5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 01月 11日 ( 1 )

 不二家は今日記者会見を開き、昨年11月8日に消費期限切れの牛乳を使用したシュークリームを出荷したと発表するとともに、ほかにも期限切れ原料を使用していたケースが判明したと公表したとのことです。

 今、ネットで一番詳しく書かれているのは、ロイターなので(ということは、世界に配信されたということでしょうか)、引用させてもらいます。
 問題があったのは、同社の埼玉工場。昨年11月8日、前日が消費期限切れの牛乳を使ってシュークリーム2000個を製造し、関東や新潟、福島、静岡の1都9県に出荷していた。調査を進めた結果、同工場ではこのほかにも消費期限切れ牛乳を7回使用していたことが判明。最大で1万6000個のシュークリームを出荷した可能性があるという。さらに、アップルパイなどに使うりんごの加工品の賞味期限切れのものを4回使用していたこと、細菌検査で出荷基準に満たない「シューロール」と呼ばれる洋菓子を出荷していたことも判明した。また、同工場内でねずみが捕獲されたことも確認されており、2004年には1カ月で50匹が捕獲されたこともあったという。
 昨年の11月に問題が発覚したのは、おそらく内部告発だと思います。公益通報者保護法がありますので、内部のトップへと通報があったのでしょう。また、同じ法律により、会社が事実をもみ消したり告発した社員に不利になるような扱いをしようとした場合には、通報者が外部へ通報することの正当な理由になりますので、内部で検討した結果隠し通すことはできないと判断して、今日の会見になったのだと思います。

 しかし、残念ながら発覚から2ヶ月も公表せずに、問題が起こったものと同じ製品の販売が続けられていたようですので、おそらく不二家はこれでアウトだと思います。

 雪印乳業の食中毒事件の記憶がそれほど古いものではないだけに、今回の不二家の対応は非常に不思議な気がします。雪印乳業がこんなにがんばっても、まだ元の状態にまでは戻れていないという現実が目の前にあるというのに、不二家の経営陣はいったいどこに目をつけているのでしょう。

 ロイターの記事によると、「不二家の洋菓子事業は、2003年3月期から4年連続で営業赤字に陥るなど再建途上にある」ということなので、消費期限切れの材料を使ってお菓子を作ったということは、あるいは会社ぐるみの節約作戦だった疑いもあります。

 昨今の、いろいろなニュースを見聞きしているならば、今の日本の消費者は少し過剰ではないかと思われるくらい、安全とか健康にこだわっているのがわかるはずなのに、そうしたものに対処できなかったとしたら、会社としての寿命はすでに尽きていたと判断しても良いのかもしれません。

 それにしても、不二家という老舗がこのような形で破綻しそうな雰囲気を見ると、戦後の日本の社会そのものが同じように劣化して破綻しつつあることを感じさせられます。

 ペコちゃん・ポコちゃんにはかわいそうですが、不二家はこれで食品業界から引退することにならざるを得ないと思います。
by stochinai | 2007-01-11 23:10 | つぶやき | Comments(14)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai