5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 01月 16日 ( 1 )

 今日のエントリーは、教育再生会議の皆さんに是非読んでいただきたいと思います。中でも、自分も先生だったくせに、先生の悪口ばかりを言っているY家さん、北海道の話ですから目を皿のようにして読んでください。

 私がちょっとおつきあいをして頂いている、北海道石狩地方の小中学校の先生を中心にした理科サークルがあります。Wisdom96という名前が示すように、1996年に活動を開始したらしいのですが、その活動はとても私がご紹介しきれるようなものではないほど、多岐にわたっている、エネルギッシュな理科大好き先生のサークルです。

 とりあえず、このサイトのメニューを見ていただければわかるように、基本的には理科の教材開発を中心に据え、毎月の例会およびメーリングリストで情報交換をしながら、ウェブサイトに画像や資料をどんどん蓄積して、全国(全世界)の理科の先生に使っていただこうというのが表に見える活動です。

 メーリングリストにはいっていなくても、毎日の活動の様子は中心的に活躍しておられるAさんのブログを見ると良くわかります。最近では、秋田の協力者から送られてきたイルカや青森(だったかな?)から送られてきたイノシシの解剖で盛り上がっているようです。

 基本的に、理科教育に燃えているというよりは、理科が大好きな理科の先生で、自分たちがこんなにおもしろいと思ってのめり込んでいるんだから、子どもがおもしろがらないわけはない、という思考の人が多い集団だと思います。

 でもやっぱり今、北海道に住んでいて、やっぱり学校の先生で、ということで例の夕張の破綻問題ではとても心を痛めていたのですが、自分たちにできることはやっぱりこれだろうということで、夕張の子ども達にために、理科まつり(科学フェスティバル)の出前をやることに決めてしまいました。

 ここが、wisdomのすごいところで、ある日メーリングリストで「やろうか」というつぶやきが出たとたんに、どんどん実現の方向に話が進んで、なんと今週の土曜日に夕張の中学校の理科室を借りて、理科まつりが実現することになってしまいました。
日時
 平成19年1月20日(土) 10時~15時
場所
 夕張市立緑陽中学校 理科室他
 夕張市沼ノ沢38番地 TEL 0123-57-2003
主催
 札幌自然科学教育研究会/北海道理科サークルWisdom96
 私はお手伝いができないので、メーリングリストでことの成り行きをウォッチングしているだけなのですが、楽屋裏ではものすごく大変なことがいろいろ起こっていても、やると決めたらやるのがwisdomスピリッツです。もちろん、押しかけの出前フェスティバルですから、受け入れ側の理解がなかなか得られなかったり、さまざまな障害が次から次へとわいて出てきたり、ぶち切れそうになるようなことに出会ったら、遠慮せずに(内輪で)ぶち切れたりもしながら、あくまでも外向けには大人の対応をしながら、いよいよ実現へと最終の直線にはいりました。

 そして、今日ついに最終プログラムが発表になりました。
◆実験コーナー◆
◆原始火起こしをやってみよう 
◆液体窒素で遊ぼう
◆空気砲 
◆石炭の乾留
◆ミュータンス菌を見てみよう
◆圧力を体感しよう
◆物作りコーナー
◆イタドリ笛を作ろう 
◆ブラックウォールをつくろう
◆二足歩行ロボット?
◆分光シートで万華鏡
◆フェルトづくり
◆指のレプリカをつくろう
◆3D火山模型をつくろう 
◆紙トンボを飛ばそう
 どうですか。ちょっとした科学の祭典という充実ぶりだと思いませんか。

 これだけの大がかりなイベントが、wisdom96を中心とした人達のなんと「手弁当」で行われようとしています。中心にいるのは、石狩地方を中心とした北海道の小中学校の理科得意先生が多いのですが、社会の先生がいたり、高校の先生や道庁関係の人がいたり、青森や大阪からも先生が駆けつけてくるようです。さらに東京からも理科大好き会社員が飛んできます。北大や教育大の先生の卵も応援してくれるようです。

 このイベントのすごいところは、ともかくやるべ、ということでスポンサーやお役所などを当てにせずに動いているというところだと思います。お金は、自腹が原則です。

 どこぞの会議室で子ども達とふれあうこともなく、学力低下とかゆとり教育の見直しなどと机上の空論を披瀝しあっている、なんとか再生会議との違いは誰の目にも明らかではないでしょうか。学校の先生達が、誰にもじゃまされずに自由に行動できる時、こんなにすごいことができてしまうのです。そして、この情熱は子ども達にも伝わるでしょうし、三重苦四重苦に苦しめられて息もとまりそうになっている夕張の先生達をも元気づけてくれるのではないでしょうか。

 実はこのイベントは、すでに北海道新聞にも記事として取り上げられているようです。しかし、wisdomのメーリングリストを読んでいる限りでは、新聞に出たことで却って売名行為と取られたり、新聞に出るのなら手伝おうかというような本当の売名行為者が寄ってきたりすることで、彼らが自由に活動しにくくなるのだったら迷惑だというような雰囲気だったのが、とても好感が持てました。

 最後に、彼らは口が裂けても言わないでしょうから、私が代わりに書いておきます。もしも、こうした活動を評価するなら、ボランティアで協力するか、イベントの運営資金をカンパしてください。(wisdom96で、どこかに募金の窓口作れませんか?)

#偉そうなことを書いてしまいましたが、私は当日札幌でペンギンカフェをやっていて、夕張には行けないのでした。wisdomのみなさん、すみません。m(_~_)m
by stochinai | 2007-01-16 22:23 | 教育 | Comments(5)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai