5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 01月 07日 ( 1 )

 ニュースで見ると、あちこちで暴風や大雪の被害が出ているようですが、札幌に関してのみ言うと、今朝起きた時はびっくりするくらい昨日と同じ景色でした。Salsaさんのブログを見てみると、夜中3時頃にかなり雪が降っていたようなのですが、朝までには雨に変わりすべてが融けてしまったようです。

 夕方まで、どんよりと曇ったままでしたが、風もそれほど強くならずに、このまま通り過ぎてくれるのかと思っていたら、さすがに「爆弾低気圧」。それほど、甘いものではありません。

 夜半にむかってだんだんと風が強くなってきました。雪も降ってはいますが、それほど多くはないので風に吹かれて舞い踊っているという感じです。外の気温はただいま0.0℃。この時期、この時間としては暖かいです。

 テレビで、日本海の巻き網漁で未成熟のマグロを獲りまくっているという話が放送されています。それほど真面目に見て(聞いて)いなかったのですが、また例によって漁法の発達によって、獲れるものはどんどんとってしまうという、日本漁業の伝統がここでもいかんなく発揮され、このままだとマグロが絶滅してしまうかもしれないという話だったと思います。

 大学に入り立ての頃、生物の先生が「獲れるものなら資源の枯渇など気にもせずに獲り尽くすのが漁師というものだ」とおっしゃっていた言葉をいまでも時々思い出します。

 成熟するまでに何年もかかる野生動物の未成熟個体を獲るということの意味を理解していないあるいは無視しているのだと思いますが、マグロに関しては世界の漁獲量の4分の1を消費しているという日本の消費者である我々にも責任がないとは言えません。

 スーパーマーケットなどで大量に売られているマグロの切り身を見ても、それが若い個体なのか何回か産卵した個体なのかを見分けることができませんが、未成熟の個体はおいしいと言っていましたので、高いものなのかもしれません。

 家畜などのように、自分たちが殖やしているものならば、子牛のフィレ肉だとか、子羊の胸腺だとか、若鶏の唐揚げだとかを食べるのも否定はしませんが、自分で殖やしているわけではない野生動物の子どもまでを食べることはないと強く思います。

 自分の欲望を満たすためならば、何をしてもいいのだという思想があるのだとしたら、遅かれ早かれこの国は滅びますね。そういう国の一員として、一緒に滅びなさいと言われたら返す言葉もありません。

 美しい国なんて、口が裂けても言えないんじゃないでしょうか。
by stochinai | 2007-01-07 23:57 | 札幌・北海道 | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai