5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 08月 19日 ( 1 )

土曜日の庭

 今年の春にフジの花がたくさん咲いたのですが、なんと豆がぶら下がっています。種を収穫する楽しみがふえました。
土曜日の庭_c0025115_15546100.jpg
 7月に発見したドングリの赤ちゃんのうち、少なくとも1個は無事にすくすく育っているようで。傘から実がのぞき初めています。これも、成長が楽しみです。
土曜日の庭_c0025115_15574811.jpg
 私の趣味のひとつに、あちこちから植物の一枝を頂いてきて、水に挿して根が出たら植えるというきわめてずぼらなクローン作成があるのですが、今年はゲンペイウツギとウツボカズラに挑戦しています。そう言えば1週間前にお見せしたクレロデンドルムは、昨年の作品で、おなじエントリーでご紹介したムクゲも5年ほど前の作品です。

 この水挿しは、挿し木技術としては邪道なのかもしれませんが、気が短い私としては土に挿して根が出ているのかどうかがわからないという状況には耐え切れないので、もっぱら水に挿して毎日のように根の出るのを観察するのが楽しみです。

 さて、この水挿しなのですがなんの技術もいらないかわりに、結果はかなり不安定です。今回もほぼ同じ状態のウツギの枝を3本水に挿しておいたのですが、見事に3様の結果になりました。
土曜日の庭_c0025115_167556.jpg
 挿し木からうまく根が出る時には、だいたいのケースにおいてカリフラワーのようなカルスが形成されて、その中から根が生えてくることが多いのですが、そのカルスがとても良くできる枝とほとんどできない枝があるのです。今回も左端のようにわさわさとカルスができているものと、右端のようにほとんどできなかったものがあります。植物体自体はどちらも元気そうで、水は同じように良く吸い上げているのにこの差が出てきています。園芸屋さんには、根を出すためのホルモン剤などが売られていますので、そういうものの差があるということなのでしょうか。良く分かりませんが、不思議な現象です。

 さて、こちらはなかなか根がでなかったウツボカズラです。根が黒いので、最初はカビでも生えてダメになったのかと思っていましたが、どうやら大丈夫のようです。
土曜日の庭_c0025115_16132818.jpg
 庭でごそごそとやっていたら、網戸の向こうからネコが不審そうな顔をして見張っていました。
土曜日の庭_c0025115_16142135.jpg
 網戸ネコです。

【追記】
 そういえば、フジの木もドングリの木も拾ってきた種から育てたものでした。時間はかかりますが、まったくお金のかからない趣味ですね。
by stochinai | 2006-08-19 16:20 | 趣味 | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai