見し、米国産牛肉の安全性に関して、「BSE(牛海綿状脳症)のリスクは自動車事故よりはるかに低い。日本の消費者が適切な判断をすると信じている」と述べたそうです。(読売オンライン)ついでに、「日本では22頭のBSE感染牛が確認されたと聞いている。米国では2頭だけだ」とも言っていますが、日本で前頭検査をしていることを無視し(知らない?)、日本よりもアメリカのウシの方が健康だというようなニュアンスの愚かな見解を延べています。

 一方、彼がいうように日本国内では22頭目の感染牛が発見されたのですが、その発表が23日ですので良く調べているものだと感心しました。感染牛は「雌のホルスタインで、肉骨粉が餌として禁止される前の2000年9月1日に生まれ、北海道別海町で飼育されていた」ものだそうです。

 さらに、アメリカのおとなりカナダでも4例目の感染牛が発見されています。意外と知られていないのですが、カナダからの輸入も米国産と同じ扱いを受けていて2003年から日本への輸入が停止されていました。そして、昨年12月の米国産の牛肉とともに輸入が再開されています。しかし、先日の背骨混入事件はアメリカのものだったので、カナダ産の牛肉の輸入は今でも継続されています。

 ホリエモン事件のせいで、あまり大きく報道されていませんが、現在の日本政府の苦手な部分のひとつが外交です。しかし、せっかくアメリカに対して強く出ることのできるカードを手にしたのですから安易に輸入再開しないということが良いと思います。

 アメリカ人のBSEに対する感受性の鈍さには驚くべきものがあり、学者や医者でさえも「事故という意味においては飛行機が自動車よりも安全であるのと同じように、牛肉を食べてBSEになる確率を考えると自動車事故に会うよりも確率は低い」というような乱暴なことを言いながら平気で食べる人が多いと聞きます。もちろん、牛肉は食べませんという米国人もいるようですが、おせっかいな米国人は本気になって、我々日本人がウシの全頭検査をしていることを非科学的だと哀れんでアドバイスしてくれようとしているのかもしれません。

 しかし、我々の国が選んだ全頭検査はいわば日本の食文化であり、科学と非科学・迷信というようなレベルで議論されるべきものではないと思います。

 靖国問題については絶対に外圧で意見は曲げないという我らが総理ですから、外圧で我々の食文化を変えるなどということを決めることは絶対にしないと信じております。

 何を食べるかということくらい自分たちで決めたいものです。価格破壊という名で、貧乏人に強制的に安いものを食べさせることもやめていただけるとありがたいです。
by stochinai | 2006-01-25 20:48 | つぶやき | Comments(12)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai