5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 09月 20日 ( 1 )

松江着

 明日から、島根大学で開催される第77回日本動物学会大会に参加するために、松江にやってきました。

 今朝は、台風が札幌の隣の石狩市に上陸などというニュースで目を覚ましました。しかし、風は多少強いものの雨も降っておらず、自分が台風の中にいるとは実感できませんでした。交通情報でも、千歳発着の航空機は定時運行をしているということなので、楽観的に行動できました。

 松江に行くためには、直通便がありませんので、まずは東京・羽田です。そこから、出雲行きに乗り継ぎです。羽田では、ほとんど待ち時間なしに乗り継げるのですが、降りたゲートと乗るゲートがえらく離れており、地上勤務の方に先導されて乗り継ぎゲートまで小走りです。まわりから見ると、ツアー客のように見えたかもしれません。
c0025115_22135862.jpg
 便数が少ないこともあって、久しぶりに(と言っても一ヶ月ぶりに)JALに乗りました。最近は JALもがんばっているのかトラブルのニュースもなく、そろそろ見直してもいいかなと思っていたところですが、今日コーヒーのサービスを受けてちょっと感動してしまいました。なんとミルクと砂糖が別々にもらえるようになっていたのです。前は、ミルクと砂糖とステアが一つの袋にはいっていて、砂糖はいりませんと言えなかったのですが、初めて言えました。こういう、ちょっとしたところに気配りができるようになったのは、良い兆候かもしれません。

 台風一過ということもあって、日本中に雲が比較的少なく地上がよく見え、ずっと窓際に座っていた私は、なんだか得した気分になりました。

 富士山をこんなに近くで見たのは初めてです。地上から見るのとずいぶん異なり、火口がかなり荒々しいのが意外でした。
c0025115_2220111.jpg
 出雲着陸直前に見えたこの高い山は、ひょっとすると大山なのでしょうか。山陰の山並みは、いつものように霞んでおり、こういう山並みを見て育った子どもと、北海道のようにいつもくっきりとした山の稜線を見て育った子どもの感性は、やっぱりどこかが違ってしまうのではないかと、見るたびにそう思います。
c0025115_22205744.jpg
 さて、松江で滞在しているマイ定宿チェーンのホテルは駅と寺町という文字通りお寺が軒を並べているところの中間にあります。寺町あたりをふらふらと散歩してみると、いかにも歴史のありそうな寺や神社が並んでおり、あまりの当たり前さぶりに写真を撮る気も失せてしまいました。

 それに代わって、どうしても写しておきたくなったのが、昭和時代の箱庭のような風景です。なんとも懐かしい光景だと思いませんか。
c0025115_22283513.jpg
 それに比べると宍道湖に浮かぶ温泉街は確かに美しいのですが、なんだかあざとく思えてきます。
c0025115_22301745.jpg
 過去と現在が同時に存在しているところは、予想どおり沖縄に似ている気がしました。
by stochinai | 2006-09-20 22:39 | つぶやき | Comments(6)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai