5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 08月 15日 ( 1 )

 靖国神社には戦争犯罪人が合祀されているのが問題だという議論があります。

 神社に祀られている人々は自動的に祀られるのではなく、当然のことながらそれなりの手続きを経て人為的に祀られます。東京裁判で有罪判決を受けたA級戦犯と呼ばれる人々も、死んだことで自動的に靖国神社に祀られたわけではなく、1978年になってからある種の手続きを経て合祀されたとのことです。

 普通の論理で考えるならば、人為的に合祀されたものならば、人為的に分祠することが可能なはずだと思いますから、当然にも合祀をご破算にして分祠してはどうかという意見が出てくるわけです。

 数日前に、その件に関する靖国神社側の見解というものが複数のテレビニュースやワイドショーで説明されていましたが、失笑を禁じ得ないものでした。説明では、合祀というものはそこに祀られているすべての人が一本のロウソクの火のように一つになっている状態なので、そこから特定の人の霊だけを抜き出すことは、もはや「不可能」だというのです。

 宗教というものは人が作ったものです。その中にいろいろな宗教的決まりやしきたりがあることはわかりますが、それもすべて人が作ったものです。宗教を信じる人々が、そのしきたりや決まりを厳格に守って生活することがその宗教の外側にいる人々に迷惑をかけないのであるならば、その自由は最大限守らなければならないでしょう。

 しかし、この合祀問題に関しては明らかに日本全体あるいは国際的に大変な迷惑を与えていると言わざるを得ません。

 あるスポーツがあってルールに則って競技場の中だけでゲームをしている限り、どんなにバカげたルールであってもそのスポーツの中で完結している場合には問題にはなりませんが、スポーツしていない人の生活にまで影響を及ぼすとしたらどうでしょう。

 実際にそんなスポーツはないと思いますが、たとえ間違いだとしてもいったんリングの中に入ったら試合が終わるまで出ることが許されないというルールがあったとします。何も知らないプレーヤーではない人が間違えてそのリングの中に入ってしまったのに、出ることが許されないなどという事態になったらどうするでしょう。ルールだから試合が終わるまでその人は外へ出さない、ということになるでしょうか。

 日本という国の社会・政治体制の中で、靖国神社の合祀という宗教のルールを主張して分祠を拒否するということは、それと同じようなことだと思います。科学的に論じられるべき政治・社会のルールと、論理的根拠のないオカルト的な神社のルールが言い争いをするということは、滑稽さを越えて醜悪なものですらあります。

 アメリカ合衆国には進化論を信じない人が40%もいるということがサイエンスの8月11日号に出ていましたが、靖国神社のオカルト的な分祠不可能論の説明に対抗できないようだとすると、日本人の科学リテラシーも負けず劣らずなものだと言わざるを得ません。(ちなみに、日本では80%以上の人が進化論を信じていることになっています。)

 1978年に国民的議論もほとんどないうちに合祀されたということならば、いったん白紙に戻して議論をしてから、改めて合祀するのか分祠するのかを決めても良いのではないでしょうか。原状復帰ということが、できないはずはないでしょう。

【追記】
 MANTAさんから、コメントを頂きました。関連エントリーも書かれていらっしゃいますので、こちらからトラックバックを送ります。

【追記2】
 BigBangさんが、「靖国神社はどうなのというかどうなんだ---常勤霊と非常勤霊とか」を読むと、なんと靖国には非常勤の霊までいらっしゃるそうで、神社側の都合で霊にいらしていただいたり、お帰りいただいたりできるのだそうです。それなら、合祀も分祠も自由自在だと思うのですが、靖国さんがやりたくないことは「不可能」なんでしょうね。
by stochinai | 2006-08-15 21:42 | 科学一般 | Comments(11)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai