5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 06月 05日 ( 1 )

 まだ事件の真相が明らかになっているわけではないので、これからの話はあくまでも架空の議論ですが、秋田の小学生連続死亡事件は、事故と殺人あるいは殺人と殺人ということになりそうな気がします。

 最初に亡くなった女の子の母親が、二番目になくなった男の子の死体を遺棄した疑いで逮捕されてしまいました。

 週刊誌などではかなり前から、女の子の母親が男の子を殺したのではないかという記事が出ていたようです。これも伝聞や想像なのですが、地元では女の子の死は事故死だったとしても、その母親の虐待になんらかの原因があったのではないかという噂があったようです。

 田舎でそのような噂が立ってしまったら、たとえ刑事事件にならないとしても、その母親の居場所はなくなるのかもしれません。そういう中で、母親が自分の子供の死の原因は自分にはなく、誰か第3者の手になる殺人だと主張していたとしても不思議はありません。

 しかし、いくら主張しても人の噂を鎮めることがあまりにも難しいとしたら、それを証明することでしか事態を沈静化できないと考えた母親が、「2番目の被害者」さえ出てくれれば自分の潔白は証明できると思ったのかもしれません。

 事実、男の子が殺された時に、女の子の死は事故ではなく殺人だったのではないかという推測が繰り返し報道されました。それが、女の子の母親が意図的に主張した意見だったのか、あるいは私のような地元の事情をまったく知らない人間からみると、いかにもありそうなシナリオだったからか、初期にはそういうラインで犯人探しが行われるのではないかというふうに思えたものです。

 しかし、警察は最初から冷静で、あまり派手な動きを見せていませんでした。ということは、警察はかなり初期の段階から犯人に目星をつけていたということなのかもしれません。

 最初の事故の時にも、地元の人々の間にあった噂を警察が知らなかったはずはありません。それを放置したのは、警察の母親に対する「思いやり」だったとみることもできるのですが、母親は警察に追求されなかったとしても地元住民からはすでに村八分状態にされていたのかもしれません。

 そこで、第2の事件を女の子の母親が「身の潔白」をはらすために「連続殺人氾」をでっち上げようとしたという見方もできるかもしれませんが、私は考えようによっては彼女は娘の死の原因として逮捕されたがっていたのかもしれないと思いました。

 このままだと、またこの地区で殺人事件が起こってしまうといっていた彼女の言葉は、このまま娘の死を事故として放置するのならば、自分が殺人事件を起こすという予告だったのかもしれません。だとするならば、彼女の行動は自分を逮捕して欲しいという訴えだったのかもしれないとも思えてきます。

 彼女の行動は警察や地元住民に対する挑戦と見ることもできますが、自分の子供を死なせてしまった自分を逮捕して欲しいという叫びだったようにも思えます。

 両親が揃っていたとしても、子供を虐待する親がたくさんいる中で、若くして子供ができ、離婚によって女手一つで子供を育てなければならない状況にある人も、今の日本にはたくさんいます。そして、それは想像を絶する大変さだとは思います。もちろん、その大変さを克服して立派に子育てをしているシングルマザーがたくさんいらっしゃることには頭が下がりますが、同時にとてもひとりでは育てられないと追い込まれている人もたくさんいるのではないでしょうか。

 何でも自己責任と言われる今の日本ですが、子育ても自己責任というのはほんの一握りの恵まれた家族に対してだけ可能なことなのかもしれません。そうであるならば、お金がなくても、親が離婚してしまっていても、子供には何の責任もないのですから、その子たちには日本という国が責任を持って幸せに育つことのできる環境を与えてあげることはできないのでしょうか。

 少子化の中、日本の人口が実際に減り始めているとのことです。そういう国にとって、すべての子供は次世代を担う宝のはずです。親の経済力や性格が原因で、子供たちが不幸になるなどということを許したら、たとえ無事に大人になれたとしても、その子供たちは日本を愛するどころか、日本という国に対して復讐することになったとしても、一方的に責めることなどはできないと思います。

 子供たちと、その子供たちを育てる親にとって、ゆったりと幸せに暮らせる環境を提供できないのだとしたら、少子化が続き日本という国が消滅していくのを座視するしかないことになると思えてなりません。

 あるいは、すでにそうなってしまったということでしょうか。
by stochinai | 2006-06-05 22:01 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai