5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 01月 27日 ( 1 )

 土曜日になると、大学にはいろいろなお客さんが訪れます。今日は動物画の天才が飼育室にやってきました。

 さっそく入り口の近くにいるフトアゴヒゲトカゲのしずちゃんやまちゃんがモデルにされました。
c0025115_084890.jpg
 しずちゃんは、自画像がどうも餌に見えているようで、動いたら食べてやろうと身構えているように見えます。あるいは、しずちゃんではなく「すずちゃん」と書かれてしまったのが気に入らないのかもしれません。やまちゃんは、ずっと寝ていました。

 次は育ちすぎたミドリガメのみどりちゃん。
c0025115_011439.jpg
 絵は、こんな感じで水槽に貼り付けられました。
c0025115_0123673.jpg
 ついでですので、みどりちゃんの大きさもご紹介しておきましょう。この写真で上下に写っている水槽の辺の長さが24cmですので、だいたいの大きさが想像できると思います。横に三角定規をおいて見ましたが、甲羅の長さが約16cmというところです。
c0025115_016560.jpg
 さて、このような素晴らしい絵を描いてくれた巨匠が気になることと思いますので、最後にご紹介しておきます。カエルとトカゲを熱心に観察する巨匠(隣の研究室の先生のお子さん)です。
c0025115_0174676.jpg
 将来は画家か、動物学者ですね。

追記:下のコメント欄にあるように、絵を描いた「巨匠」は彼女のお姉さんだったようです。どおりで、「巨匠」に新しい紙を渡しても何も描いてくれなかったわけです(^^;)。

 ほんとうの巨匠の写真をこちらに発見しました。
by stochinai | 2007-01-27 23:59 | 大学・高等教育 | Comments(8)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai