5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 09月 06日 ( 1 )

 福岡市の職員が飲酒運転の後に家族5人の乗った車に追突し、幼い子供を3人殺した事件(これを「交通事故」と呼ぶのは不自然だと思います)で、容疑者に水を持ってくるように頼まれた友達が逮捕されてしまいました。容疑は証拠隠滅だそうです。

 朝日新聞によると、追突して車を転落させた容疑者は、その直後に中学時代の同級生だった友達に電話をかけて、身代わりになってくれように頼んだということです。これは、容疑者が飲酒の上で事故を起こすと罪が重いということを知っていたことを示す重要な証拠になります。さらに、その犯行が素面の人間によって起こされたものであるならば、刑が軽くなることを予想し、そのように偽装させるという極めて悪質な工作を試みたわけですので、さらに罪を重くしてやるべきだろうと思います。

 もちろん、その友達は容疑者の頼みを断ったのですが、容疑者がそれはあきらめた代わりに「水をたくさん持ってきてほしい」と頼んだのだそうです。友達がとんでもない事件を起こし、その身代わりを頼まれた友人は、たぶん長年の友達だったのでしょう。たくさんの水を欲しいと言われて、犯人の身代わりにはなれないけれども何もしてやれないというのも友達として、心が痛んだのではないでしょうか。「それならいいよ」ということで、水を持っていってやった気持ちはとてもよくわかります。私がその立場にいたら、同じことをやったかもしれません。

 確かに記事にあるように、「2リットル入りのペットボトル数本」というのは、ちょっと多すぎるとは思います。そして、ひどく酔っている容疑者の泥酔状態を少しでも軽減してやれば、ちょっとは罪が軽くなるかもしれないと思ったかもしれませんが、まさかそれが「証拠隠滅」の罪になるとまでは考えなかったと思います。

 私はこの話を聞いて、よく映画などで逮捕された犯人や虐待された囚われ人に誰かが水を差し出すというシーンを思い出しました。窮地に追い込まれた人間に水をやることは「人の情け」というふうに考えるのが我々のような普通の市民が考えることです。

 飲酒の形跡を消すための方法と称して、いろいろな方法が伝説として語られています。ミント系のガムをたくさん噛むとか、呼気にアルコールがでなくなる薬があるとか、いろいろ言われているのを聞いたことがありますが、ニセ科学ではないでしょうか。おそらく、時間が経たなければ呼気中あるいは血中のアルコール濃度を急激に下げることなどできないと思います。しかも、今回使われたのは、そうした薬物や化学薬品などではなく、ただの水なのです。

 容疑者の弁護士が記者会見で、「水を飲んだのは警察官に事故を申告した後で、複数の警察官の前で飲んだが止められなかった。アルコール検査は水を飲んですぐに受けており、検査結果に影響するとは考えにくい。違法性はない」と主張したそうですが、これは科学的と言える議論だと感じました。

 一方、警察が水を運んだ友達を逮捕したのは、悪人をかばう「ふとどきもの」を懲らしめてやろうというような意図を感じるのは、私の偏見でしょうか。

 容疑者の罪は明らかであり飲酒も証明されているのですから、水を運んだ友人を逮捕したというのは過剰な対応だと思います。警察の捜査を邪魔しようという意図を感じたのかもしれませんが、たまたま犯人の友達だったというだけで逮捕されてしまったように思えてなりません。

 本来ならば、この友人は容疑者の犯行を証明するための検察側の証人として、重要な存在だと思いますが、この件で警察に敵意を持ってしまったと思います。そういう面から考えても、警察のとった逮捕という行動は軽率だったと思えるのですが、どうでしょうか。
by stochinai | 2006-09-06 20:56 | つぶやき | Comments(10)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai